アタラックスはアレルギーを抑え、催眠作用のある抗ヒスタミン剤です。通販を利用すれば簡単に購入する事ができます。

TOP
  1. TOP
  2. アタラックスの通販

アタラックスとは

アタラックス

アタラックスは、催眠作用、抗アレルギー作用のある抗ヒスタミン剤です。睡眠薬(睡眠導入剤)の中では睡眠改善薬に分類され、副作用が少ない事で有名です。薬局などでも市販されていますが、通販を利用すれば、簡単にアタラックスを購入する事ができます。

さらに不安をとりのぞき、リラックスさせる作用があるため、悩みがあって寝付けないという方におすすめです。吐き気を抑えたり、痛みを鎮静する働きもあると言われています。肉体的な辛さがあってなかなか眠れない方などは是非アタラックスを利用しましょう。

アタラックスを通販(個人輸入代行業者)で購入

薬局に行く時間がない、ついつい忘れてしまう、そのような方は、通販を利用してアタラックスを購入しましょう。インターネットから365日24時間、いつでも好きな時に、数分で注文する事が可能です。通販を利用すれば、時間、手間を節約する事が可能です。

個人輸入代行業者で購入する

医薬品を通販で販売するのは違法ですが、海外から個人輸入で取り寄せて購入するのは合法です。ですが、個人輸入は手続きが非常に複雑で言語の知識も必要になります。普通の方には個人輸入で購入するのはほぼ不可能なのですが、その面倒な手続きをすべて代行してくれるのが個人輸入代行業者というものになります。一見難しそうに思えるかもしれませんが、日本人向けのサイトですべて日本語になっているため、外国語が一切できなくても利用できます。

個人輸入代行業者で購入する手順

実際に、個人輸入代行業者で購入する手順をご紹介します。まず、ほしい商品を選び、購入ボタンをクリックします。他にほしい商品がない場合はそのまま購入画面に進みます。配達先のご住所などを入力し、あとはクレジットカードや銀行振り込みで決済するだけです。決済の確認ができれば、ほとんどのサイトは即日発送してくれますので、あとは届くのを待つだけです。

以上のように、基本的にはアマゾンや楽天など、一般的な通販と同じような方法で購入する事が出来ます。薬を買いに行きそびれてしまって症状が悪化してしまった、という経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。通販でしたら思い立ったその時にすぐに購入する事ができ、症状が悪化する前に治療する事が可能です。気になる症状がある方は早めに治療をしましょう。

個人輸入代行業者を利用するメリット

個人輸入代行業者を利用する一番のメリットは、手間なくいつでもお好きな時に購入出来るという点です。これは忙しい現代人にとては最大のメリットと言えるでしょう。病院どころか薬局にも行かずに簡単に購入する事ができるのです。アタラックスは最近は薬局で販売される事が少なくなってきていると言われています。そのため大きな薬局でなければ入手できない事が多く、薬局を探し回るだけでも時間がかかってしまう事が懸念されます。

また、個人輸入代行業者には、アタラックス以外にも様々なお薬が販売されています。ですのでご自分に合っているものを探す事ができます。日本では販売されていないソナタなどの睡眠薬も販売されています。お薬はどれが効くかは個人差があります。色々と試してみるのもおすすめです。

さらに個人輸入代行業者は、まとめ買いをすれば安くなったり、ポイントが付与されるサイトも多くあります。ある程度継続して服用するお薬は、同じサイトから購入すればさらに安い価格で購入する事ができ、経済的にもメリットになります。

個人輸入代行業者を利用する場合の注意点

個人輸入代行業者は大変便利なのですが、偽物の薬を販売している悪質な業者もあるため、注意が必要です。偽物の薬を服用してしまった事で重篤な健康被害を受けてしまったケースもあります。効果がないだけではなく、有害な物質が含まれていたり、不衛生な工場で製造されている場合があります。ですが、偽物を見分けるのは素人にはほぼ不可能です。ですので、100%正規品保証、クレジットカードで決済ができる、電話対応をしているなど、信頼できるサイトを選んで購入するようにしましょう。特に極端に安いようなサイトは悪質である危険が高いので、利用しないのが賢明です。

