睡眠時間や生活スタイルを変えずに、睡眠負債を解消する方法をご紹介します。負債をためてしまう前に早めに対処しましょう。

TOP
  1. TOP
  2. 睡眠負債の解消法

睡眠負債とは

睡眠負債とは

睡眠負債は、毎日少しずつの睡眠不足が負債のように積み重なっていってしまう事です。自覚しにくいのが特徴で、放置しているとガンなど病気になるリスクが高まってしまいます。日本人は世界的に見ても睡眠時間が不足しています。「ただの寝不足」というだけで危機感を持っていない方が多いのですが、放置してはいけない病気です。睡眠負債がたまりすぎてしまう前に、簡単に解消する方法や、「不眠症」との違いなどをご紹介します。

睡眠負債の最も簡単な解消法

睡眠負債を解消する方法はいくつか紹介されています。「睡眠時間を6~7時間程度に保つ」「眠る時間や起きる時間を一定にする」「休日に寝だめをしない」「日中に15分程度の休憩をとる」などです。ですが、これらは忙しい現代人にとって実際に習慣化するのは至難の業でしょう。睡眠時間を守ることがストレスになってしまっては元も子もありません。また、「睡眠時間を削ってでも趣味の時間を確保したい」という方も少なくないでしょう。

睡眠時間をコントロールするのが難しい方は、睡眠時間を変えずに睡眠の質をあげればいいのです。睡眠の質を上げる方法は色々とありますが、最も簡単で誰でもすぐにできるのが睡眠薬(睡眠導入剤)を活用する方法です。

睡眠薬の効果

睡眠薬は即効性があるものが多く、服用してから15分程度で簡単に眠りにつく事ができます。作用時間はそれぞれの睡眠薬によって異なりますが、多くのものが朝までぐっすりと熟睡する事ができ、途中で目がさめてしまう事はほとんどありません。「なかなか寝付けない」「途中で目がさめてしまう」などがなくなり、短時間でも質の良い睡眠を得る事ができます。

睡眠薬は危険?

睡眠薬というと依存になったり大量摂取によって死にいたる、などと危険なものだという認識が強い方が多いかもしれませんが、最近の睡眠薬は安全性が非常に高く、正しく服用すれば危険なことはほとんどありません。実はお酒の方が依存の危険が高いと言われているほどです。眠るために寝酒がやめられない方も多いかもしれませんが、お酒の方がアルコール依存症になってしまう確率が高いため、習慣になっている方はすぐにでもやめるべきです。海外では不眠症の方は睡眠薬を利用するのが一般的で、「眠れないからお酒を飲む」という対処法が最も多いのは先進国の中では日本だけなのです。

通販で病院処方の睡眠薬を購入できる

通販で病院処方の睡眠薬を購入

最近は睡眠薬はドリエルなどが薬局などで市販されています。ですが、市販されている睡眠薬は正確には「睡眠導入剤」と言われ、効果は弱めで1、2回の利用で耐性ができてしまいます。そのため、一時的な寝不足の場合は効果を発揮しますが、慢性的になってしまっている方では効果がない場合があります。

しっかりと効果のある睡眠薬は精神科などの病院に行かなければ購入する事ができません。ですが、現在は病院に行かずに、通販を利用すれば病院で処方される睡眠薬を簡単に購入する事ができます。忙しい方ほど病院に行く時間がないという方も多いでしょう。一般的な通販同様、いつでも購入する事ができるので、市販の睡眠薬では効果がなかった方は、通販で効果の高い睡眠薬を利用して、睡眠負債をためないようにしましょう。

睡眠負債と不眠症・寝不足・睡眠不足の違い

睡眠負債と一般的な寝不足・睡眠不足は一見似ているように思いますが、実は明確な違いがあります。それは、一般的な寝不足や睡眠不足は一時的なものですぐに解消されますが、睡眠負債は毎日少しずつ寝不足が蓄積していくため、自覚症状がほとんどなく、その間も負債となって蓄積されていってしまうものです。

一般的な寝不足であれば、たとえ1日2日徹夜をしても、すぐに挽回する事が可能です。ですが睡眠負債は慢性的な寝不足が蓄積されていってしまったものです。「負債」はたまっていくほど返済するのが難しくなってしまいます。それが「睡眠負債」と呼ばれるゆえんなのです。

負債とは言うまでもなく「借金」のことです。借金には利息がつきますが、睡眠負債がたまっていってしまうほど利息が増えるため、どんどん返済が難しくなってしまいます。さらに、この利息は様々な病気になるリスクを高めてしまう恐ろしいものです。

