アモバンは睡眠障害の方に効果のある睡眠薬です。個人輸入禁止となってしまったため、代わりに通販で購入できる睡眠薬をご紹介します。

TOP

アモバンの通販

アモバンは個人輸入禁止

アモバンとは、2001年にフランスのサノフィ・アベンティス社が販売した非ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。

非常に安全性の高いお薬で、副作用はほとんどなく、依存、耐性も形成されにくいとされています。初めて利用する方にもおすすめの睡眠薬となっていますが、病院で処方してもらわなくては購入できません。ですが、通販を利用すれば病院に行かずに処方箋なしで簡単に購入する事が出来ます。薬の通販というと難しいという印象をお持ちの方も多いかもしれませんが、アマゾンや楽天などのような一般的な通販と同じような方法で簡単に購入する事ができます。

睡眠不足や不眠症、睡眠障害の方はお仕事が忙しくて病院に行く時間がないという方も多いでしょう。そのような方はいつでも購入できる通販を利用するのがおすすめです。ネットから簡単に注文できますので、誰とも会う必要もなく、一切の手間がありません。

通販で販売されているのはアモバンのジェネリックですので、成分や効果、副作用は同じですが、安く購入する事ができます。診察代などもかかりませんし、購入するたびにポイントが付与されて次回以降割引きになるサイトもあるようです。アモバンなどの睡眠薬はある程度の期間継続して服用するお薬ですので、通販でお得に購入するのが賢い購入方法と言えます。

ただし、注意点があります。それは海外から発送されるため、到着するまでに10日前後の日数がかかるという点です。ですので余裕を持って注文するようにしましょう。ある程度まとめて購入する事も可能ですし、郵便局留めにもできます。通販ではアモバン以外にもルネスタなど様々な睡眠薬や抗不安薬、抗うつ剤なども販売されていますので、ご自分に合っているものを探すのもおすすめです。睡眠障害などは放置していると悪化してしまう危険がありますので、アモバンなどのお薬を利用して早めに改善しましょう。

>> アモバンの通販

※リンク先はアモバンのジェネリックです。

アモバンの効果

アモバンの効果は、大きくわけると二つになります。ひとつは入眠作用です。寝つきが悪いなどの睡眠障害に大きな効果を発揮します。もうひとつは抗不安作用です。そのため、「心配や悩み事があってなかなか眠れない」「ついつい考え事をしてしまう」というような方には特におすすめの睡眠薬です。脳の機能をおさえ、眠気を誘発するベンゾジアゼピン受容体を活性化させる効果があります。

即効性があるのも特徴で、15分ほどで眠気があらわれます。超短時間型の睡眠薬ですので、眠る直前に服用しましょう。その反面、持続時間が短いため、中途覚醒や早朝覚醒の症状がある方にはあまり向きません。入眠障害の方に特に合っている睡眠薬と言えます。持続時間が長い睡眠薬がいい場合は、アモバンよりも持続時間が長いルネスタがおすすめです。

>> ルネスタの詳細

アモバンの副作用

副作用として、離脱症状の不眠、不安、不快、筋肉痛、筋攣縮、震え、頭痛、吐き気、食欲不振などや服用した直後や夜間に起きたたときに、一時的な記憶の低下やもうろう状態が生じる可能性があります。

毎日のように服用し続けると効果が弱まりますが、用法・用量を正しく守れば、ほとんど副作用はないといえるでしょう。

アモバンの苦み

アモバンの副作用として最も有名なのが苦みです。苦みが苦手で服用できないという方も多いようです。「良薬口に苦し」とは言いますが、人によっては翌日まで苦みが続いてしまったり、口臭があるケースもあるようです。

対策としては、オブラートに包んで服用するという方法です。錠剤なのでオブラート1枚で包んでは大きくなってしまうので、オブラートを小さく切って包みましょう。

苦みは次第に慣れてくる事が多いようですが、苦みが辛いという方にはルネスタがおすすめです。アモバンとほぼ同等の効果でありながら、苦みを抑えられていて、飲み易くなっています。苦みが強烈すぎてかえって眠れなくなってしまっては元も子もありませんので、気になる方にはルネスタがおすすめです。

>> ルネスタの詳細

アモバンのジェネリック

アモバンのジェネリック

アモバンのジェネリックはいくつか販売されています。その中でもゾピクロバン、ゾピコンなどが有名です。ジェネリックですので効果、有効成分、副作用などは同じですが、安く購入する事が可能です。安く購入したいという方はアモバンジェネリックを試してみましょう。

