眠れなくてお酒を飲まないと眠れない方は非常に多いと言われています。寝酒をやめる簡単な方法をご紹介します。

TOP

寝酒をやめるには

寝酒をやめるには

「眠れないからお酒を飲む」日本ではそのような働き盛りの方が増加していると言われています。ですが、そのままではやがて「お酒を飲まないと眠れない」に発展し、最終的にはアルコール依存症・アルコール中毒、いわゆる「アル中」になってしまいます。軽度であれば「休肝日を設ける」「眠る直前ではなく夕食時に飲むようにする」などでやめる事ができます。

ですが、それでもやめられなくなっている場合は、自分の意志だけでは寝酒をやめるのは難しくなってしまいます。そんな方には、レグテクトなどの断酒補助薬を利用するのがおすすめです。「お酒を飲みたい」という欲求を抑えてくれるため、無理なくお酒をやめる事ができます。レグテクトは医師の処方がなければ購入できない医療医薬品ですが、今は通販を利用すれば病院に行かずに簡単にジェネリックを購入する事ができます。病院に行く時間がなかなかないという方には、通販でレグテクトなどのお薬を購入するのがおすすめです。

※リンク先はレグテクトのジェネリックです。

断酒補助薬のレグテクトとは

レグテクト

レグテクトは日本では承認されたばかりの新しいタイプの断酒補助薬です。急にお酒をやめるのではなく少しずつやめていく事ができるため、ストレスなく断酒・節酒ができるようになります。

お酒を飲みたいという欲求は、脳内のグルタミン酸が増加する事で強くなってしまいます。レグテクトはこのグルタミン酸の受容体に作用し、ルタミン酸作動性神経活動を抑制してくれる働きがあります。

そのため、お酒を飲みたいという欲求が徐々に弱くなっていき、ストレスなくお酒をやめる事ができます。お酒への依存が強くなってしまうほど、ご自分の意志だけでお酒をやめる事は難しくなっていってしまいます。一時的にやめられたとしてもストレスから再開してしまうケースも多くあります。ダイエットにおけるリバウンドのようなものです。そうなってしまうと一生お酒がやめられない状況になってしまいます。

レグテクトを利用すれば、そのような事もなく自然に断酒、節酒ができます。お酒を飲んでいないからといって、イライラしてしまうこともありません 。アルコール依存度が強くなってしまうほどお酒はやめられなくなってしまいますので、早めに治療するようにしましょう。

レグテクトは通販でジェネリックを購入できる

レグテクトは本来は医者の処方がなければ購入する事ができない医療医薬品です。ですが通販を利用すれば、安いジェネリックを病院に行かずに簡単に購入 する事ができます。病院に行くのが面倒でなかなか治療に踏み切れない、という方は、通販で簡単にレグテクトを購入して、治療するのがおすすめです。

※リンク先はレグテクトのジェネリックです。

寝酒はやめられたけど眠れなくなってしまった場合

レグテクトなどの断酒補助薬を利用してお酒を我慢できるようになった方の次なる問題は「眠れない」という事です。なかなか寝付けない、途中で目がさめてしまうなどの症状を不眠症や睡眠障害と言います。もともと眠れないためにお酒を利用していた方の場合、お酒をやめてしまうととたんに眠れなくなってしまうのは当然です。ですが、そこでまたお酒を飲むようになってしまっては当然ながら意味がありません。「眠れない」方にオススメなのが睡眠薬(睡眠導入剤)を利用する事です。

睡眠薬は非常に即効性が高く、服用して15~30分で眠りにつく事ができるため、寝つきの悪い方には特におすすめです。また、作用時間も比較的長く、一般的な睡眠時間の方であれば、寝酒のように途中で目が覚めてしまう事はほとんどありません。睡眠薬を利用すればすぐに寝つく事ができ、朝まで熟睡できるでしょう。

睡眠薬はお酒よりもはるかに安全

睡眠薬はお酒よりもはるかに安全

「睡眠薬は危ないのでは?」と思われる方も多いかもしれません。ですが、睡眠薬はお酒よりもはるかに依存になる確率が低く、正しく服用すれば危険なことはほとんどありません。かつて利用されていたベゲタミンなどの睡眠薬は非常に強力で、過剰摂取により死亡してしまう例もありました。ですが現在販売されている睡眠薬は安全性が高く、多くの方に利用されています。

眠れない状態を我慢するのは非常に辛く、日中のお仕事や人間関係などにも支障が出てしまう場合があります。睡眠薬を危険視して眠れない状態を放置するよりも、睡眠薬を上手に利用して早めに改善しましょう。睡眠薬は一生飲み続けなくてはいけないわけではありません。体内時計が正常に戻り、体が正しい睡眠リズムを覚えてくれれば睡眠薬がなくても眠れるようになります。

