ドリエルは通販を利用すれば安く簡単にジェネリックを購入できます。一時的な寝不足、睡眠不足を解消したい場合におすすめです。

TOP
  1. おすすめ睡眠薬(睡眠導入剤) TOP
  2. ドリエル(ジェネリック)の通販

ドリエルとは

ドリエル

ドリエル(drewll)は市販されている睡眠薬(睡眠導入剤)の中で最も有名なお薬です。副作用も少なく、軽度の不眠症や睡眠障害の方、一時的な不眠症の場合には最適なお薬です。ただし、薬局やドラッグストアで購入すると1錠170円前後、アマゾン(Amazon)などでも1錠123円と高額です。通販では同じ成分、効果のジェネリックが販売されていて、1錠たったの7~8円です。安く購入したい方は通販でジェネリックを購入するのがおすすめです。

※リンク先はドリエルのジェネリックです。

ドリエルのジェネリック

ドリエルは薬局などで簡単に購入する事ができますが、通販では同じ成分、効果のジェネリックが販売されています。KirkLand社が販売しているジェネリックで、約25分の1の価格で購入する事ができます。試験によって安全性も保証されているものですので、先発薬のドリエルとほぼ変わらず利用する事ができるでしょう。

体質によってはジェネリックが合わないという方もごく稀にいらっしゃるようですが、ほとんどの方は、ジェネリックは先発薬と変わらない、というご感想のようです。安く購入したい場合はジェネリックを購入するのがおすすめです。

ドリエルを通販(個人輸入代行業者)で購入

通販を利用すれば、ドリエルのジェネリックを簡単に購入する事が可能です。個人輸入代行業者というものを利用し、海外から注文します。日本国内から医薬品を通販で購入する事は違法となってしまいますが、海外から個人輸入をするのであれば問題ありません。ですが、個人輸入は手続きや言語の問題などがあり、一般の方が行うのはまず不可能です。そこで、その面倒な手続きをすべて代行してくれるのが個人輸入代行業者なのです。

一見難しそうに思えるかもしれませんが、アマゾンや楽天などの一般的な通販(通信販売)とほとんど同じ手続きでいつでもどこでも簡単に購入する事ができます。サイトもすべて日本語で表記していますし、スタッフも日本人のサイトがほとんどです。ほしい商品が決まったらご住所などを入力し、決済するだけです。あとはご自宅へ届けてくれるのを待つだけです。サイトによっては郵便局留めにできる場合もあるので、ご家族に知られたくない方やご自宅で受け取るのが難しい方も便利です。ただし、海外から発送される関係で、到着までに1週間から10日程度かかります。前もって注文するようにしましょう。

このようなサイトから医薬品を購入するのは違法ではないのかと心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、ご自分で利用する分を購入するのは合法です。ただし、他人へ譲渡したり転売するのは禁止されていますので気をつけましょう。また、中には偽物の薬を販売している悪徳業者もあります。特に極端に安かったり、クレジット決済できない、電話で受け付けしていない、などのサイトは避けるのが賢明です。不安な場合は、購入する前にサイトに直接問い合わせてみるのもいいでしょう。

※リンク先はドリエルのジェネリックです。

ドリエルの効果・効能

ドリエルは催眠効果がありますが、厳密に言うと睡眠薬ではなく、「睡眠改善薬」になります。ですので病院で処方される睡眠薬とは若干異なるため、で服用する前にご自身の症状や要望に合うかどうか、確認する必要があります。また、ドリエルは元々抗ヒスタミン剤でしたので、花粉症やアレルギーなどにも効果があります。主成分はジフェンヒドラミンです。ドリエルの効果・効能についてもう少し詳しく解説します。

ドリエルの催眠効果

ドリエルを睡眠薬として利用する場合、副作用が少なく、安全性が高いというメリットがあります。依存になる危険も極めて少ないと言えます。なかなか眠れないなどの入眠障害の方に特に有効です。ただし睡眠薬とは異なり、即効性があるわけではありません。眠りたい1時間ほど前に服用しましょう。作用時間は、個人差はありますが、約6時間程度と言われています。ですので、一般的な睡眠時間の方であれば、翌朝目覚めてからも眠気が残っているという事はほとんどないと言えます。

