デパスは催眠・抗不安・抗うつ効果などがあります。ジェネリックのエチラーム、エチゾラム、通販で購入する方法をご紹介します。

TOP

デパスとは

デパス

デパス(Depas)は様々な精神疾患に効果のあるチエノジアゼピン系抗不安薬です。気分をリラックスさせる効果が高く、うつ病などの抗うつ剤としても利用されます。

デパスは抗うつ剤ではなく抗不安薬・精神安定剤に分類されます。ですが、「万能薬」と呼ばれるほど様々な精神疾患に効果がある薬であるため、睡眠薬(睡眠導入剤)や抗うつ剤として利用されるケースも多くあります。

1984年から日本の田辺三菱製薬が製造販売している医療医薬品で、本来であれば医師の処方が必要ですが、通販を利用すれば簡単に購入する事ができます。病院に行く時間がない、医師と話したくない、という方は、通販を利用して購入するのがおすすめです。

※リンク先はデパスのジェネリックです。

デパスを通販(個人輸入代行業者)で購入する方法

デパスは処方箋薬になるため、購入するには医師の処方が必要です。ですがうつ病や不眠症、不安障害の方は病院に行くことが辛い方が多いかと思います。そのような方におすすめなのが、個人輸入代行業者を利用してデパスのジェネリックのエチラームやエチゾラムを通販(通信販売)で購入する方法です。

個人輸入と言っても難しい手続きはなく、アマゾンや楽天など一般的な通販と同じような形で簡単に購入する事ができます。日本語のサイトになっていますので外国語ができなくても問題ありません。通販を利用すれば、ご自宅にいながらいつでも簡単に購入する事ができます。病院に行きたくない方、病院に行く時間がない方は通販を利用しましょう。

※リンク先はデパスのジェネリックです。

デパスの効果・効能

デパスの効果・効能

デパスは非常に多くの効果のあるお薬で、「万能薬」とも言われています。精神を安定させる効果はもちろんの事、催眠作用や不安障害、筋肉をほぐす効果があるため、肩こりや腰痛にも効果があり、非常に多くの診療科で処方されます。通販を利用すれば簡単に購入する事が可能です。

イライラ、憂鬱、不安、緊張など様々な原因でうつ病は発症します。デパスは、これら様々な症状を緩和させてくれ、リラックス状態に導いてくれます。また、副作用とされている眠気も、うつ病が原因で不眠症になっている方には睡眠前に服用すれば催眠作用もあるため、デパス1錠を服用するだけで非常に様々な症状の改善を期待できます。

薬は症状を改善してくれる優れたものである分、当然ながら体への負担はありますし、特に抗不安薬や抗うつ剤などは長く服用することで耐性や依存が形成されてしまう危険もあります。薬を服用する量はなるべくなら少ない方がいいのです。そういった意味でも、多くの症状に悩まされている方にはデパスは大変お勧めの薬です。デパスは1錠飲むだけで多くの症状を改善する効果があります。デパスは副作用が比較的少ない薬ですので、うつ病やうつ状態でお悩みの方は、まずはデパスを試す事をお勧めします。

デパスの催眠効果

デパスはリラックスさせる効果がある事から、不眠症や睡眠障害のある方に睡眠薬として非常に多く処方されます。不安をやわらげる効果がありますので、悩み事や心配ごとがあってなかなか寝付けないという入眠障害の方に特に効果的です。デパスはリラックス効果のあるGABAの働きを強める効果がありますので、不安障害と睡眠障害を併発していて不安障害が強い方は、抗不安薬よりもデパスの方が睡眠薬として効果が高い場合も多いようです。

また、比較的持続時間が長い事から、中途覚醒の症状がある方にも効果があります。また、極端に睡眠時間が長い場合でなければ、早朝覚醒の方にも一定の効果が期待できます。

即効性があるため、服用してから30分程度で効果があらわれます。服用を開始したその日から効果を得られるため、使い勝手の良いお薬です。ただし、人によっては翌朝も眠気があったりする場合があります。また、服用期間が長くなると依存、耐性も形成されやすいお薬です。服用していて気になる点があったら医師に相談するようにしましょう。

