ロゼレムは自然な形で入眠できる新しいタイプの安全性の高い睡眠薬です。通販を利用すれば簡単にジェネリックを購入できます。

TOP
  1. おすすめ睡眠薬(睡眠導入剤) TOP
  2. ロゼレム(ジェネリックのラメルテオン)の通販

ロゼレムとは

ロゼレムとは

ロゼレム(Rose REM)は、抗不安効果、鎮静効果はないため、自然に近い形で睡眠する事ができる安全性の高い睡眠薬です。よけいな部位に作用しないため副作用も少なく、依存、耐性も形成されないとされています。薬の力で強制的に眠らせるわけではないため、デパスアモバンルネスタなどの睡眠薬では効果が強すぎる方、おだやかな効果のある睡眠薬をお探しの方にオススメの睡眠薬です。ロゼレムは通販を利用すればジェネリックを安く簡単に購入する事が可能です。

※リンク先はロゼレムのジェネリックです。

ロゼレムのジェネリック(ラメルテオン)

ロゼレムのジェネリック

ロゼレムは2013年に発売された比較的新しい睡眠薬です。また、同じ作用の睡眠薬は他にないため、価格が高くなってしまいます。日本ではまだ承認されていませんが、海外では既に同じ成分、効果、副作用のジェネリックが販売されています。日本で販売されているロゼレムは1錠(8mg)82.5円とされていますが、ジェネリックですと55円程度で購入する事が可能です。ジェネリックは日本では販売されていませんので、購入するには通販(通信販売)を利用しましょう。

ロゼレムを通販(個人輸入代行業者)で購入

通販では、病院で処方される処方箋薬が豊富に販売されています。「市販の睡眠薬では効果がなかった」「病院に行きたいけど行く時間がなかなかない」という方は、通販で購入するのをおすすめします。

個人輸入と言っても難しいことは何もなく、アマゾンや楽天など一般的な通販と同じようにいつでも簡単に購入する事ができます。病院に行かずに購入できるというのは忙しい現代人にとって非常に大きいメリットと言えるでしょう。サイトによっては郵便局留めにできる場合もありますので、ご自宅で受け取るのが難しいという方、ご家族には知られたくないという方も簡単に受け取る事ができます。なお、このような通販サイトはプライバシーにも配慮されているため、箱には薬である事やサイト名などは記載されていません。ですので配達員の方にも荷物の中身がなんであるか知られる事はありません。

また、薬には個人差がありますので、通販では豊富な薬の中から色々な睡眠薬を試してみる事も可能です。病院では処方される薬は医師に決められてしまいますが、通販でしたら当然の事ながら、ご自分が飲みたい薬を選ぶ事ができます。

上述した通りジェネリックが販売されていたり、診察代もかかりませんので安く購入する事ができます。さらにサイトによっては購入するとポイントが付与されて、次回以降割引きになる場合もあります。ある程度継続して睡眠薬を利用する場合は、通販で購入すればよりお得になるでしょう。

大変便利な通販ですが、気をつけなければいけない点があります。まず、海外から発送されるため、到着までに10日前後の日数が必要になります。余裕を持って注文しましょう。また、中には偽物の薬を販売している悪質な業者もあります。安いだけで選ばずに信頼できるサイトを選ぶしょうにしましょう。

※リンク先はロゼレムのジェネリックです。

ロゼレムの効果・効能

ロゼレムの効果・効能

ロゼレム(一般名ラメルテオン)は武田薬品工業から販売されている睡眠薬です。従来の睡眠薬の作用機序とは異なり、自然な形で眠りにつくことを後押ししてくれます。ですので他の睡眠薬のように強制的に眠らされるのではなく、緩やかに眠りにつく事ができます。また、自然な眠りに近いため、従来の睡眠薬と比べると深い眠りを得る事ができると言われています。副作用、耐性、依存なども少なく、安全性が高いお薬です。

ロゼレムはほとんどの場合は服用したその日から効果を得られますが、1ヵ月ほど飲み続けてゆっくりと改善していく方が効果が得られるとされています。

ロゼレムの特徴を端的にまとめると、自然な眠りになるため、安全性が高く、質の高い睡眠を得る事ができます。その分、即効性や効果の強さはやや弱く、症状が重い不眠症や睡眠障害の方にはあまり効果が得られない可能性があります。逆に、「慢性的に軽度の不眠症で、無理なく自然な形で少しずつ不眠症を解消したい」「睡眠薬を利用するのは初めてだから安全性の高い薬がいい」という方には、体への負担が最も少ないロゼレムは非常におすすめな睡眠薬です。

※リンク先はロゼレムのジェネリックです。

ロゼレムの飲み方(服用方法)

ロゼレムは1回1錠(8mg)服用します。水やぬるま湯で飲みましょう。睡眠薬ですので服用した後に何かしらの作業をしてしまうと転倒や立ちくらみなどの危険があります。できるだけ眠る直前に服用して下さい。服用してから車の運転や高所での作業、危険物の取り扱いなどは絶対にやめましょう。