ドリエルを服用する際に注意すべき点は「耐性のできやすさ」です。耐性とは、同じ薬を服用しつづける事によって体が薬に慣れてしまい、効果が薄くなる、効かなくなってくる現象です。花粉症で抗ヒスタミン剤を利用すると最初は副作用として眠気があるものの、次第に感じなくなってきます。ドリエルを睡眠薬として利用する場合、催眠効果は2、3日で耐性が形成されてしまい、多くの方は3日目か4日目程度で薬が効かなくなってしまうとされています。

ですので、ドリエルが向いている方は、一時的に不眠症になってしまったり、翌日大切な会議、試験があるのでしっかり眠りたい、という方です。また、時差ボケなどにも利用されます。また、アレルギーや花粉症などが辛くて眠れないという方は、ドリエルはアレルギーにも不眠症にも効果があるため一石二鳥と言えます。

※リンク先はドリエルのジェネリックです。

逆に慢性的な不眠症の方の場合、すぐに耐性が形成されてしまい、効果がなくなってしまう可能性が高いお薬です。慢性的な不眠症の方の場合は、市販の睡眠改善薬よりも病院で処方されるルネスタソナタロゼレムなどです。また、不安があって眠れない方は抗不安作用と睡眠作用のある抗不安薬のバスパーなどが効果がある場合があります。これらは病院に行かずに簡単に通販で購入する事ができます。

ドリエルの抗ヒスタミン効果

ドリエルはアレルギーや花粉症などを緩和させる効果があります。ヒスタミンはアレルギーを引き起こす物質で、適量であれば問題はないのですが反応が過敏になってしまうとかゆみ、喘息、くしゃみや鼻水などの症状が出てしまいます。ドリエルはそのような原因物質の受容体の働きを抑制して、アレルギーによって起こる様々な症状を緩和させます。

ドリエルの主成分であるジフェンヒドラミン塩酸塩は第一世代抗ヒスタミン薬で、古くから抗ヒスタミン剤として愛用されてきた成分です。特にかゆみやくしゃみなどアレルギー症状があって眠れないという場合に利用すれば、一石二鳥の効果を得る事が期待できます。

ドリエルの飲み方(服用方法)

ドリエルを睡眠薬として服用する場合、基本は眠る30分から1時間ほど前に1回2錠を水やぬるま湯で服用します。作用時間はおよそ6時間ですので入眠障害の方は1時間前に服用すれば効果を得る事ができるでしょう。逆に、途中で目が覚めてしまう中途覚醒や朝になると目が覚めてしまう早朝覚醒の症状のある方は、眠る直前に服用した方が持続時間が長くなるため、途中で目が覚める症状にも効果が期待できます。

抗ヒスタミン剤として利用する場合、1回2錠を1日2、3回服用します。なお、日中に服用する場合は副作用として眠気がありますので、車の運転や危険物の取り扱いなどは控えましょう。初めて利用する場合は少量から試すのがおすすめです。

なお、ドリエルが効果がないからと言って用量を増やす事は危険ですので絶対にやめましょう。決められた用量を必ず守るようにして下さい。ドリエルで効果がない場合はルネスタやソナタなどの睡眠薬を検討しましょう。

ドリエルの作用時間(持続時間)

ドリエルの作用時間はおよそ6時間と言われています。ですので一般的な睡眠時間の方であればちょうどよい長さであり、翌日にも眠気が残っているなどの持ち越しもほとんどないでしょう。睡眠時間が7時間以上の方で中途覚醒、早朝覚醒の症状がある方は眠る直前に服用すれば朝まで効果が続く事が期待できます。

ドリエルの副作用

ドリエルは比較的副作用が少なく安全性の高いお薬です。重篤な副作用は滅多にありませんがもちろん全くないというわけではありませんので注意が必要です。ドリエルの主な副作用は下記になります。

もしも重度の副作用が起こった場合は、使用を中止して医師に相談して下さい。睡眠薬としてドリエルを利用する場合は眠気は効果になりますのでもちろん気にする必要はありません。ですが抗ヒスタミン剤として利用する場合、日中の服用は特に注意が必要になります。