デパスの抗不安効果

デパスは抗不安薬として最も処方されるお薬です。あがり症やパニック障害の方にも非常に効果があり、「会議やプレゼンで緊張してしまってうまく実力を発揮できない」という方にも利用されています。不安をやわらげる効果があるため、手術前の患者さんにも処方されることが多くあります。

緊張や不安が何故起こるかと言うと、脳が働き過ぎているためです。ですのでこの脳の働きを抑える事によって不安を和らげる事ができます。脳の働きを抑える受容体を「ベンゾジアゼピン受容体」と言います。デパスはこのベンゾジアゼピン受容体に作用し、脳の働きを抑える効果があります。そのため、緊張、不安をやわらげ、リラックスした状態にする事ができるのです。不安、緊張などによって日常生活に支障を感じる方は、デパスなどで不安をやわらげ、落ち着いた毎日にしましょう。

デパスの抗うつ剤としての効果

デパスの抗うつ剤としての効果

デパスは抗不安薬に分類されるため、正確に言うと抗うつ剤ではありません。ですが、うつ病、もしくはうつ症状のある方に処方される事もあります。何故かというと、抗うつ剤は、効果が出るまでに1ヵ月ほど時間がかかってしまいます。それに対し、デパスは非常に即効性があり、服用して数時間で効果を感じる事ができます。また、抗うつ剤は神経に作用する薬であるため、副作用が強かったり、依存、耐性が形成されてしまい、なかなか薬をやめられなくなってしまうという危険があります。そこで抗うつ剤を服用するのが心配だ、という方に、即効性があり、副作用も少なく依存や耐性が形成されにくいデパスが処方されるのです。

デパスは抗うつ剤ではありませんが、うつ状態を改善する効果があります。緊張や不安な気持ち、イライラなどを緩和させ、やる気をおこしてくれます。また、睡眠導入剤としても効果がありますので、悩み事や不安があって眠れないという方には特におすすめです。うつ状態、うつ病の方は睡眠障害や不眠症の方が多いと言われています。デパスなら1回飲むだけで精神を落ち着かせ、穏やかに眠りにつかせてくれる効果もあります。

また、うつ病とうつ状態の線引きは明確ではありません。ですのでうつ状態の方や軽度のうつ病の方にも処方されます。それ以外にも抗うつ剤とデパスが処方され、症状がひどい時の頓服用としてデパスが処方される事もあります。

以上の事から、「抗うつ剤を服用するのは心配」「即効性がほしい」「うつ病かもしれないけどまだ軽度」「睡眠障害や不眠症の症状がある」などの方は、まずはデパスを抗うつ剤として利用してみるのがおすすめです。

デパスの筋弛緩効果

デパスは筋弛緩作用があります。そのため、筋肉の緊張による肩こり、腰痛などの症状で処方される場合も多く、特に痛みで眠れないという方には、1錠で催眠効果と痛みを緩和させる効果があり、有効なお薬です。頸椎症、腰痛症、筋収縮性頭痛などで処方されます。肩こりは無意識のうちに緊張してしまい、力が入ってしまった場合などに起こります。緊張してしまうと自律神経は交感神経が優位になってしまい、筋肉が緊張するのです。

デパスはそのような原因による緊張を緩め、ストレスも緩和させますので相乗効果があります。原因不明の肩こりや腰痛はストレスや緊張が元になっているケースも非常に多いとされています。そのため、精神的な問題で肩こり、腰痛となってしまっている方はデパスは最もおすすめのお薬となります。

