ルネスタとデパスの違いを解説します。ルネスタは現在も通販でジェネリックを購入できるので代わりの薬としておすすめです。

ルネスタとデパスの違い

ルネスタ

ルネスタとデパス、また、アモバンはよく比較される薬であります。どのような違いがあるか、見ていきましょう。まず、デパスは様々な精神疾患に効果があり、「万能薬」とも言われていました。多くの病院で処方される薬でもあり、抗うつ剤として最も有名なのがデパスです。

ただし、デパスは様々な効果がある分、副作用があり、依存、耐性ができやすいとされています。そのため即効性があるものの、それだけ薬に頼ってしまい、断薬するのが難しくなってしまうというデメリットがあります。

また、アモバンは睡眠薬として特に有名ですが、副作用のひとつである「苦み」が特徴です。個人差はありますが、あまりの苦さに眠気が薄れてしまったという方もいるほどです。

ルネスタは、デパスやアモバンのいいとこどりのような薬です。デパスのように様々な効果があるわけではありませんが、抗不安、睡眠障害の治療に特化している薬です。また、その分副作用も少なく、耐性や依存も形成しにくいとされています。そのため、特に不安や睡眠障害でのみお悩みという方は、安全性の高いルネスタがおすすめになります。

さらにアモバンの苦みも改良されています。殆どの方は水と一緒に飲めば苦みは感じないと言われています。ですので苦みが苦手で睡眠薬を諦めていたという方にはルネスタを服用してみましょう。

なお、平成28年9月14日、厚生労働省による『麻薬、麻薬原料植物、向精神薬及び麻薬向精神薬原料を指定する政令』が公布され、同年10月14日施行されました。

これにより、ゾピクロン、エチゾラムを主成分とする抗不安薬が『向精神薬』に指定。向精神薬に指定されたことで日本国内への個人輸入が禁止となり、違反者には罰則が科せられることになりました。

当サイトでもご紹介しております、『アモバン』『デパス』にはゾピクロン(アモバン)、エチゾラム(デパス)がそれぞれ主成分として含まれているため、今後通販での購入はできません。不眠症や不安障害でお悩みの方には通販で購入できる薬はルネスタがお勧めになりますが、ルネスタについてもう少し詳しくご説明したいと思います。

ルネスタとは

ルネスタはエーザイが2012年に販売を開始した不眠症治療薬になります。
ルネスタはアモバンと同様に非ベンゾジアゼピン系に分類されます。主成分はエスゾピクロン。ゾピクロンとエスゾピクロン、『エス』が付いただけで今回の法改正でアモバンのように向精神薬指定されることがないのかと疑問に思われるかと思いますが、この『エス』というのが重要なようです。

エスゾピクロンの元となっている成分はその名の通りゾピクロンです。そのゾピクロンから光学分割という手法によってS体と呼ばれるゾピクロンの持つ効果的な部分のみを抽出して得られた成分がエスゾピクロンです。分割したことによりゾピクロンで問題となっている依存性、副作用が大幅に軽減されたと言います

エーザイが公表している臨床試験の結果によると、原発性、併発性の不眠症に効果が認められ、投与期間にかかわらずによる耐性の問題、投与離脱時の退薬症候や反跳性不眠も認められなかったとのことで、アメリカでは睡眠薬として初めて投与期間に関する制限なしで承認されています。

アモバンを改良して依存性・副作用を軽減させたのがルネスタと考えてよいでしょう。

ルネスタを通販で購入する

ルネスタは病院で処方される薬ですが、通販を利用すれば簡単に購入する事が可能です。睡眠障害などの方は、真面目で仕事などがお忙しい方が多いと言われています。そのような日常では病院に行く時間もままならないでしょう。病院に行かずに薬がなくなってしまったら、それまで眠れずに辛い時間を過ごす事になってしまいます。

通販を利用すれば病院に行かずに簡単に購入する事ができます。インターネットなどからいつでも注文する事ができ、ご自宅まで届けてくれます。サイトによっては郵便局留めにできる場合があるので、受け取るのが難しい方などもおすすめです。

ルネスタのジェネリック

通販で販売されているのはルネスタのジェネリックです。ジェネリックですので効果、成分は同じで、安く購入する事ができます。1錠70円前後と格安になっていて、まとめて購入すればさらに安く購入する事ができます。サイトによってはポイントが付与される事もありますので、同じサイトからリピート購入する事でお得になる場合もあります。

安く、簡単にルネスタを購入したいという方は通販がおすすめです。なお、注意点としては、海外から発送されるため到着までに10日前後かかります。余裕を持って注文するようにしましょう。

ルネスタの効果

効果

ルネスタの効果についてです。

ルネスタは不眠症治療薬の分類として『超短時間型』に分類されます。薬を投与してから体内の血中に残存する成分の濃さ(これを血中濃度と言います)が半分以下になるまでの期間のことを半減期と言いますが、この半減期が特に短い(約2時間~4時間ほど)不眠症治療薬を超短期型と呼びます。

超短期型と呼ばれる薬の特徴は…。

  • 投与から効き始めまでの期間が短い。
  • 半減期が短いことによる成分の持ち越しが起きにくい。
となります。

効き始めが早いので、寝つきが悪い(入眠障害)とお困りの方には特に向いている不眠症治療薬でしょう。

また、深い睡眠時間を増やす効果もあり、睡眠が浅い時間が延びることで中途半端な時間帯に覚醒してしまう途中覚醒にも有効です。

そして、アモバンが向精神薬に指定された原因である、依存性・副作用が大幅に軽減されたことも重要な効果でしょう。ルネスタ投与後の睡眠から起床後の持ち越し効果もアモバンと比べ軽減されています。

