バスパーは通販を利用すれば通販で簡単に購入できます。不眠症、不安障害、うつ病に効果があり、不安を解消してくれます。

TOP
  1. おすすめ睡眠薬(睡眠導入剤) TOP
  2. バスパーのジェネリックの通販

バスパーとは

バスパーとは

バスパー(Buspar)は非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。催眠効果があるため、不安や悩みがあって眠れないなど不眠症や睡眠障害の方に睡眠薬としても利用されています。それ以外にも抗うつ作用なども期待できるため、うつ病、不安障害などの症状がある方にもおすすめです。また、あがり症にも効果があるとされています。通販を利用すればジェネリックを病院に行かずに簡単に購入する事ができます。不眠症、不安障害、うつ病は併発する事が多いと言われていますが、バスパーを利用すればこれらの症状を一度で改善する事ができます。

不安な気持ちや緊張などがずっと続いてしまい、なかなか眠れない毎日が続くのは非常に辛いものです。たかが寝不足と放置していると、様々な病気になるリスクがあがってしまいます。ですが、忙しい現代社会でストレスをゼロにするという事はほぼ不可能でしょう。不眠症は睡眠障害、不安がある方は不安障害という病気なのです。無理をせず、悪化してしまう前に早めに治療しましょう。不安が軽減されてぐっすり眠れるようになれば、原因がわからない慢性的な疲れからも解放され、健やかな日々を送れる事が期待できます。

>> バスパーの通販

※リンク先はバスパーのジェネリックです。

バスパーのジェネリック

バスパーには格安で購入できるジェネリックがあります。効果、有効成分、副作用などは同じですので安心して利用する事ができます。

バスピン(Buspin)

バスピン(Buspin)

バスピンはインタスファーマ社が販売しているバスパーのジェネリックです。5mgと10mgがあり、5mgは1錠27円程度、10mgは49円程度で購入する事ができます。バスパーのジェネリックの中でも、世界的に最も人気のあるのがバスピンです。

>> バスピンの通販

バスポン(Buspon)

バスポン(Buspon)

バスポンはDeva Holdings社が販売しているバスパーのジェネリックです。バスポンは5mgのみ販売されています。バスピンは200錠入りのみですが、バスポンは50錠と100錠が販売されています。初めての服用でまずは少量を試してみたいという方は、まずはバスポンを試してみるのもいいでしょう。価格は1錠50~60円程度で、100錠の方がややお安くなります。

>> バスポンの通販

バスパーを通販(個人輸入代行業者)で購入

バスパーは日本ではまだ未承認のお薬ですが、通販を利用すれば、バスパーのジェネリックのバスピンとバスポンを簡単に購入する事ができます。睡眠薬はある程度継続して服用するものですので、処方してもらうたびに病院に行かなくてはいけません。ですが忙しい毎日でなかなか病院に行けず、お薬が切れてしまって症状が悪化してしまう危険もあります。また、精神科などに行くのは抵抗があるという方もいらっしゃるかもしれません。

通販を利用すれば、病院に行かずに簡単にいつでも購入する事ができます。個人輸入代行業者というものを利用しますが、アマゾンや楽天など一般的な通販と同じような方法で簡単に購入する事ができ、ご自宅まで届けてくれます。日本人向けのサイトですので外国語などができなくても全く問題ありません。

ですので一歩も外に出ることなく購入できるのです。不眠症や不安障害になってしまうと医師と話すのも負担になってしまいますが、通販でしたら当然ですが誰とも話す必要がありません。ただし、海外から発送されるので到着までには10日ほどかかります。余裕を持って注文するようにしましょう。また、中には偽物の薬を販売している悪質なサイトもあります。信頼できるサイトから購入するように気をつけましょう。

>> バスパーの通販

※リンク先はバスパーのジェネリックです。

バスパーの効果・効能

バスパーはアザピロン系に分類される抗不安薬です。服用する事で不安や心配、憂鬱な気持ちを抑え、リラックスさせる効果があります。主成分はブスピロン(Buspirone)です。リラックスする事によって催眠効果も得られるため、不安障害だけでなく不眠症の症状がある方にも有効なお薬です。