>> アモバンジェネリックの通販

アモバンの飲み方

アモバンの飲み方は、睡眠薬として利用する場合は眠る直前に服用します。用量は1回につき7.5~10mgです。なお、1度に服用できる量は10mgまでですので、それ以上は飲まないようにしましょう。初めて服用する場合や高齢者の方は、最初は少ない量から服用するようにしましょう。服用は、水やぬるま湯で服用します。

アモバンは短時間型の睡眠薬ですので服用してから作業をする事は控えましょう。特に車の運転や危険物の取り扱いなどは絶対にやめて下さい。お手洗いなども済ませ、あとは眠るだけ、という時に服用するようにして下さい。

アモバンの半減期

半減期とは、体内で薬の血中濃度が半分になるまでの時間です。これによって薬のおおよその作用時間を推測する事ができます。アモバンはマイスリーなどと同じ超短時間型の睡眠薬です。ですので作用時間は非常に短く、翌朝への持ち越し効果もほとんどありません。アモバンは服用してから約1時間で血中濃度が最高値に達します。その後、ゆるやかに効果が薄れていき、半減期はおよそ4時間程度と言われています。ですので一般的な方の睡眠時間よりは作用している時間は短く、早朝覚醒などの症状がある方には不向きです。その分即効性はありますので、入眠障害の方に特に適している睡眠薬であると言えるでしょう。

アモバンの依存

アモバンは非ベンゾジアゼピン系に分類される睡眠薬です。そのため、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬に比べると依存は起こり難いとされています。依存とは、薬を服用しなくては不安になってしまったり、動悸などが起こったり、身体的、肉体的に異常が起こってしまう現象です。

睡眠薬や抗不安薬は特に依存が起こりやすいとされています。アモバンは正しく服用すれば依存になる危険は少なく、安全性の高いお薬です。ですが、依存は服用期間が長いほど、また服用する量が多いほど依存のリスクが高まってしまいます。

また、実際には薬は必要ないくらいまでに回復しているにも関わらず、「薬の服用をやめると不安だ」という精神的な面でやめられない場合もあります。そうならないために、回復してきたと思ったら、少しずつ量を減らす、服用する日をあける、などするようにしましょう。

アモバンの耐性

アモバンは、依存同様、耐性も形成されにくいとされています。耐性とは、長い期間同じ薬を飲み続ける事によって体が薬に慣れてしまって、薬が効きにくくなってしまったり、全く効かなくなってしまう事です。睡眠薬も抗不安薬も長い期間服用する事になりますので、耐性が形成されやすいお薬ですが、アモバンは安全性が高いお薬ですので正しく服用すれば耐性が形成される事は殆どありません。

ですが、中には薬が効かなくなってしまった、という事も起こりえます。その場合、薬が効かなくなったのではなく、症状が悪化する原因がなかったか考えましょう。環境の変化、生活習慣の変化、悩みなどにより、不眠症が悪化してしまうとそれまで効いていた場合でも効きにくくなってしまう事が考えられます。効かなくなったからと言ってむやみに量を増やしてしまうと耐性、依存が形成されやすくなってしまい、かえって逆効果になってしまう危険があります。まずは悪化する原因がなかったかを考えましょう。

アモバンの離脱症状

離脱症状とは、薬の服用をやめようとすると動悸、頭痛、不安感など、心身に何かしらの支障をきたしてしまう事です。この症状が出てしまうと薬をやめる事が難しくなってしまいます。睡眠薬や抗不安薬などには比較的これらの症状があわわれやすいと言われています。また、服用期間が長く、量が多いほど離脱症状があらわれる可能性が高くなってしまいます。それまで体内に入ってきていた薬が急になくなってしまうので、体は異常を感じ、様々な不調をきたすようになってしまいます。

アモバンに離脱症状はあるのかというと、アモバンは非ベンゾジアゼピン系に分類される睡眠薬ですので、離脱症が起こる確率はかなり低いと言われています。ですので正しく服用すれば離脱症状までなってしまう事はほぼないでしょう。ただしもちろん全くないわけではなく、体質などの個人差もあります。

もしも離脱症状が起こってしまった場合、急にやめるのではなく少しずつ量を減らしたり、服用する間隔を少しずつ長くしていく、アモバンよりも軽い睡眠薬に移行していくなどの対処をしましょう。アモバンは一生服用するお薬ではなく、数ヶ月間の服用だというように認識しましょう。

アモバンを服用できない方

アモバンは有効成分にアレルギーのある方は服用できません。また、急性狭隅角緑内障の方、重症筋無力症の方、肺気腫、肺性心、呼吸機能が高度に低下している方(気管支喘息や脳血管障害)も服用できません。

