抗うつ剤としても利用されるデパスの効果、副作用、耐性、依存などをご説明します。不安や緊張、ストレス、不眠症のお悩みに有効です。

デパスの抗うつ剤としての効果

デパスは、1984年に日本の田辺三菱製薬が製造販売され、気分をリラックス効果の高く、うつ病などの抗うつ剤としての作用するベンゾジアゼピン系精神安定剤です。

デパスは抗うつ剤ではなく抗不安薬・精神安定剤に分類されます。ですが、「万能薬」と呼ばれるほど様々な精神疾患に効果がある薬であるため、抗うつ剤として利用されるケースも多くあります。

イライラ、憂鬱、不安、緊張など様々な原因でうつ病は発症します。デパスは、これら様々な症状を緩和させてくれ、リラックス状態に導いてくれます。また、副作用とされている眠気も、うつ病が原因で不眠症になっている方には睡眠前に服用すれば催眠作用もあるため、デパス1錠を服用するだけで非常に様々な症状の改善を期待できます。

薬は症状を改善してくれる優れたものである分、当然ながら体への負担はありますし、特に抗不安薬や抗うつ剤などは長く服用することで耐性や依存が形成されてしまう危険もあります。薬を服用する量はなるべくなら少ない方がいいのです。そういった意味でも、多くの症状に悩まされている方にはデパスは大変お勧めの薬です。デパスを1錠飲むだけで多くの症状を改善させる効果があります。デパスは副作用が比較的少ない薬ですので、うつ病やうつ状態でお悩みの方は、まずはデパスを試す事をお勧めします。

デパスは、非常に安全性が高く、依存性も弱く、副作用の起こりにくいことが最大の魅力です。

服用してから、薬30分~1時間くらいで効果かあらわれます。3時間くらいで作用が弱くなる持続時間の短い薬です。
服用に当たっては、それぞれ個人によって異なりますが,1日に3mgを上限とした用量で服用します。錠剤ごとに0.25mg・0.5mg・1mgの3種類あります。

副作用の起こりにくいといわれますが、眠気、ふらつき、倦怠感などが報告されてますが、もし疑問に感じることがありましたら、医師などにご相談ください。

デパスの副作用

デパスは副作用が少なく、安全性の高い薬です。ですが薬である以上副作用はゼロではありません。主な副作用は眠気、めまい、ふたつき、頭痛、湿疹、じんましんなどがあります。睡眠薬として利用する場合は眠気などは効果になりますが、効き目が早いため、眠る直前に飲むようにしましょう。抗うつ剤、抗不安薬として利用する場合、最初は少ない量から試してみて自分なりに量を調整するようにして下さい。また、車の運転や危険物の取り扱いはなるべく避けるようにしましょう。

デパスの依存

依存とは、薬を長期間服用した事によってその薬に頼ってしまって、薬を服用しなくては不安で仕方なくなってしまうなどのような状態になってしまう事です。抗うつ剤や睡眠薬は依存があらわれやすい薬で、特に効果の強い薬であればあるほど、服用期間が長くなればなるほど依存は起こりやすいとされています。

デパスはベンゾジアゼピン系に分類される薬ですので、依存が形成されやすいと言われています。ただし、正しく服用すれば依存になる危険は実際には殆どありません。依存となってしまっている場合は、本来はデパスを服用する必要はほぼないのにも関わらず、「デパスを飲まないと不安だ」と精神的に依存してしまい、いつまでたっても薬をやめる事ができなような状況になってしまうのです。

急に服用をやめてしまうのは危険ですので徐々に服用する量を減らす、服用する間隔を少しずつ空けていくなどして、「デパスを飲まなくても大丈夫だ」という気持ちを持ちながら付き合っていく事が大切になります。抗うつ剤や睡眠薬は依存が最も気になる事ではありますが、正しい量を服用すれば、それほど心配する必要はない安全な薬と言えます。

デパスとお酒(アルコール)

薬とお酒、アルコールは基本的に相性が悪いとされています。特にデパスのような抗うつ剤や睡眠薬は、お酒と一緒に服用してしまうと副作用が強く出てしまうなどの可能性があり危険です。「絶対に禁止」とはされていませんが、極力避けるに越したことはありません。また、デパスとお酒を一緒に服用する事で両方の分解が遅れてしまい、作用時間が延びてしまいます。また、依存や耐性を形成しやすくなってしまうとも言われています。

以上の事から、デパスとお酒の併用はできる限り避けましょう。お付き合いなどでどうしてもお酒を飲まなくてはいけない状況の場合、その日はデパスを服用しないようにするなどの対処をしましょう。

デパスの体験談(20代 男性 横浜市在住)

私は今彼女と同棲しています。
今年で2年となりそれなりにお互いに良い年になってきたこともあって、結婚をお互いに意識していました。

私は結構それなりに稼ぎも同年代からしたらある方だったので、あまり仕事に関してもこのまま順調にいけばと考えていましたし、サイドビジネスにも手を出していました。

そんな順調だった日々の中、突然にある時期から社長があまり出社をしなくなるようになりました。
特別なにか問題があるわけではないから気にしないで、とのことだったのではじめは気にしていなかったです。

でも、その月から給料が1日遅れてしまったりとするようになりました。
それに、元々あまり大きな会社ではなくぎりぎりの人数で仕事をこなしていたのですが、急に人をあまりこさせないようにしたりとするようになり、どんどん売上自体も、広告が出されていないのか上がらなくなってしまいました。

そんな頃から私は、今後のことが少し不安となり、デパスを飲んで自分自身に大丈夫だ。今だけだ、と言い聞かせるようにしていました。

勿論この事は一緒に住んでいる彼女には言うことは出来なかったですし、心配させたくはなかったので。そんなことなで毎日もうかかさずにフリスクを食べるようにデパスをぼりぼり食べ、どうにか気持ちを落ち着かせていると、ついに会社の売上が人件費を払えない程に下がってしまいました。

もう僕としてはさすがにこのままではどうしようもないので、社長に一度しっかりとミーティングをして、何が問題なのかなどを話すなどしましょう、といったのですが、大丈夫だと一点張り。
今迄お世話になった恩もあったので、僕はしばらく僕の給料分を他の従業員に振ってもらうようにして、貯金を切り崩していました。
絶対大丈夫だ、なんとかなると思っていました。でもそのまま半年もずるずるし、結局社長は夜逃げ。

僕は本当に悲しかったです。本来もらえるだけの給料を払ってくれる人はもうどこにもおらず、ご飯を食べるよりもデパスを抗うつ剤として飲むようになりました。社長がいなくなったから、どうにか立て直そうとはしましたがもうどうする事も出来ないレベルまで来ていました。

僕はもうこのままではいけないと思い、やっと彼女に本当のことを話すと、彼女は思っていた反応とは裏腹に、僕を受け入れ、待ってくれると言ってくれました。本当にこの人を選んでよかったと思いました。

でも、それとは逆に、今迄思い、慕い、頑張ってきた人間を裏切る人たちのことを思うと今でも腹が立ち、眠れない日々が続き、睡眠障害に悩んでいますが、デパスのおかげで、以前よりは、気持ちを落ち着かせることができました。

睡眠薬アモバンの通販 デパスジェネリックの通販