なお、薬というと食後に服用するイメージがありますが、睡眠薬は胃の中に食べ物がある状態ですと吸収されにくくなってしまい、薬の効き目が弱まってしまいます。食後に服用するのではなく、ある程度胃のものが消化された状態で服用しましょう。食事は眠る数時間前に済ませ、ロゼレムは眠る直前に服用するのがおすすめです。

また、牛乳や乳製品と一緒に飲むことはやめましょう。ロゼレムに限らず睡眠薬すべてに言える事ですが、牛乳と一緒に飲んでしまうと、本来腸で溶けるはずの薬が、牛乳と一緒に飲んでしまうと牛乳と一緒に胃で溶けてしまい、効果が得られない場合があります。ロゼレムを服用する際は、水やぬるま湯で飲むようにしましょう。

ロゼレムの半減期(作用時間)

ロゼレムの半減期は非常に短い事が特徴です。1時間未満で最高血中濃度に達し、半減期は1時間程度と言われています。半減期とは、服用したお薬の成分が体内で半分になるまでの時間です。これは、そのお薬の作用時間とほぼ同じになります。ロゼレムの半減期は睡眠薬の中でも最短と言われています。ですので特に、なかなか寝付けないなどの入眠障害の症状のある方に効果があります。

半減期が短い事から、中途覚醒や早朝覚醒の症状がある方には効果があまり期待できないかもしれません。ですが、ロゼレムは継続して服用する事で、睡眠リズムを調整する効果もあります。ですのである程度継続して服用すれば、中途覚醒、早朝覚醒の改善も期待できるでしょう。

ロゼレムの副作用

ロゼレムは睡眠薬の中でも非常に安全性の高いお薬です。そのため、副作用が生じる事は少ないとされていますが、医薬品である以上は全くのゼロではありませんし、その方の体質にもよります。

起こりうる副作用は、眠気、めまい、頭痛、倦怠感、ふらつきなどとされています。これは睡眠薬である事を考えれば副作用ではなく「効果」にあらると考えていいでしょう。従来の睡眠薬に比べると即効性はないとは言え、特に初めて服用する場合は、眠る直前に飲むようにしましょう。ロゼレムを服用してから作業をしたりするのは転倒、立ちくらみなどの危険もありますので控えましょう。

ただし、睡眠薬が効きすぎて翌朝まで効果が続いてしまい、「朝なかなか起きれない」「日中まで眠気が続いてしまう」となると対処する必要があります。翌日まで効果が残ってしまう事を「持ち越し効果」と言います。ロゼレムの作用時間は1~2時間と言われています。ですのでよほど睡眠時間が短い方か薬を分解する力が弱い方でない限りは、翌日への影響はほとんどないでしょう。翌日も眠気がある場合は、睡眠時間を長くするか用量を減らすなどの対処をしましょう。

ロゼレムの併用禁忌薬、飲み合わせに注意が必要な薬

ロゼレムと併用が禁止されているお薬は「フルボキサミンマレイン酸塩」の1種類のみです。これは薬名では「デプロメール、ルボックス」になります。ロゼレムと併用してしまうと効果が異様に強く出てしまうおそれがあります。併用するのはやめましょう。

それ以外にニューキノロン系抗生物質、H2ブロッカー、抗真菌薬、中枢神経抑制剤、抗ヒスタミン薬、セロトニン系のサプリメント、セントジョーンズワートなども併用に注意が必要です。特に花粉症、市販の風邪薬などでも配合されていますが、併用すると眠気が強く出てしまう場合があります。病院で他の薬を処方してもらう場合はロゼレムを服用中であることを医師に伝え、市販の薬を購入する場合は成分を確認するか、薬剤師に相談するようにすればより確実でしょう。

ロレゼムとお酒(アルコール)

睡眠薬とお酒の併用はよくないと言われています。なぜなら、どちらも同じ働きがあるため、効果が強く出すぎたり、依存を形成してしまうおそれがあるためです。ロゼレムはどうかと言うと、結論から言うと同時に摂取するのはやはりやめた方がいいでしょう。安全性の高い睡眠薬ですので死に至るような事はまずないかと思いますが、酩酊、異常な眠気などの危険があります。

ですのでロゼレムを服用している間は、お酒はできるだけ避けましょう。お酒かロゼレムが体内に残っている間に、もう一方を摂取するのはやめた方がいいでしょう。ロゼレムは半減期が短いお薬ですので、3~4時間ほどで体内のお酒は体からほぼ完全に抜けます。ですので翌日まで残っている事はほとんどないので、服用してから数時間たてばお酒を飲んでも問題はありません。

ですが、アルコールは飲んでから10時間以上体内に残ります。ですので夜に飲み会があった場合、眠る前にロゼレムを服用する事は控えた方がいいという計算になってしまいます。どうしても飲まなくてはいけない状況の時は、その日はロゼレムを服用するのはやめましょう。ただし、ロゼレムは基本的には毎日服用する事が推奨されている睡眠薬です。ロゼレムを服用している間は、お酒を服用するのはできるだけ控えるように心がけましょう。