※リンク先はデパスのジェネリックです。

デパスのジェネリック

デパスはジェネリックもいくつか販売されています。効果、有効成分はデパスと同じですが、デパスよりも安く購入する事ができます。

日本でも医療費削減のために、ジェネリックが少しずつ浸透してきています。薬局でジェネリックにするか確認される機会も増えたのではないでしょうか。日本では普及率はまだまだ低いのですが、欧米では普及率70%以上の国も多いとされています。

ジェネリックは安全性なども国に保証されたものですし、先発薬とほぼ同じ効果を得る事ができます。先発薬とジェネリックの主な違いは、価格、添加物、形状や味などです。ごく稀にこの添加物などが体調に合わなかったというケースもありますが、先発薬とジェネリックで差異があったという例はほぼないようです。価格を安く抑えたい方はジェネリックがオススメです。人気のデパスのジェネリックをご紹介します。

エチラーム(Etilaam)

エチラーム(Etilaam)

エチラームはインタスファーマ社が販売しているデパスのジェネリックです。価格は成分量によって異なり、0.5mgは1錠45~50円、1mgは85~100円程度になっています。デパスのジェネリックの中で最も人気のお薬です。舌下錠も販売されています。

エチゾラム(Etizolam)

エチゾラム(Etizolam

エチゾラムは日医工が販売しているデパスのジェネリックです。エチゾラムは1mgのみで1錠80~100円程度で販売されています。エチラーム同様、エチゾラムも大変人気の高いお薬です。

デパスの飲み方(服用方法)

デパスは症状によって飲み方も異なります。不安障害などで服用する場合、1日に2、3回服用して下さい。不眠症の場合は就寝前に2錠服用します。ただし初めて服用する場合は1錠から服用するようにして下さい。日中に服用する場合、副作用として眠気などが出てしまう場合があります。心配な場合は半分に割って少量から服用するようにしましょう。デパスの効果が最も現れるのは服用してから3時間と言われています。会議などあらかじめ時間帯がわかっている場合は、およそ3時間前に飲むのがおすすめです。

なお、デパスを服用する際は頓服から服用するのがおすすめです。頓服とは症状が辛い時にだけ飲む事です。頓服薬として利用できる分、強い効果が期待できます。ただし長く服用していると依存になってしまう危険もあります。ご自分の症状に合わせながら服用するようにしましょう。

デパスの半減期(作用時間)

半減期とは、薬の全体量が体内で半分になる時間の事を指します。デパスの半減期は約6時間と言われ、これは抗うつ剤や睡眠薬としては短い方です。半減期が短いというと効果が弱いようなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、これは薬の強さとは関係ありません。半減期が短いということは、その分早く代謝されるので安全性も高いと言えます。睡眠薬として利用する場合は十分な時間と言え、翌日への持ち越しなどの心配もほとんどありません。

デパスは最高血中濃度に達するまでの時間は3時間程度と言われています。ですので、睡眠薬ではなく、会議など緊張する場面がわかっている時に服用する場合は、3時間ほど前に服用するのがすすめられています。睡眠薬としてではなく一日を通して服用する場合は、1日に2回、または3回にわけて服用するようにしましょう。ただし、薬の成分が分解されるスピードは個人差があります。初めて服用する場合は、様子を見ながら服用するようにして下さい。

デパスの副作用

デパスの副作用

デパスは副作用が少なく、安全性の高い薬です。ですが薬である以上副作用はゼロではありません。主な副作用は眠気、めまい、ふたつき、頭痛、湿疹、じんましんなどがあります。睡眠薬として利用する場合は眠気などは効果になりますが、効き目が早いため、眠る直前に飲むようにしましょう。抗うつ剤、抗不安薬として利用する場合、最初は少ない量から試してみて自分なりに量を調整するようにして下さい。また、車の運転や危険物の取り扱いはなるべく避けるようにしましょう。

デパスの副作用で太る?