一生寝酒を飲み続ける、一生寝不足に悩まされる、一時的に睡眠薬を利用して正しく眠れる体質に改善する、どれを選択するのが良いかは、一目瞭然ではないでしょうか。効果の強い睡眠薬は医師の処方が必要ですが、通販を利用すれば病院に行かずに簡単に購入する事ができます。悪化してしまう前に、早めに治療するようにしましょう。

寝酒は睡眠の質を悪くする

「お酒を飲むと眠くなる」というのは多くの方が実感している事でしょう。お酒を飲むと一時的に寝つきがよくなるのは事実です。不安も軽減され、リラックスさせる効果もあります。ですが、実際はお酒を飲んでから眠ると、睡眠の質が悪くなってしまいます。お酒を飲んだ次の日は体がだるい、いつまでも眠い、と感じる方は多いかもしれません。たまにであればこのような体調の異変に気づきますが、寝酒が習慣化している方はそれすらもわからなくなってしまっているケースもあります。

アルコールが体内で分解されると、アセトアルデヒドという物質が発生します。このアセトアルデヒドは、眠りを浅くしてしまう働きがあります。また、お酒を大量に飲むとレム睡眠(浅い眠り)が少なくなり、ノンレム睡眠(深い睡眠)も浅くなってしまいます。さらにお酒を飲むと尿意ももよおしやすくなるため、寝ている間にトイレに行きたくなって目が覚めてしまいます。

一時的に寝つきはよくなりますが、眠りが浅くなり、しっかりと眠ったとは言えない状態になってしまいます。睡眠の質が悪くなってしまうことで、さらに不眠症のリスクを高めているというケースもあるのです。

寝酒の危険性

寝酒が危険な理由、それは「耐性がついてしまい、どんどんお酒を飲む量が増えてしまい、やがていくら飲んでも眠れなくなってしまう」という事です。お酒は飲み続けると体が少しずつ慣れてしまいます。中には全くアルコールを飲めない方もいらっしゃいますが、多少飲める方であれば、月に1回飲む方と週に6回飲む方ではお酒に対する耐性がかなり異なります。

初めのうちはお酒を飲めば寝つく事ができていたのに、次第に体が慣れてきてしまい、同じ量のお酒を飲んでも眠れなくなってきてしまいます。そうなるとお酒の量が自然に増えてしまい、アルコール依存症になってしまいます。そして最終的には、いくらお酒を飲んでも眠れない、という状況になってしまいます。

また、眠れないためにお酒を飲んでいる方は、ストレス解消や楽しみのために飲んでいる方よりも依存症になる危険が高いという調査結果があります。さらに睡眠時無呼吸症候群の方でお酒を飲んでいる場合、突然死、脳卒中、心臓発作の危険が高くなってしまうとされています。

眠れない苦痛のためにお酒を飲み始めているわけですから、それをやめるのは意志の力だけでは難しい部分があります。お酒を飲む期間が長くなればなるほど依存、耐性の危険が高くなります。そうなってしまう前に、できるだけ早めに対策を考えるようにしましょう。

他の先進国はお酒よりも睡眠薬を利用

他の先進国はお酒よりも睡眠薬を利用

海外では寝酒のことを「ナイトキャップ」と呼び、ナイトキャップという名のカクテルもあるほどです。ですので海外では寝酒は一般的なように思いますが、実は先進国10ヶ国で、眠れない時の対処法で寝酒がトップなのは日本だけなのです。他の国は「医師を受診」「睡眠薬」などが1位~3位を占めています。

これは日本ではまだまだ精神科などは行きにくいという事も影響していると考えられます。また、「睡眠薬は危険なもの」とうイメージを払拭できないのも起因していると言われています。さらに、「睡眠不足くらいで病院に行くなんて…」と、睡眠を軽視して無理をしてしまいがちな日本人の気質も関係している可能性もあります。ですが、各国のデータを見ればわかるように、お酒よりも睡眠薬の方がはるかに安全性が高く、効果もあり、お酒に比べれば副作用や依存、耐性のリスクも少ないのです。

寝酒よりも睡眠薬で不眠症を改善(まとめ)

寝酒は、習慣化するほどやめるのが難しくなってしまい、アルコール依存症などになってしまう危険があります。自分の意志でやめるのが難しくなってしまっている場合は、レグテクトなどの断酒補助薬を利用してストレスなく禁酒、節酒をするのがおすすめです。

そして、お酒がなくても眠れるようにするには睡眠薬を利用するのがおすすめです。睡眠薬はお酒よりも依存になる危険性が少なく、服用するだけで15分程度で寝つけるようになり、ほとんどの方は朝までぐっすり熟睡できます。お酒がやめられないのも寝付けないのも大変辛い症状ですが、ご自分の意志でお酒をやめる、生活習慣を変えて眠れるようにするなどの時間がかかる対処法ではなく、お薬を上手に利用して寝酒の習慣は早めに絶ち切りましょう。

※リンク先はレグテクトのジェネリックです。

睡眠薬ルネスタの通販