ベルソムラは覚醒作用をブロックする事で睡眠に導く新しい睡眠薬です。通販を利用すれば病院に行かずに購入する事が可能です。

TOP

ベルソムラとは

ベルソムラ

ベルソムラは、「オレキシン受容体拮抗薬」に分類される全く新しいタイプの睡眠薬(睡眠導入剤)です。従来の睡眠薬は催眠作用がありますが、ベルソムラは覚醒状態を抑制する事によって睡眠に導きます。そのため耐性、依存などの危険は極めて少なく、安全性の高いお薬です。不眠症や睡眠障害の中でも入眠障害、中途覚醒の方に効果があります。

効果の強さもベンゾジアゼピン系のデパス、デパス、非ベンゾジアゼピン系のルネスタなどと比べて遜色がないとされています。また、デパスなどに比べると筋弛緩作用がほとんどないため、高齢者の方でも安心して利用する事ができます。ベルソムラは通販を利用すれば、病院に行かずに簡単に購入する事が可能です。

ベルソムラを通販(個人輸入代行業者)で購入

ベルソムラ(belsomra)は通販(通信販売)で購入する事が可能です。デパスやアモバンなどは個人輸入禁止になってしまいましたが、ベルソムラは2017年現在、個人輸入代行業者などを利用して通販で購入する事は違法ではありません。

ベルソムラをはじめ、処方の必要な睡眠薬は当然医師に処方してもらわなくては購入する事ができません。ですが不眠症などの症状がある方は、病院に何度も足を運ばなくてはならないのは時間的にはもちろん、精神的にも大きな負担になってしまいます。また、精神科などに行くのに抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。

病院に行かずに誰にも会わず、通販で簡単に購入する事ができます。いつでも購入でき、ご自宅まで届けてくれます。郵便局留めにできるサイトもあるため、ご自宅にあまりいらっしゃらない方やご家族に知られたくない方でも安心して利用する事ができます。

「個人輸入代行業者」というと難しいと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、アマゾンや楽天など一般的な通販と同じような簡単な手続きで購入する事ができます。日本人向けのサイトですのでもちろん日本語で表記されていますし、スタッフもほとんどが日本人です。通販サイトの利用に慣れている方でしたら、数分でベルソムラを購入する事ができるでしょう。

通販は大変便利なのですが、利用する際には注意する点があります。まずひとつめは、お薬は海外から発送されますので、到着までに10日ほどかかります。アマゾンなどのように翌日には届く、というわけではありませんのでできるだけ余裕を持って注文しましょう。

また、中には偽物の薬を販売しているような悪質なサイトもあると言われています。偽物も薬は効果がないだけでなく、健康被害がある危険もあります。極端に安かったり、クレジットカードで決済できないサイトは悪徳なサイトであります。安さだけで選ばず、100%正規品を取り扱っている信頼できるサイトを選ぶようにしましょう。

ベルソムラに似ている睡眠薬

ベルソムラは通販で購入する事ができますが、人気のために売り切れとなってしまっている事が多いようです。安全性の高いおすすめの睡眠薬をご紹介します。

ルネスタ

ルネスタ

ルネスタはベルソムラ同様、入眠障害、中途覚醒に効果がある睡眠薬です。即効性があり、服用して15分ほどで寝付くことができるようになります。安全性も高く、依存などの危険もほとんどありません。また、抗不安作用もあるため、不安や悩みがあって眠れないという方にもおすすめです。

※リンク先はルネスタのジェネリックです。

ロゼレム

ロゼレム

ロゼレム体内時計を整える効果のある睡眠薬です。メラトニンの働きを助けることで睡眠の質をよくしてくれます。昼夜逆転してしまっている方などに特に有効で、自然に近い形で睡眠に導く作用があり、安全性が非常に高いのが特徴です。効果は比較的おだやかで即効性は弱めですが、できるだけ体に負担をかけずに不眠症を改善したい方におすすめです。

※リンク先はロゼレムのジェネリックです。

ベルソムラの効果・効能

ベルソムラの主成分はスボレキサントです。睡眠薬の強さはしっかりあり、入眠障害や中途覚醒を解消する効果がある新しい作用機序の睡眠薬です。従来の睡眠薬のように催眠効果があるわけではなく、覚醒を司るオレキシンの働きをブロックする事で眠りに導きます。

不眠症の方は、「覚醒」と「睡眠」のスイッチがうまく切り替わっていないケースがあります。忙しい現代人は自律神経失調症などに代表されるように、本来リラックスすべき時間になっても緊張していて休む事が出来ない状態になってしまっています。