デパスの副作用で太る、という説があると言われています。実際に、そのような作用はあるのでしょうか?結論から言うと、デパス自体に太るという作用はありません。ただし、精神疾患などがあり、不安や心配などを抱えている方の場合、それらのストレスから過食になってしまう場合はあります。また、逆にデパスの効果により精神が安定してきた事によってそれまでは食欲があまりなかった方が食欲が増加するというケースもあるようです。食欲は精神状態とも大きく関係する事が多い事から、このような誤解が生まれてしまったものだと思われます。副作用としては太るという作用はありませんが、精神状態が変化している場合は食欲にも注意しながら服用するようにしましょう。

デパスの副作用で食欲不振になる?

太るのではないか?という説とは逆に、デパスを服用する事によって食欲不振になるのではないか?という説もあります。食欲不振以外にも吐き気、下痢、便秘など消化器系症状が副作用としてあらわれる場合があります。ですが、その頻度はおよそ0.1%~5%程度と言われています。食欲不振に関しては0.1%未満という非常に低い数値です。

デパスがなぜ消化器系に副作用が出るのかははっきりしていません。ですが、多くはその方の体質的な問題ではないかとされています。胃腸はストレスに弱いのですが、緊張すると胃に不快感を感じやすい方もいます。そのため、胃腸が敏感な方は、デパスの副作用で食欲不振など消化器系に影響が出てしまう場合があります。

どのような医薬品でも、その方に合う、合わない、というものがあり、これは仕方のない部分です。食欲不振などの副作用が起こる確率は極めて少ないと言えますが、胃腸に不安がある方は注意が必要です。飲み始めは少量から飲み始めましょう。

また、消化器系に副作用がある医薬品は、市販薬でも非常に多くあります。デパスは他の薬と処方される事が多く、他の薬と処方している場合、デパスではなく併用している薬の副作用だった、という例も多くあります。ですので他の薬を服用している方は、その点も考慮する必要があります。

デパスの依存

デパスの依存

依存とは、薬を長期間服用した事によってその薬に頼ってしまって、薬を服用しなくては不安で仕方なくなってしまうなどのような状態になってしまう事です。抗うつ剤や睡眠薬は依存があらわれやすい薬で、特に効果の強い薬であればあるほど、服用期間が長くなればなるほど依存は起こりやすいとされています。

デパスは比較的依存が形成されやすいと言われています。ただし、正しく服用すれば依存になる危険は実際には殆どありません。依存となってしまっている場合は、本来はデパスを服用する必要はほぼないのにも関わらず、「デパスを飲まないと不安だ」と精神的に依存してしまい、いつまでたっても薬をやめる事ができなような状況になってしまうのです。

急に服用をやめてしまうのは危険ですので徐々に服用する量を減らす、服用する間隔を少しずつ空けていくなどして、「デパスを飲まなくても大丈夫だ」という気持ちを持ちながら付き合っていく事が大切になります。抗うつ剤や睡眠薬は依存が最も気になる事ではありますが、正しい量を服用すれば、それほど心配する必要はない安全な薬と言えます。

デパスの依存にならないための対策

ネットを見ると、デパスの依存になってしまったという方が多く見られます。それほど効果のあるお薬なのは間違いがありませんが、服用するには注意が必要です。睡眠薬や精神安定剤などの利用をする際に、多くの方は依存が気になるかと思います。

ですが、「依存になったらどうしよう」と恐れるあまり、薬を利用せずに症状が悪化してしまうのは辛いものです。「依存にならないために上手に薬を利用する」という意識を持って利用すれば、最近のお薬は危険が高いものではありません。ですので、依存にならないために、正しい飲み方を知っておくことが大切になります。

飲みすぎに気をつける

前述した通り、服用量が多いほど依存になる危険が高くなってしまいます。ですので、用量はできるだけ最低限に抑え、飲みすぎないように気をつけましょう。

服用期間に気をつける

デパスは半減期が短いのが特徴です。中間型や長時間型と比べて依存が早い時期に形成されやすい傾向があります。ですので服用期間はなるべく短くするようにするにこしたことはありません。諸説ありますが、服用期間は3~4~月程度 がよいとされています。5カ月以上になってしまう場合は、依存にならないように特に気をつける必要があります。