ロゼレムを服用できない方

ロゼレムは過去にロゼレムの成分に過敏症が出てしまった方は服用ができません。また、高度な肝機能障害のある方は服用できません。ロゼレムは肝臓で代謝されるお薬ですが、肝機能障害があると代謝が遅れ、作用が強くなってしまう場合があります。肝機能に心配な点がある方は、服用する前に医師に相談して下さい。

ロゼレムの耐性

ロゼレムは安全性が高いため、耐性はほぼ形成されないとされています。耐性というのは、同じ薬を長期間服用すると、薬が体に慣れてしまって薬が効かなくなってしまうという現象です。薬が効かなくなってしまうため服用する量が増えてしまい、それが依存につながる危険があります。

ロゼレムは自然な眠りを後押しするという作用のため、耐性はほぼないと言えます。耐性が形成されにくい事から、比較的長期間服用する事も可能なため、長い間不眠症に悩まされているという方には特におすすめです。

ロゼレムの依存

ロゼレムは、耐性同様、依存も形成されにくい睡眠薬です。依存とは、文字通りその薬に依存してしまい、薬を服用しないと不安になったり何らかの異常をきたしてしまう事です。ニコチン依存やギャンブル依存と似ているものになります。

依存になってしまうといつまでも薬がやめられず、ずっと飲み続けなくてはいけなくなってしまいます。睡眠薬は依存や耐性が問題になりますが、ロゼレムはその心配はほとんどありません。睡眠薬や抗不安薬、抗うつ剤などは「飲まないと不安だ」という事から、強いお薬ほど精神的な面で依存症になってしまう場合がありますが、ロゼレムは効果がおだやかであるため、その危険もほとんどありません。安全に薬を服用したいという方は、ロゼレムが最もおすすめの睡眠薬です。

ロゼレムの離脱症状

睡眠薬を服用する上でもうひとつ気になる点が離脱症状です。離脱症状とは、薬の服用に慣れてしまい、服用をやめると動悸、頭痛など精神的、肉体的に様々な症状が起こってしまう事です。睡眠薬の場合、急にやめると全く眠りにつけなくなってしまうというケースもあるため注意が必要です。離脱症状は、基本的には服用している期間が長く、用量が多く、効果の強いお薬ほど起こりやすいと言われています。

ロゼレムは効果が緩やかで、離脱症状はほぼ起こらないと言われています。メラトニンに作用するお薬ですので、従来の睡眠薬とは根本的に異なります。ですのである程度服用していても、服用を中止するのが困難になるという事はほぼないでしょう。やめたい時にスパっとやめる事が可能な睡眠薬だと言えます。

※リンク先はロゼレムのジェネリックです。

ロゼレムが効かない

薬の効き方には個人差があります。ですので一概には言えないのですが、服用しても効果がないと感じた場合には、下記の点を確認してみましょう。

不眠症の症状が重い

ロゼレムは安全性が高い睡眠薬ですが、その分、従来の睡眠薬のように直接的に睡眠させるという効果はありません。効果としては比較的弱いため、不眠症の症状が重い方には効果を感じられない場合があります。その場合、ロゼレムよりも強い睡眠薬に変更する事で症状が改善する場合もあります。通販では様々な種類の睡眠薬が販売されていますので、症状が重い方は他の睡眠薬も検討してみましょう。

食後にロゼレムを服用している

ロゼレムは食後に服用すると効果が弱まってしまう場合があります。胃にものがあると、薬の成分がうまく吸収されず、効果が得られません。食後すぐではなく、ある程度時間をあけて服用するようにしましょう。

精神的な原因で不安になっている

ロゼレムは、従来の睡眠薬のように抗不安作用はありません。ですので、不安、心配ごとがあって眠れないなど、不眠症の原因が精神的な部分が大きい場合、服用しても効果がない場合があります。そのような場合は抗不安作用もあるルネスタなどの睡眠薬がおすすめです。不眠症になっている原因を改めてよく考えてみましょう。

※リンク先はルネスタのジェネリックです。

服用期間が短い

ロゼレムはある程度の期間服用して改善する睡眠薬です。ですので人によっては服用してもすぐに効果を得られず、2週間から1ヵ月で効果を得られたという事も多いようです。飲んだその日にすぐに効果があるわけではない場合もありますので、まずは1ヵ月程度は飲み続けてみるようにしましょう。

ロゼレムは通販でジェネリックを購入(まとめ)

ロゼレムは依存、耐性などの形成もなく、最も安全性の高い睡眠薬と言えます。深い眠りを得る事ができ、継続して服用する事で睡眠リズムを調整事も可能です。睡眠障害(不眠症)を安全性の高い睡眠薬でじっくりと根本的に改善したいという方には特におすすめです。通販を利用すれば、ロゼレムのジェネリックを病院に行かずにいつでも手間なく、安く購入する事が可能です。症状が悪化してしまう前に、少しでも早く治療を開始しましょう。

※リンク先はロゼレムのジェネリックです。

睡眠薬ルネスタの通販