この切り替えスイッチとして重要な働きをしているのがオレキシンです。オレキシンが作用しなくなると、覚醒スイッチはオフになり、睡眠スイッチに切り替わります。ベルソムラを服用する事で簡単に覚醒から睡眠に切り替える事ができ、ぐっすりと眠れるようになるのです。

ベルソムラの飲み方(服用方法)

ベルソムラは服用してから血中濃度が最大値になるまでの時間が短いのが特徴です。効き始めるのは服用してからおよそ30分後と言われていますが、服用してから1.5時間ほどで最も効く睡眠薬ですので、その時間に起きていないように、お手洗いなども済ませ、服用したらあとはベッドに入るだけという状態で服用しましょう。

また、お薬というと一般的には食後に服用するものですが、ベルソムラはじめ睡眠薬は食後に服用するとお薬が吸収されにくくなってしまい、効果が薄くなってしまいます。空腹時に服用するように心がけ、できるだけ食後2時間以上経ってから服用するようにしましょう。食事をとってからすぐに眠るという事はあまりないかと思いますが、どうしても夕食が遅くなってしまい、食事とベルソムラを服用する時間が近い場合は、食事はできるだけ軽く済ませるようにしましょう。

用量は1日1回20mgですが、高齢者の方は15mgにしましょう。水やぬるま湯で服用します。初めて睡眠薬を服用する場合は、ピルカッターなどで半分に割って少量から試してみて、効果が実感できなければ量を増やすようにしましょう。

ベルソムラの半減期(作用時間)

ベルソムラの半減期はおよそ10時間とされています。これはルネスタなどの非非ベンゾシアゼピン系に比べると長い方です。半減期とは、体内で薬の成分が半分になるまでの時間です。半分になってしまうと効果がほぼなくなってしまい、一般的には半減期と作用時間はほぼイコールなのですが、ベルソムラの場合、実際の作用時間は6時間程度です。

これは先述した覚醒作用のあるオレキシンが関係しています。明け方になってくると生理的なオレキシンが上昇するため、覚醒が優位になります。ですので作用時間は実際には6時間程度とされています。ただし、翌日まで眠気が残ってしまう場合などもあります。初めて服用する場合は様子を見るためにもお休みの日などに服用しましょう。

ベルソムラの副作用

ベルソムラは副作用が少ない安全性の高いお薬とされています。起こりうる主な副作用は下記の通りです。

睡眠薬ですので「眠気」は効果にあたるため、本来であれば問題はありません。ですが翌日への持ち越しがある場合があるため、注意しましょう。

ベルソムラを服用できない方

ベルソムラは、配合されている成分にアレルギーのある方は服用できません。それ以外に、下記の方は服用に注意が必要になります。服用する前に医師に相談して下さい。

ベルソムラの耐性

睡眠薬を服用する上で耐性は大きな問題になりますが、ベルソムラは耐性がほとんど認められないとされています。耐性とは同じ薬を飲み続ける事で体が慣れてしまって、徐々に薬が効かなくなってしまう事です。睡眠薬や抗不安薬などは耐性が形成されやすく、それが服用量の増量につながってしまう危険があります。ベルソムラは従来の睡眠薬に比べると耐性が形成されたという報告はほとんどありません。安全に利用したい方には特におすすめの睡眠薬です。

ベルソムラの依存

依存は、耐性同様睡眠薬を服用する際に最も気になる点という方も多いかもしれません。ベルソムラは安全性が高く、耐性同様、依存になってしまうこともほとんどありません。依存とは、文字通りその薬に依存してしまい、飲まないと不安になってしまって薬の服用をやめられなくなってしまう事です。

睡眠薬は長く服用する事が多いお薬ですので依存になりやすいのですが、ベルソムラの場合は1年単位で服用しても依存にならなかったという調査結果があります。もちろん全ての方に依存が形成されないわけではありませんので注意が必要ですが、長く安全に睡眠薬を利用したい方はベルソムラを利用しましょう。

ベルソムラの離脱症状

ベルソムラは耐性、依存同様、離脱症状もほどあらわれない安全性の高い睡眠薬です。離脱症状とは、薬の服用をやめようとすると動悸や頭痛など肉体的症状や、不安などの身体的症状があらわれることです。一般的に睡眠薬は長く服用し、服用する量が多いほど離脱症状があらわれやすくなってしまうとされています。離脱症状があらわれるため薬の服用をやめる事ができず、依存となってしまう危険があります。

ですがベルソムラは従来の睡眠薬とは作用機序が異なりますので、比較的長期間服用しても離脱症状となる危険は極めて低く、離脱症状があらわれたという例もほとんどありません。もちろん絶対に起こらないとは言い切れませんが、正しく服用すれば離脱症状が起こる危険はほとんどないと言ってもいいでしょう。

睡眠薬ルネスタの通販