精神的に依存にならないように気をつける

依存について、最も大切な事は、「精神的に依存にならないようにする」ことです。デパスなどの精神的な面に関するお薬は、「服用を中断したらまた症状がぶり返してしまうのではないか」と不安になってやめられなくなってしまうケースもあります。これは、薬を飲まなくてもいいほどに症状が緩和している場合でも陥ることがあります。

この状態になってしまうと症状がよくなっても「いつまでたっても不安があって薬をやめられない」という事になってしまいます。ですので、ある程度症状がよくなってきたら、「もう薬を飲まなくても大丈夫だ」という気持ちを持つようにしましょう。

デパスの耐性

デパスはどちらかというと耐性は形成されにくいとされています。正しく服用すれば耐性がついてしまう事は殆どありません。

耐性というのは精神疾患の薬では形成されやすいとされています。耐性とは同じ薬を飲み続けた事によって体が薬に慣れてしまい、薬の効果が薄くなったり効きにくくなってしまったりする事です。

耐性は服用期間が長ければ長いほど、また量が多ければ多いほど形成されやすくなってしまいます。漫然と飲み続けるのでなく、症状が軽くなったら少しずつ量を減らす、服用する期間を徐々にあけていく、などの対応が必要になります。

また、「耐性ができてしまった」と思うのは勘違いであるケースも多いようです。それは症状が悪化してしまった場合です。環境の変化、生活の変化など何らかの原因により症状が悪化してしまい、以前はその薬の量で足りていても、悪化してしまった事によって効きにくくなってしまった、あるいは効かなくなってしまった、という事はありえます。まずは悪化する原因がなかったか考えてみましょう。

デパスの離脱症状

デパスは正しく利用すれば離脱症状が起こってしまう事はほとんどありません。ですが全くないわけではなく、突然服用を中止したり急激に減少させると頭痛、吐き気、不安、不眠、せん妄などになってしまう場合があります。

離脱症状とは、それまで毎日摂取していた薬を突然やめたり量を急に減らす事によって、体が異変を感じ、なんらかの異常が身体、精神、あるいはその両方にあらわれることです。それまでは薬を摂取する事で体のバランスをとっていたものが、急になくなってしまう事によって体が対応できないために起こると言われています。

デパスの場合は正しく利用すれば離脱症状の危険は少ないと言われています。ですが、離脱症状は服用期間が長ければ長いほど、服用量が多ければ多いほど起こりやすいとされています。服用を急にやめるのはできるだけ避けましょう。

デパスを服用できない方

デパスを服用できない方

デパスは病気などによって服用できない方もいらっしゃいます。デパスの成分にアレルギーのある方は服用できません。また、急性狭隅角緑内障の方は服用ができません。デパスの作用によって症状が悪化してしまう場合があります。重症筋無力症の方も服用できません。こちらもデパスの作用によって症状が悪化してしまうケースがあります。

それ以外に授乳中の方、妊娠中の方、妊娠している可能性のある方、重篤な肝機能障害、高齢者の方は服用できないとされています。病気などある方で心配な場合は、事前に医師に相談するようにして下さい。

デパスの併用禁忌薬

デパスには、併用禁忌薬、つまり併用する事が禁止されているお薬はありません。ですが、服用するには注意が必要な薬があります。まず、デパスは睡眠作用がありますので、同じような作用のあるお薬は効果が強くなりすぎる危険があります。ですので基本的に併用するのは避けましょう。中枢神経抑制剤がこれに該当します。また、風邪薬や花粉症の薬などに配合している抗ヒスタミン剤も睡眠作用があるため、市販の薬でも気をつけるようにしましょう。

選択制セロトニン再取り込み阻害薬のSSRIの併用は禁止されています。デパスだけで効果がないからと、他のSSRIと併用するのはやめましょう。中枢神経抑制剤と同じように効果が強くなりすぎてしまう危険があります。既にどちらかを服用していて効果がないからと言って併用しないように注意して下さい。