ドーパミンやノルアドレナリンなどの働きを活性化させ、気持ちを前向きにさせてくれるため、暗い気持ちになってしまいがちな場合に非常に効果的です。

不眠症には様々な原因がありますが、その中でも特に入眠障害があります。眠る前に不安や心配事、悩みなどでいっぱいになってしまってなかなか眠れないという方に特に有効なお薬です。不安や緊張を抑え、リラックスして眠りにつく事ができます。

不眠症になっている大きな原因が不安やうつ病などである場合、睡眠薬ではあまり効果がない場合があります。眠る前に色々と不安になってしまう方は、まずは不安を抑える事が大切になります。本来であればその不安やストレスを取り除く事が一番ですが、すぐには難しい事も多いものです。そのような時はまずはバスパーなどで不安を抑え、しっかりと睡眠をとれるようにしましょう。

不安な状態が長く続くのは辛いものです。我慢して放置していると悪化してしまう危険があります。真面目な方ほど我慢強く耐えてしまい、気付いたときには深刻な症状になってしまっていたという事も少なくありません。無理をせず、気になる症状があればバスパーなどの治療薬を早めに服用する事で軽度のうちに治療する事が可能です。ご自身を労わるためにも、お薬の力を借りて早めに治療しましょう。

>> バスパーの通販

※リンク先はバスパーのジェネリックです。

バスパーの副作用

バスパーは抗不安薬の中でも非常に安全性が高く、副作用は少ないお薬です。副作用が全くないという方も多いようですが、全くないわけではないので注意しましょう。起こるとされている副作用は主に下記の通りになっています。

  • 眠気
  • 立ちくらみ
  • 頭痛
  • 眩暈

などです。睡眠薬として利用する場合は、これらは効果にあたりますので問題はないでしょう。ただし、日中に抗不安薬として利用する場合は注意が必要です。車の運転や高所での作業、危険物の取り扱いなどは避けましょう。

バスパーの飲み方(服用方法)

バスパーの飲み方は、症状によって異なります。不安や緊張、あがり症を緩和するために利用する場合は1日1~2回、1回につき1~3錠を、水やぬるま湯で服用して下さい。1回の最大量は60mgまでとされています。飲み忘れたからといって、一度に2回分服用するのは危険なのでやめて下さい。なお、症状が軽度の方は、症状があらわれる際にだけ頓服しても問題ありません。睡眠薬として服用する場合、眠る前に1~3錠服用して下さい。できるだけ眠る直前に服用するようにしましょう。なお、睡眠薬として利用する場合も、眠れない時だけに服用するなど頓服でも構いません。

初めて服用する場合、少ない量から試しましょう。効果を感じられなければ少しずつ増量しますが、バスパーは比較的穏やかに効果があらわれてくるため、効果がないからとすぐに量を増やすのではなく、しばらく服用を続けて様子を見るようにしましょう。

バスパーとデパスの違い

デパスは「万能薬」とも呼ばれ、非常に多くの精神疾患に効果のあるお薬です。また、筋弛緩作用もあるため、肩こりや腰痛などでも処方されます。デパスは大変人気のあるお薬でしたが、通販などでは購入できなくなってしまいました。そこでデパスを服用していた方が、デパスの代わりのお薬としてバスパーを利用しているケースが増えているようです。

どちらも抗不安作用、催眠作用があり、非常に似ているお薬です。即効性はデパスの方がありますが、デパスはやや耐性や依存が形成されやすいとされています。効果がある分、デパスは副作用、耐性、依存など危険性が高いと言われています。

一方、バスパーは抗不安効果と催眠効果に特化した抗不安薬です。緩やかに効果があり、依存症などの危険は大幅に軽減されています。そのため、安全に利用したい場合はデパスよりもバスパーの方がおすすめです。

>> バスパーの通販

※リンク先はバスパーのジェネリックです。

バスパーの半減期(作用時間)