端的に言うと、「寝不足や睡眠不足は一時的なものですぐに挽回できる」もので、「睡眠負債は毎日少しずつ蓄積されていくため自覚症状がほぼなく、蓄積してしまうほど返済するのが難しくなってしまい、蓄積してしまうと病気など様々なリスクが高まってしまう」ということができます。

睡眠負債を放置する危険性

睡眠負債を放置する危険性

睡眠負債は、放置すると病気など様々な危険があります。寝不足はただでさえ体に悪影響となってしまいますが、睡眠負債を蓄積する事はそれ以上に危険です。毎日少しずつ蓄積されていくため、「気付いたときには負債だらけだった」という事にもなりかねません。睡眠負債が蓄積される事によって起こる病気などは下記の点が指摘されています。

認知症(アルツハイマー)

睡眠は、体を休めるだけでなく脳を休めるためにも必要な時間です。睡眠時には活動が低下した脳の細胞組織は小さくなります。その事により、日中の活動によって生み出された老廃物を流しやすくなります。睡眠の質が悪ければ、当然老廃物もたまってしまい、脳に悪影響になってしまいます。

また、アルツハイマーの元凶とされている「アミロイドβタンパク」は、眠っている時間に脳内から減少していきます。ですが起きている時間が長いとこの物質が蓄積してしまい、記憶にも影響を与えてしまうのです。

寝不足で頭が働かない、という経験は多くの方がしているかと思いますが、蓄積していくと日中への影響だけでなく、アルツハイマーになってしまう危険も高まってしまいます。

ガン・心臓病

睡眠時間が短いとガンになりリスクが1.6倍になると言われています。これは、ガン細胞を攻撃する免疫細胞は、睡眠中に最も増えるためだとされています。睡眠不足になると免疫が低下し、ガン細胞が増殖しやすくなってしまいます。免疫細胞はガンだけでなく心臓病など重大な病気にも影響します。また、普段から免疫が低下し、風邪をひきやすくなるなどのリスクもあがってしまいます。

糖尿病(肥満)

睡眠不足が蓄積すると、肥満、そして糖尿病のリスクも高まります。睡眠不足なると「空腹ホルモン」と呼ばれる「グレリン」が分泌され、食欲が増して過食になってしまいます。また、単純に活動時間が長い事で活動量も多くなり、その分エネルギーが必要になります。

糖尿病は世界的に最も多い生活病です。インスリンは体内の糖分を分解する事ができる唯一のホルモンです。ですが睡眠不足なるとインスリンの働きが低下し、糖尿病を発症してしまう危険があります。

うつ病

睡眠不足が慢性的に続くことへの悪影響は身体的なものだけではありません。睡眠負債が徐々にたまっていくことによってストレスがたまり、情緒不安定になる、不安が強くなるなどの症状が出てくる事があります。このような症状が悪化すると、うつ病に発展してしまう事もあります。

美容への悪影響

「寝不足は美容の大敵」とよく言われますが、これは「成長ホルモン」が関係します。眠っている間に分泌される「成長ホルモン」は肌・髪・爪・骨等を成長させる働きがありますが、睡眠負債がたまってしまうと様々な体のメンテナンスが行われず、肌荒れ、髪が傷む、爪が折れやすくなるなどの悪影響をもたらします。

また、メラトニンは自然な睡眠を誘うホルモンとして有名ですが、このメラトニンは「アンチエイジング効果」があると言われています。肌の細胞を守り、シミやシワなど肌の老化を防止する働きがあります。いくつになっても美しい方は、しっかりとした睡眠をとっている方がほとんどで、質の良い睡眠はどんな美容グッズよりも絶大な効果があると言えます。

睡眠負債は睡眠薬で解消(まとめ)

睡眠負債は睡眠薬で解消(まとめ)

睡眠負債は、ただの寝不足とは違い、自覚症状がほとんどありません。「ちょっと寝不足なだけだから」と放置していると睡眠負債はどんどん「利息」がついていってしまいます。放置しているとガンや糖尿病、アルツハイマーなどの病気になってしまうリスクがあるため、早めに改善する事が大切です。

忙しい現代社会では現在の生活スタイルを変えるのが難しい、これ以上睡眠時間を確保できないという方が多いでしょう。睡眠時間を変えずに睡眠負債を解消したい方は、睡眠の質をあげる事が大切です。睡眠の質を改善する方法はいくつかありますが、最も確実で効果があるのは睡眠薬を利用する事です。

最近の睡眠薬は安全性が高いため、正しく服用すれば危険な事はほとんどありません。通販を利用すれば病院で処方される睡眠薬をいつでも簡単に購入する事ができます。睡眠負債をためこまないために、睡眠薬を利用して質のよい睡眠を手に入れ、日中の眠気や寝付けないというお悩みから解放されましょう。

睡眠薬ルネスタの通販