レグテクトはお酒を飲みたい欲求を抑えてくれる断酒補助薬です。通販を利用すれば病院に行かずにジェネリックを購入できます。

TOP
  1. TOP
  2. 寝酒
  3. レグテクトの通販

レグテクトとは

レグテクト

レグテクト(Regtect)はアルコール依存症を改善してくれる断酒補助薬です。服用すると「飲みたい」という欲求を抑える事ができ、無理なく断酒、節酒するのを助けてくれます。通販を利用すれば安いジェネリックを病院に行かずに簡単に購入する事ができます。「眠れないからお酒に頼る」という方も多いかもしれませんが、アルコールは睡眠薬(睡眠導入剤)などよりも依存になってしまう確率が高いとされています。レグテクトを利用して早めに治療するようにしましょう。

※リンク先はレグテクトのジェネリックです。

レグテクトのジェネリック

レグテクトのジェネリックで、現在購入できる人気のお薬をご紹介します。

アカンプロル(Acamprol)

アカンプロル(Acamprol)

レグテクトにはアカンプロル(Acamprol)というジェネリックが販売されています。ジェネリックですので効果、成分、副作用などは同じですが安く購入する事ができます。大手製薬会社のサンファーマ社から販売されていて、1錠51円~購入する事ができます。

アカンプロサート(Acamprosate)

アカンプロサート(Acamprosate)

レグテクトにはアカンプロサート(Acamprosate)というジェネリックもあります。こちらも大手製薬会社のインタスファーマから販売されていています。1錠55円~販売されているため、安く購入したい方におすすめです。

レグテクトを通販で購入

レグテクトは、通販(通信販売)を利用すればアカンプロルやアカンプロサートなどのジェネリックを簡単に購入する事ができます。通販と言っても、アマゾンや楽天などのような一般的な通販では購入できません。購入するには、「個人輸入代行業者」というものを利用します。

個人輸入代行業者とは?

日本では医薬品を通販で購入するのは違法となってしまいます。ただし、海外から個人輸入という形で購入するのは合法です。ですが、個人輸入は言葉の問題や手続きの難しさから、一般の方ではまず不可能とされています。そこまで手間ひまをかけるのであれば病院に行った方がはるかに簡単です。

そこで、個人輸入に関する手続きを全て代行してくれるのが「個人輸入代行業者」です。個人輸入に関する面倒な手続きをすべて代行してくれます。日本人向けのサイトですので、すべて日本語になっていますので英語などができなくても利用できます。ご不明な点があれば日本語で対応してくれます。

レグテクトを通販で購入するメリット

レグテクトを通販で購入するメリットをまとめると、主に下記の3点になります。

レグテクトは本来は医師の処方が必要なお薬ですが、忙しい現代人にとって病院に行く時間をかけるのは大きな負担になってしまいます。通販でしたらいつでもどこでもネットがあれば購入する事ができ、ご自宅まで届けてくれます。一切手間がかかりません。また、誰にも会う必要がなく、医師と話さなければいけないという負担もありません。郵便局留めにできるサイトもあるため、ご家族に知られたくない方も秘密で受け取ることができます。

さらに、ジェネリックですので安く購入する事ができます。また、サイトによっては購入ごとにポイントが付与されて、次回以降に購入する際に割引きとなる事も多いようです。同じサイトから購入する事によって、さらに安くレグテクトを購入する事ができるでしょう。

レグテクトを通販で購入する方法

個人輸入代行業者といっても難しいことは何もありません。アマゾンや楽天など一般的な通販を利用した事がある方なら5分程度で簡単に購入出来るでしょう。ほしいお薬をカートに入れ、ご住所などを入力し、決済するだけです。いつでも購入する事ができ、あとはご自宅に届くのを待つだけです。ネット以外にも電話、メール、FAXで注文できる場合もあるので、利用しやすい方法で注文しましょう。

通販を利用する注意点

通販でレグテクトを注文するのは非常に便利なのですが注意点がいくつかあります。通販で購入する前に下記の点を確認しましょう。

現在、数多くの個人輸入代行業者が存在しますが、中には偽物の薬を販売している悪質な業者もあるため注意が必要です。効果がないばかりか有害な物質が含まれていて、健康被害があったというケースもあります。クレジット決済ができない、電話での受付を行っていない、極端に安すぎるなどのサイトは悪徳業者である可能性が高いので避けるのが賢明です。