ドリエルの併用禁忌薬、飲み合わせに注意が必要な薬

ドリエルには服用する際、一緒に服用するのが禁止されているお薬や併用するのに注意が必要なお薬があります。併用禁止とされているのは以下のお薬です。

抗ヒスタミン剤を含む内服薬(鼻炎用内服薬、酔い止め薬、アレルギー用薬など)これらと併用すると効果が強く出すぎてしまったり、副作用が強く出てしまう危険があります。特に抗ヒスタミン剤を含んでいるお薬は多くありますが、眠気の副作用がありますので効きすぎてしまいます。市販の薬と併用する場合でも注意が必要です。

ドリエルとお酒(アルコール)

ドリエルはお酒と一緒に飲むことは危険ですのでやめましょう。ドリエルとお酒は基本的には非常に似た作用があります。ですのでお酒と一緒に飲むと効果を強めてしまいます。両方とも中枢神経系を抑制する働きがあり、大脳の機能が低下して最悪の場合は呼吸困難、意識障害、低血圧、昏睡状態などになってしまう危険があります。

さらにお酒もドリエルも肝臓で分解されます。お酒とドリエルを一緒に服用してしまうと肝臓はまず先にお酒から分解をはじめます。そうすると翌朝になっても分解しきれなかったドリエルが体内に残っている事になり、眠気がだるさが残ってしまいます。お酒を飲んで眠れないからと言ってその後にドリエルを飲んだり、あるいはその逆などをするのは危険ですのでやめましょう。お酒を飲む予定がある日は、ドリエルは服用しないようにして下さい。

ドリエルを服用できない方

ドリエルは下記の方は服用できません。

また、それ以外に高血圧・糖尿病の方、緑内障で点眼薬を利用している方も服用できない場合があります。服用する前に医師に相談しましょう。

ドリエルの耐性

ドリエルは耐性が形成されやすい事が大きな特徴です。耐性とは、同じ薬を飲み続けてしまった事によって薬が効きにくくなったり全く効かなくなってしまう事です。睡眠薬や抗うつ剤、抗不安薬は耐性が形成されやすいお薬とされています。ドリエルは耐性が形成されやすく、睡眠薬として利用した場合、2、3日で耐性が形成されてしまい、効果がなくなってしまいます。効果がないからと言ってお薬の量を増やしたりする事は依存などの危険があるため絶対にやめましょう。

もしも2、3日服用して効果がない場合、不眠症の症状が重い可能性があります。ですのでその場合はルネスタなどの睡眠薬がおすすめです。ドリエルは安全性が高いため、1、2日ほど利用する分にはおすすめですが、慢性的に不眠症になってしまっている方はかえって逆効果になってしまう場合があります。ご自分の症状を考えてお薬を選択する事が賢明です。

ドリエルの依存

睡眠薬が最も敬遠されている理由のひとつに依存があります。ギャンブル依存やニコチン依存同様、お薬がやめられなくなってしまうことです。ドリエルは元々は抗ヒスタミン剤ですので、依存はほぼ全くと言っていいほどありません。花粉症のお薬は、花粉が舞っている時期は服用しますが、花粉の時期が終わってもお薬がやめられなくなってしまうという事はないでしょう。

そもそもドリエルは前述した通り、耐性がつきやすいお薬です。ですので依存になってしまうほど長期間服用するような事なまずないと考えられます。

ドリエルの離脱症状

睡眠薬は離脱症状も気になる点ですが、ドリエルは離脱症状もないとされています。離脱症状とは、毎日服用していたお薬の服用を突然やめてしまう事で、精神的、あるいは肉体的になんらかの障害が起こってしまう事です。頭痛、落ち込み、吐き気様々な症状があります。強い睡眠薬を長期間服用しているとこのような離脱症状が起こってしまう危険があります。

ですがドリエルは睡眠薬としての効果は弱く、耐性がつきやすい事から長期間服用する事はほとんどないでしょう。また抗ヒスタミン剤として利用した場合でも、お薬の服用をやめたからと言って離脱症状が起こったという報告はありません。

睡眠薬ルネスタの通販