アモバンは睡眠薬としての効果が大きく安全性が高いため人気があります。どんな薬かより詳しくご紹介します。

アモバンの効果、副作用

アモバンとは?

アモバンとは、2001年にフランスのサノフィ・アベンティス社が販売した非ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。
主な有効成分は、ゾビクロン。比較的に安全性が高く、不眠症治療以外にも広く用いられます。

服用後15分ほどで眠気を感じ、30分ほどで入眠します。成人1回、7.5mg~10mgを就寝前に経口へ投与。
超短時間型といわれており、服用後2~4時間だけ効果が持続します。アモバンが血中濃度が最高値になるまで約1時間、血中濃度が半分になる半減期まで約4時間要するため、即効性があります。

副作用として、離脱症状の不眠、不安、不快、筋肉痛、筋攣縮、震え、頭痛、吐き気、食欲不振などや服用した直後や夜間に起きたたときに、一時的な記憶の低下やもうろう状態が生じる可能性があります。

毎日のように服用し続けると効果が弱まりますが、用法・用量を正しく守れば、ほとんど副作用はないといえるでしょう。

アモバンとデパスの違い

アモバンとデパスの違いについてご紹介します。

それぞれの睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系(デパス)と非ベンゾジアゼピン系(アモバン)に分けられます。効果の強さはそんなに違いはないですが、効果の時間は、それぞれ異なります。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、デパス以外にも種類が豊富で多く使用されている睡眠薬です。
一番の特徴は、副作用があらわれる可能性が非常に低くく、安全性が高いため、病院から処方される頻度がとても多いです。

では、睡眠による障害(睡眠障害)とはいったいどんなことなのでしょうか?

また、他の種類も多いためそれぞれの作用時間などが異なります。デパスの場合には、短時間型といわれており、個人差はありますが、内服後約20~30分後くらいで効果を感じます。効果の効き目は、約3時間くらいで最大になり、徐々にが弱くなっていき6~10時間くらいで効果がなくなります。

非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、とベンゾジアゼピン系を改良を重ねた睡眠薬です。
特徴は、安全性がこちらも非常に高いので、副作用があまりあらわれないことです。

ベンゾジアゼピン系と同じように病院での処方さる頻度も多いですが、薬の服用を続けていると、身体がその薬に慣れてしまい効果が弱まる耐性があります。また、薬の服用を続けていると、その薬がないと、イライラすることや震えや汗が大量に出るなどの依存性から離脱症状がとあらわれます。

効果は、こちらも個人差がありますが、服用後1時間前後で効果が最大になり、約3~4時間で効果がなくなります。

ベンゾジアゼピン系も非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、服用後短い時間に効果があらわれるため、寝つきが悪いことで睡眠障害に困っている方々にお勧めの睡眠薬です。

睡眠薬アモバンの通販 デパスジェネリックの通販