個人輸入代行業者を利用して薬を購入する事は違法ではありません。ですがあくまでもご自分で利用する分だけです。他の人へ譲渡、転売は禁止されているので気をつけて下さい。

なお、海外から発送されるため、到着までには10日前後の日数がかかります。余裕を持って注文しましょう。なお、日本国内からレグテクトなどの医薬品を発送するのは違法になってしまいます。到着が異様に早いのを謳っているサイトは違法サイトですので絶対に利用しないようにして下さい。

※リンク先はレグテクトのジェネリックです。

レグテクトの効果・効能

アルコール依存症は非常に辛いものです。これまでは意志の力でなんとかするしかありませんでしたが、レグテクトの誕生によって無理なく断酒・節酒ができるようになりました。レグテクトを服用すると「お酒を飲みたい」という気持ちを抑える事ができます。急にお酒をやめるわけではなく、少しずつお酒の量を減らしていくため、ストレスもほとんどありません。

主成分はアカンプロサートカルシウムです。アルコール依存症とは、グルタミン酸という脳内物質が関係しているとされています。グルタミン酸は興奮を促す物質ですが、お酒を慢性的に摂取しているとこのグルタミン酸が上昇してしまいます。すると脳が興奮状態になってしまい、お酒を飲みたい欲求が高まってしまうのです。

このグルタミン酸を抑える事でお酒を飲みたい欲求を抑える事ができるとされています。お酒を飲まないとイライラしたり落ち着かなくなってしまう方に特に有効です。自然にお酒を飲む量を減らすことができる非常に画期的なお薬です。どうしてもお酒を飲む事が抑えられない、という方には特に有効なお薬となるでしょう。

※リンク先はレグテクトのジェネリックです。

寝酒がやめられない方にも効果的

「眠れないからお酒を飲む」という、いわゆる「寝酒」をたしなむ方が増えているとされています。ですが寝酒はアルコール依存症につながる危険もあります。お酒を飲むと確かに寝つきはよくなるのですが、眠りが浅くなってしまい、中途覚醒や早朝覚醒などの症状になる場合があります。疲れやだるさが翌日にも残るため、実はお酒を飲んだ方が熟睡できないのです。

「睡眠薬よりもお酒の方が安全だろう」とお酒を飲んで眠る方もいるようですが、これは大きな誤解です。最近の睡眠薬は非常に安全性が高く、依存や離脱症状は睡眠薬よりもお酒の方が高いとされています。眠れずにお酒をやめられないという方は、まずはレグテクト等を利用してお酒に頼る生活を変えましょう。それでも眠れない状態が続くのであれば、お酒よりも安全性の高い睡眠薬を利用して眠ることがおすすめです。

なお、睡眠薬とお酒の併用は推奨されていません。一緒に飲むのは控えましょう。不眠症や睡眠障害は非常に辛いものですが、お酒ではなく睡眠薬の方が安全性が高く、依存の危険も少ないと言われています。睡眠薬は病院に行かずに通販で簡単に購入する事ができますので、寝つきが悪くてお悩みの方は、お酒から睡眠薬に切り替える事をおすすめします。

レグテクトの副作用

レグテクトの副作用は、主に下記になります。

重い副作用はほとんどありませんので継続して服用できるとされていますが、もしも症状の辛い副作用がある場合は医師に相談するようにして下さい。

レグテクトは通販でジェネリックを購入(まとめ)

お酒がやめられないのは非常に辛いものです。自分の意志だけでやめるのは難しく、習慣化してしまうほどやめられなくなってしまいます。できるだけ早めに治療するようにしましょう。通販を利用すれば病院に行かずに簡単に断酒補助薬のレグテクトなどを購入できます。寝酒がやめられない方も、お酒に依存する生活からは一刻も早く抜け出しましょう。

※リンク先はレグテクトのジェネリックです。

睡眠薬ルネスタの通販