これらの効果は基本的にはアモバンと同等(もしくは以上の効果)と考えて問題ないようです。アモバンを使用していた方にとっては選択肢としては有効な不眠症治療薬かと思います。

ルネスタは通販を利用すればルネスタのジェネリックを簡単に購入できます。デパスやアモバンを利用していたものの、通販で購入出来なくなってしまったのでどうしようかとお悩みだった方には、苦みがなく、副作用、耐性、依存症などの少ない安全なルネスタがおすすめです。

ルネスタ

ルネスタ

アモバンとほとんど同じ効果を持っているのでアモバンを服用していた方は安心して服用することができると思います。

ルネスタの副作用

ルネスタは副作用が少ない事でも有名な薬です。アモバンの特徴とも言われていた苦みもほとんどありません。非ベンゾジアゼピン系ですので安全性も高く、正しく服用すればほぼ問題はないでしょう。

副作用としては、眠気、だるさ、倦怠感、備忘、ふらつきなどがあります。ですがこれは、通常の薬であれば副作用となってしまいますが、睡眠薬として考えれば当然の事ながら効果にあたります。ルネスタは即効性があるため、眠る直前に飲むようにしましょう。もしも効き目が強いと感じるようでしたら、量を減らすようにしてみましょう。

ルネスタの苦み

睡眠薬と言うと苦みが気になるという方もいらっしゃいます。特にアモバンは苦みが特徴とも言えました。苦みは副作用と言われています。ルネスタはアモバンの苦みを改良して作られた薬とも言われています。ですので多くの方はほとんど苦みは感じないようです。

どうしても苦みを感じる方への服用方法としてオススメなのが、まずは水を口いっぱいにふくんで、なるべく錠剤が舌や口内に触れないように飲みこんでしまうというものです。錠剤が舌などに触れなければ味を感じる事はありません。苦みが気になる方は、そのような飲み方をしましょう。

ルネスタの半減期・持ち越し効果

ルネスタの半減期はおよそ5時間と言われています。これは薬の作用時間をあらわし、5時間ほどで薬の効果は失われます。ただし個人差がある場合があります。起きてからも薬の効果が続いてしまう事を、「持ち越し効果」と言います。この持ち越しがあると起きた後も眠気、だるさなどが残っている場合があります。

そのような場合は、単純に睡眠時間を長くしたり、薬の量を減らしてみるなどの対処をしましょう。薬の代謝の悪い方や元々ショートスリーパーの方は持ち越し効果が出てしまう場合もありますので、朝起きても眠気が残っているようであれば対処しましょう。

ルネスタの依存・耐性

睡眠薬を服用する上で、副作用以外に気になる点と言えば依存と耐性の形成でしょう。依存は薬に頼らなくては生活ができなくなってしまう事であり、耐性は長期間薬を利用する事によって薬の効果が薄くなってきたり、効かなくなってしまう事です。これは、薬が体に慣れてしまう事によって起こります。

どちらもアルコール、タバコ、ギャンブルなどと似ていると考えればわかりやすいでしょう。ルネスタは非ベンゾジアゼピン系の薬ですので、正しく服用すれば依存も耐性も殆ど形成されないとされています。ただし、ルネスタに限らず、睡眠薬はあくまでも一時的に服用する薬です。不眠症はほとんど改善されているのに「薬がないと不安だ」という状態が続いてしまい、いつまでも薬がやめられないような精神面で依存してしまうというケースもあります。そうならないために、少しずつ薬の量を減らしていくなど対応するようにしましょう。

ルネスタの離脱症状

それ以外に、睡眠薬を服用する上で気を付けたいのが離脱症状です。薬をやめようと思っても、急にやめようとすると頭痛やイライラなど、肉体的精神的、あるいは両方に異常をきたしてしまう場合があります。これはそれまでに定期的に体に入ってきていた薬の成分が急になくなってしまう事で、体が対応できなくなってしまい起こってしまいます。こちらもタバコの禁断症状と似ています。

長期間服用するほど、また薬の量が多いほど離脱症状は起きやすいとされています。ルネスタは依存や耐性と同様、離脱症状もほとんど起こらないとされていますが、日常的に服用していた場合は急にやめるのではなく、量を少しずつ減らす、服用する間隔を少しずつ長くしていくなどの対応をしましょう。

「ルネスタ」と「マイスリー」の違い

マイスリーは日本では睡眠薬として有名です。日本の病院でも最も多く処方されています。このふたつは、どのような違いがあるのでしょうか?ルネスタもマイスリーも、どちらも超短時間型の睡眠薬です。このふたつの最も大きな違いは、依存性の強さです。一般的に、マイスリーの方が依存が強く、薬をやめにくくなってしまうと言われています。ですのでマイスリーを使用する場合は注意が必要です。

それ以外の違いとしては半減期です。ルネスタの半減期は5時間と言われていますが、マイスリーは2時間です。マイスリーの方が即効性がありますが、効果が切れるのが早いため、中途覚醒などの症状がある方には向きません。ルネスタの方が緩やかに効き、ゆっくりと効果が抜けていきます。ルネスタの方がおだやかに効くため、マイスリーよりも安全性が高いと言えます。

どちらがあっているかは個人差もありますが、朝まで効果が続いてほしい方、依存になりたくない方には、ルネスタがオススメと言えます。

睡眠薬アモバンの通販 デパスジェネリックの通販