また、「個人輸入」という形ですので、お薬は海外から発送されます。医薬品ですので税関も通らなくてはならず、到着までには1~2週間程度かかりますので注意が必要です。なお、国内から医薬品を発送するのは違法になっています。「3日でお届けします」などと謳っているサイトは国内から発送している事になりますので間違いなく違法サイトです。そのようなサイトを利用しても罰せられてしまいますので、絶対に利用しないようにしましょう。

アタラックスの効果・効能

アタラックスは、抗ヒスタミン剤に分類されます。主成分は成分ヒドロキシジン塩酸塩で、主な効果は、

の3つになります。

アタラックスは古い世代の抗ヒスタミン剤ですので、抗ヒスタミン薬として用いる場合、最初から用いられる事はほとんどないと言われています。これは眠気などの副作用が強く起きてしまうためです。それぞれの効果について、詳しく解説します。

催眠・鎮静作用

「花粉症の薬を飲むと眠くなる」という方は多いのではないでしょうか。これは抗ヒスタミン剤は脳のヒスタミンをブロックする事で気持ちを落ち着け、催眠作用が起こるためでです。ですので抗ヒスタミン剤のほとんどは、副作用として眠気をあげています。

眠気は副作用としてとらえられる事が多いのですが、眠れない方にとっては睡眠薬同様の効果になります。抗ヒスタミン剤の副作用を利用して睡眠薬として利用される事も多いようです。アタラックスを服用すると脳は覚醒しにくくなり、眠気が出てきて眠りやすくなります。また、不安や緊張をやわらげ、リラックスさせる抗不安作用もあります。不安があってなかなか寝付けないという方にもおすすめです。

ただし、アタラックスは「睡眠薬」ではなく、厳密には「睡眠導入剤」に分類されます。ふたつの大きな違いは、脳に直接作用するか否かです。アタラックスは脳に直接作用するわけではなくヒスタミンを抑えるお薬です。ですので効果は病院で処方される睡眠薬に比べると弱いという特徴があります。また、耐性がつきやすい点も気をつけなくてはいけません。ほとんどの方は、1、2回の服用で耐性ができてしまい、効果がなくなってしまうのです。

ですので、

という方は、安全性が高いアタラックスは大変おすすめです。逆に慢性的、あるいは中程度以上の不眠症の方、不眠症の原因がはっきりしない方は、ルネスタソナタなどの睡眠薬の方が効果が得られ、不眠症が早く改善できるでしょう。

抗ヒスタミン作用

アタラックスの最も代表的な効果は抗ヒスタミン作用です。アレルギーを起こす物質のひとつにヒスタミンがあります。アタラックスはこのヒスタミンの働きを抑え、様々なアレルギー症状を抑える効果があります。アレルギーはヒスタミン受容体と結合する事で様々な症状が起こってしまいます。アタラックスは受容体と結合する事を防ぐ働きがあります。そのため、アタラックスを服用すると蕁麻疹や痒みなどの症状を緩和させてくれます。

制吐作用・鎮痛作用

アタラックスには、吐き気を抑える制吐作用や痛みを抑える鎮痛作用があるという報告があります。すべての方にこのような効果があるわけではなく、その理由もはっきりしていませんが、抗コリン作用が働きが関係しているのではないかと言われています。

アタラックスの飲み方(服用方法)

アタラックスは、症状みよって飲み方が異なりますので注意が必要です。睡眠として利用する場合や、不安を緩和させるために利用する場合は、75~150mgを1日3~4回にわけて服用して下さい。アレルギーを抑えるために利用する場合、30~60mgを1日1~2回にわけて服用して下さい。服用する場合はお茶やコーヒーで飲むのは避け、水やぬるま湯で飲むようにして下さい。

飲み忘れてしまった場合、気付いたときにできるだけ早めに飲んで下さい。ただし、次に服用する時間が近い場合は、その分は飲まずに次に服用する分のみ服用するようにして下さい。1度にたくさん飲んでしまうと副作用などが強くでてしまう場合がありますので気をつけましょう。もしも誤って多く飲んでしまった場合は、医師に相談して下さい。