それ以外に肝障害や腎障害のある方、衰弱している方、心障害のある方、脳に器質的障害のある方は服用に注意が必要になります。病気の症状が悪化してしまったりする危険があるので、服用する際は医師に相談するようにしましょう。また、妊娠中や授乳中の方、小児の服用は必ず医師に相談するようにして下さい。

アモバンの併用禁忌薬

アモバンは筋弛緩薬、中枢神経抑制剤などと併用するのは注意が必要です。効果が強く出すぎてしまう場合があります。症状が重い場合、他の薬と一緒に処方される場合もありますが、その場合は必ず医師の指示に従うようにして下さい。効果が薄いからと自分の判断で色々な薬を併用するのは危険ですのでやめましょう。

アモバンとお酒(アルコール)

アモバンとお酒は、基本的には併用する事は推奨されていません。アモバンだけでなく睡眠薬全般に言える事ですが、睡眠薬とアルコールは似ている働きがあるため、効果が強く出すぎてしまう危険があります。また副作用が起こり易くなり、依存、耐性も形成しやすくなってしまうとされています。翌日まで眠気が続いてしまう場合があるので、車の運転などをする場合は注意が必要です。

お酒を飲む場合はアモバンの服用は中止するのが最も良いのですが、どうしても飲まなくてはいけない時は、お酒とアモバンを飲む時間をできるだけ空けるようにしましょう。もしも重大な副作用が出てしまったら、医師に相談して下さい。

アモバンとデパスの違い

アモバンとデパスの違い

アモバンとデパスの違いについてご紹介します。デパスはベンゾジアゼピン系、アモバンは非ベンゾジアゼピン系に分類されます。非ベンゾジアゼピン系はベンゾジアゼピン系を改良を重ねた睡眠薬です。ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、デパス以外にも種類が豊富で多く使用されています。

効果の強さはそれほどありませんが、効果の時間がそれぞれ異なります。デパスの場合には、短時間型といわれており、個人差はありますが、内服後約20~30分後くらいで効果を感じます。効果の効き目は、約3時間くらいで最大になり、徐々にが弱くなっていき6~10時間くらいで効果がなくなります。持続時間はアモバンの方が長いと言えます。

一番の特徴は、アモバンはデパスよりも副作用があらわれる可能性が非常に低くく、安全性が高い点です。ベンゾジアゼピン系と同じように病院での処方さる頻度も多いですが、薬の服用を続けていると、身体がその薬に慣れてしまい効果が弱まる耐性があります。また、服用期間が長くなると、その薬がないとイライラすることや震えや汗が大量に出るなどの依存性から離脱症状がとあらわれます。アモバンは耐性、離脱症状が起こる事も少ないと言われています。副作用や耐性、依存が心配な方はデパスよりもアモバンがおすすめになります。

>> デパスの詳細

アモバンは個人輸入禁止に

アモバンはデパス同様、平成28年10月14日から個人輸入で購入する事が禁止になりました。これまでは個人輸入代行業者の通販を利用すれば簡単に購入できましたが、それができなくなっています。

アモバンは睡眠薬として大変人気になっていましたが、愛用していた方で睡眠障害で困っている方も多いかもしれません。そんな方に、アモバンの代替薬として通販で購入できる人気のお薬をご紹介します。

アモバンの代わりに通販で購入できる睡眠薬

ルネスタ

通販で購入できる睡眠薬はデパス、アモバン以外にも数多くありますが、その中でもオススメなのはルネスタです。アモバンと似ている作用のため、アモバンを利用していた方はルネスタを利用している事が多いようです。アモバンは副作用として苦みがある事が特徴でしたが、ルネスタは苦みが改良されています。ですので非常に飲みやすくなっています。ルネスタはアモバンよりも作用時間が長いため、入眠障害だけでなく、中途覚醒の症状がある方などにもおすすめです。

通販で購入出来るのはルネスタのジェネリックです。通販は安く購入でき、病院に行く必要もないため非常にお得になります。忙しい方、病院に行くのが面倒な方は是非通販でルネスタを購入してみましょう。

>> ルネスタの詳細

>> 睡眠薬の通販

アモバンはデパスよりも安全性が高い睡眠薬(まとめ)

アモバンは睡眠薬としてはデパスと効果はほとんど同じですが、安全性が高く、副作用があらわれることや依存、耐性の形成は少ないとされています。睡眠薬、抗不安薬として利用する場合はアモバンの方がおすすめです。ただしアモバンはジェネリックも含めて通販では購入ができなくなってしまいました。代わりに通販で購入できる睡眠薬はルネスタなどがおすすめです。通販で簡単に睡眠薬を購入して、ストレスなく治療をしましょう。

>> ルネスタの通販

※リンク先はルネスタのジェネリックです。

睡眠薬アモバンの通販 デパスジェネリックの通販