バスパーの半減期は、およそ6~7時間です。半減期とは、体内の薬の血中濃度が半分になるまでの時間です。半分になると薬の効果はほとんどなくなってしまうため、半減期と薬の作用時間はほぼイコールであるとされています。ですので半減期は効果の持続時間とほぼ同じと考えていいでしょう。バスパーを睡眠薬として利用する場合は、翌日へ持ち越し効果が残ることはほとんどなく、すっきりと目覚める事ができるでしょう。

バスパーの併用禁忌薬、飲み合わせに注意が必要な薬

バスパーは一緒に服用するのが禁止されているお薬があります。以下のお薬とは併用できません。

  • バスパー以外の抗不安薬
  • MAO阻害薬
  • 睡眠薬(睡眠導入剤)
  • 発作薬
  • 鎮痛剤(鎮静剤)
  • 麻薬
  • 筋弛緩剤
  • 抗うつ剤
  • 躁うつ薬
  • 精神安定剤
  • 抗ヒスタミン剤
  • アレルギー薬
  • 喘息薬
  • 風邪薬

上記のお薬と併用すると副作用が強く出てしまったり、健康被害がある危険があります。それ以外にも、普段服用しているお薬があってご心配な方は医師に相談しましょう。

バスパーとお酒(アルコール)

バスパーなどの抗不安薬を服用している際、お酒を飲むことは禁止はされていませんができれば避けた方がいいとされています。お酒を飲むと眠くなる、リラックスする、というのはお酒を飲んだことがある方なら経験されたことがあるかと思います。抗不安薬とお酒は非常に似ている働きがあり、中枢神経を抑える効果があります。そのため、効果や副作用が倍増し、脳の機能を落としすぎる危険があります。

また、最も大きな問題は、お酒を飲む事で依存が形成されやすくなってしまうという点です。抗不安薬とお酒を併用していると体が薬に早く慣れてしまい、効果が実感できにくくなってしまい、耐性ができやすくなってしまいます。そのため、お薬とお酒を摂取する量が増えてしまい、アルコール依存になってしまう危険があるのです。

普段お酒を飲んでいる方は、バスパーを服用している期間はお酒は飲まないようにしましょう。また、お付き合いなどでどうしてもお酒を飲まなくてはいけない日はバスパーを服用するのを我慢するのがおすすめです。

バスパーを服用できない方

バスパーは以下の方は服用できません。

  • 成分にアレルギーのある方
  • 腎疾患の方
  • 肝疾患の方
  • パーキンソン病の方
  • 妊娠中・妊娠している可能性がある方
  • 授乳中の方
  • 乳幼児・小児
  • 高齢者の方

それ以外に、病気があって心配な方は服用する前に医師に相談するようにして下さい。

バスパーの耐性

バスパーは安全性が高く、耐性は形成されにくいとされています。耐性とは、同じ薬を飲み続けたことによって、体が薬に慣れてしまい、薬が効きにくくなったり、やがて全く効かなくなってしまう現象です。お薬が効かなくなってしまうと服用量が増えてしまい、やがてそれが依存につながってしまう危険があります。精神安定剤など比較的長期間服用するお薬は耐性が形成されやすいと言われていますが、バスパーは非ベンゾジアゼピン系のお薬ですので、デパスなどに比べると耐性は格段に形成されにくいお薬です。

ただし、全く危険がないというわけではありません。耐性は服用期間が長いほど、そして服用量が多いほど形成されやすくなってしまいます。ですので服用する期間や量には気をつけるようにしましょう。

なお、お薬が効かなくなってしまったからと言って必ずしも耐性ができてしまったとは限りません。何らかの原因で不眠症や不安障害が悪化してしまった場合、今まで効いていたお薬が効かなくなってしまう場合があります。生活や環境の変化、ストレスの増加など、症状が悪化してしまう原因がなかったかを考えてみることも大切になります。

バスパーの依存

バスパーは依存も形成されにくいお薬と言われています。依存とは文字通り、薬に頼ってやめられなくなってしまう事です。アルコール依存やニコチン依存と同じようなものですが、バスパーは安全性が高く、依存になるほどの危険はほぼないと言われています。