アタラックスの半減期(作用時間)

アタラックスの半減期は非常に長く、59時間と言われています。半減期というのは、体内でお薬の血中濃度が半分にまで下がる時間を指します。半分であればまだ効果がありそうに思えますが、実際は半分まで下がってしまうと、効果はほぼ消失します。ですので、半減期とは、作用時間とほぼイコールだと言われています。

半減期だけを見れば2日に一度程度服用すればいいと思われるかもしれませんが、効果は徐々に弱まっていきますので、用法用量を守って服用して下さい。なお、抗ヒスタミン剤として利用する場合、副作用として眠気が長く続く可能性がありますので注意が必要です。

アタラックスの副作用

アタラックスは、抗ヒスタミン剤ですので大きな副作用はほとんどありません。ただし、睡眠薬として利用する場合には問題はありませんが、抗ヒスタミン剤として利用する場合、眠気などの副作用には気をつける必要があります。お薬が慣れてくると副作用は弱まっていきますが、飲み始めの頃は副作用を強く感じてしまう場合があります。

それ以外にも、口の渇き、倦怠感、めまい、頭痛、便秘、吐き気などが起こる可能性もあります。いずれの場合も重篤な副作用が起こる事は滅多にありませんが、もしも副作用が長引いたり症状がひどい場合は、すぐに医師に相談するようにして下さい。

アタラックスを服用できない方

アタラックスを服用する場合、下記の方は注意が必要です。服用する前に医師に相談するようにしましょう。

それ以外にも、病気などがあって気になる場合は、服用する前に医師に相談して下さい。

アタラックスが向いている方

アタラックスは、抗ヒスタミン剤、睡眠改善薬として利用されていますが、特に向いている方は、かゆみがあって眠れない方です。アタラックスはかゆみを抑え、眠りに導く作用がありますので、これらの症状には一石二鳥の効果が期待できます。また、効果は弱めですが、抗不安作用もあるため、緊張や不安があって眠れないという方にもおすすめです。さらに時差ボケなど軽度で一時的な不眠症を改善してくれる効果があります。

逆に、睡眠改善薬として利用する場合は耐性ができやすいという特徴があります。そのため、慢性的で、中程度以上の不眠症の方には効果がなかったりすぐに効かなくなってしまう場合があるとされています。アタラックスで効果がなかった場合は、ルネスタソナタなど病院処方の睡眠薬を利用するようにしましょう。

アタラックスとアルコール(お酒)

アタラックスは、お酒と一緒には飲まないようにして下さい。アタラックスとお酒は非常に似ている効果があるため、一緒に摂取すると効果や副作用が強くでてしまう危険があります。アタラックスを服用している期間はできるだけお酒を控えるようにしましょう。どうしてもお酒を飲んでしまった日は、その日はアタラックスの服用を控えるようにして下さい。

ただし、中にはなかなか眠れなくて寝酒が習慣になってしまっている方もいらっしゃるかもしれません。お酒は実は睡眠薬よりも依存症が強く、長期間服用している方はアルコール依存症になってしまう危険があります。その場合はレグテクトなどの禁酒補助薬を利用してお酒を少しずつやめるようにしていきましょう。レグテクトはお酒を飲みたい欲求を抑えてくれるため、ストレスなくお酒をやめる事ができます。

レグテクトなどの禁酒補助薬は通販で購入する事ができます。お酒を飲むのがやめられない方は、依存になってしまう前にお薬を利用して早めにやめるようにしましょう。

※リンク先はレグテクトのジェネリックです。

アタラックスの併用禁忌薬

アタラックスは、

などと併用するのは禁止されていますので、上記のお薬を服用している方はアタラックスを服用できません。また、不整脈を起こしやすいお薬と併用するとその危険が高まってしまいます。また、他の安定剤、抗うつ剤、抗菌薬なども注意が必要です。服用しているお薬があって心配な場合は、アタラックスを服用する前に医師に相談して下さい。

睡眠薬ルネスタの通販