また、薬以外にもサプリメントで注意が必要な場合があります。GABAは不安を抑える事で有名ですが、デパスと服用すると作用が異常に強まってしまう場合があります。セロトニン、メラトニンなども睡眠サプリとして有名ですが、やはりこれも作用が強くなってしまいます。それ以外にセント・ジョーンズ・ワートとも併用は注意が必要です。うつ病や不安などの改善に利用されますが、併用してしまうと逆に不安が高まってしまう場合があります。併用するのは避けましょう。

デパスとお酒(アルコール)

デパスとお酒(アルコール)

薬とお酒、アルコールは基本的に相性が悪いとされています。特にデパスのような抗うつ剤や睡眠薬は、お酒と一緒に服用してしまうと副作用が強く出てしまうなどの可能性があり危険です。「絶対に禁止」とはされていませんが、極力避けるに越したことはありません。また、デパスとお酒を一緒に服用する事で両方の分解が遅れてしまい、作用時間が延びてしまいます。依存や耐性を形成しやすくなってしまうとも言われています。

以上の事から、デパスとお酒の併用はできる限り避けましょう。お付き合いなどでどうしてもお酒を飲まなくてはいけない状況の場合、その日はデパスを服用しないようにするなどの対処をしましょう。

デパスは個人輸入禁止に(向精神薬に指定)

デパスは平成28年10月14日に向精神薬に指定され、個人輸入が禁止になってしまいました。そのため、通販で購入していた方は病院に行かなければ処方されません。病院でも処方される量の制限が厳しくなってしまい、なかなか病院に行く時間がない方や、通院が面倒という方には非常に負担がかかるようになってしまいました。

デパスの代わりに通販で購入できる医薬品

そこで、デパスの代わりに通販で購入できるお薬をご紹介したいと思います。通販ではジェネリックも豊富ですので、病院に行く手間もなく、誰にも会わずにストレスゼロで安く購入する事ができます。

デパスの代わりの睡眠薬

通販で購入できる睡眠薬は病院で処方される睡眠薬と同じか、あるいは同等の効果があります。抗不安作用が含まれているお薬が多いので、不安があって眠れない方には睡眠薬がおすすめです。非常に多くの睡眠薬がありますが、抗不安作用があり苦みがほとんどないルネスタ、自然な形で眠る事ができ安全性が高いロゼレム、鎮静作用の高いソナタなどが人気になっています。

デパスの代わりの抗不安薬・抗うつ剤

日中も不安や緊張がある方には、抗うつ剤や抗不安薬がおすすめです。不安、緊張、ストレス、うつ症状を和らげ、精神を落ち着かせる効果があります。通販ではバスパー、リスパダール、ジェイゾロフト、パキシル、レクサプロ、プロザック、セディール、イフェクサーなどが販売されています。また、あがり症改善効果があるインデラルなども大変人気になっています。

デパスの代わりの薬は通販で(まとめ)

デパスの代わりの薬は通販で(まとめ)

デパスは非常に優秀なお薬ですが、通販で購入出来なくなってしまった以上は、毎回手間と時間をかけて病院で処方してもらう、薬の服用を諦める、通販でデパスの代わりになる薬を購入する、の選択肢しかありません。ですが今までデパスを利用していた方は、急に薬をやめてしまうとせっかくよくなりつつあった症状が悪化し、自殺などを考えてしまうケースも少なくありません。ですが、不眠症、不安障害、うつ病の方は病院に行くのも一苦労という方も多いでしょう。

何らかの理由で病院に行くのが辛く、薬を今はやめる事ができない方は、無理をせずに通販でデパスの代わりの薬を購入しましょう。不眠症、不安障害、うつ病などの治療はストレスをかけずに続ける事が最も大切です。通販を利用して薬を簡単に購入し、辛い症状を抑えましょう。

睡眠薬ルネスタの通販