ただし、依存も耐性同様起こる確率がゼロというわけではありません。やはり服用期間が長く、服用している量が多いほど依存は形成されやすくなってしまいます。ですので依存にならないように、服用する量には気をつけるようにしましょう。

また、症状がほぼ回復しているのに、「薬を飲まないと不安だ」と思いこんでしまっていつまでも薬がやめられないというケースもあります。これは精神的な面で依存してしまっている状態です。ですのでそのような事にならないように、症状が回復してきたら「もう薬を飲まなくても大丈夫だ」という気持ちを持つようにしましょう。

バスパーの離脱症状

離脱症状とは、それまで服用していたお薬を急にやめてしまったことによって、頭痛、めまい、不安感など精神的、肉体的に何らからの異常が生じてしまう事です。それまで薬の成分が定期的に体内に入ってきていたため、それによってバランスを保っていたものが、急にお薬が入ってこなくなってしまうことによって不調をきたしてしまうのです。

ベンゾジアゼピン系のお薬は離脱症状が起こってしまう事が多く、そのため乱用にもつながる点が懸念されていますが、バスパーは非ベンゾジアゼピン系ですので、安全性が高く、正しく服用すれば重い離脱症状が起こってしまう事はほとんどないと言われています。

ただし、こちらも耐性、依存同様、服用期間が長く服用量が多い場合は離脱症状の危険が全くないわけではありません。離脱症状を起こさないために、薬をやめる際(断薬)は、急にやめるのではなく、少しずつ量を減らしていく、服用する間隔を徐々に空けていくなどするようにしましょう。

バスパーが効かない

バスパーは睡眠薬としても抗不安薬としても大変有効なお薬ですが、中には効かないというケースもあるようです。お薬にはどれが効くかは個人差がありますので一概には言えませんが、バスパーを服用してみても効果がなかったという方は、以下の点を確認してみましょう。

不眠症の原因が精神的なものではない場合

バスパーは睡眠薬として有効です。ですが本来は抗不安薬ですので、睡眠薬として利用する場合は、不安、緊張、悩みなど精神的な原因で不眠症となっている方に特に効果があります。ですので不規則なお仕事や睡眠環境などによって不眠症となっている方には効果がない場合があります。そのような方には、体内時計を調整する効果も期待できるロゼレムなどがおすすめです。

>> ロゼレムの詳細

症状が重くて効果がない場合

バスパーは中程度の不眠症や不安障害に効果がありますが、症状が重い場合はバスパーでは効果がない場合があります。また、不安障害とうつ病の区別は普通の方には見わけがつきにくいものです。「不眠症や不安障害だと思っていたら実はうつ病だった」というケースも少なくありません。どちらか判別が難しい場合は病院に行くのが最も適切ですが、「精神科には行きたくない」という方は、通販で抗うつ剤を購入してみるのもひとつの方法です。病院に行かずに病院で処方される抗うつ剤を購入できます。不安、緊張があるもののバスパーでは効果がなかったという方はうつ病の一度考えてみましょう。

>> 抗うつ剤・抗不安薬の通販

バスパーは通販でジェネリックを購入(まとめ)

バスパーは不安や緊張をやわらげ、リラックスした状態にし眠りに導いてくれます。悩みがあって眠れない、というのは大変辛いものです。悩んでいても解決しないとわかっていても、いつまでもグルグルと考えてしまう悪循環に陥ってしまい睡眠不足になってしまうと日常に様々な支障をきたしてしまいます。

悩みというのは簡単に解決できないものですが、バスパーなどの抗不安薬を利用して、ひとまず「眠れなくて辛い」という状態からは脱しましょう。寝不足は心身ともによくない事は言うまでもありません。眠れるようになれば、少しずつ前向きになれ、イライラする事も減ってきます。通販を利用すればわずか数分で簡単に購入できますので、辛いままでいるよりも、一度試してみることをおすすめします。

>> バスパーの通販

※リンク先はバスパーのジェネリックです。

睡眠薬アモバンの通販 デパスジェネリックの通販