不眠症(睡眠障害)・寝不足・睡眠不足の症状やチェック方法、簡単な解消方法をご紹介します。早めに改善するのが大切です。

TOP
  1. おすすめ睡眠薬(睡眠導入剤) TOP
  2. 不眠症の症状・チェック&解消方法

睡眠障害(不眠症)の症状とチェック・確認方法

睡眠障害とは

睡眠障害に悩む方は年々増加しています。睡眠障害の症状には様々な種類があります。最初は軽度でも徐々に悪化し、ガンや糖尿病になってしまう危険があがってしまいます。早めに解消する事が大切です。睡眠障害のチェック方法、治療方法をご紹介します。

睡眠障害とは、単純に眠れないこと、眠れなくなることと捉えがちですが、それだけでなく、昼間に眠気を強く感じたり、睡眠しても途中で起きてしまったり、体内時計のリズムが乱れたまま戻せなかったりするなど様々な症状を含みます。

睡眠障害の原因もさまざまな事柄が考えられ、環境の変化により起こる場合、不規則な生活習慣なために生じる場合、精神的や身体的な病気による場合、服用する薬により起こる場合などみられます。これらは同時にいくつもの状況が重なり合うことにより起こる場合もあるため、まずは原因を知る事も大切になります。

睡眠障害か確認するには、自分で確認できる場合と周囲の方が確認できる場合があります。

自分でできる睡眠障害のチェック方法

自覚症状

睡眠障害は、眠れなくなる不眠、昼間に強く眠気を感じる、体内のリズムに異常が起こることの大きく3つに分けられます。ここでは、ご自分でその症状が確認できるものをご紹介します。

不眠症

日本では、不眠の症状に悩む方々は男性よりは女性が多く、全体のおよそ20%の一般成人が抱えています。不眠とは文字通り何らかの理由により、しっかりと眠る事ができない状態です。この症状を不眠症と呼びますが、不眠症はさらに細分化されます。

入眠障害

寝つきが悪く、就寝時から30分以上眠れません。

中途覚醒

睡眠中に途中で起きてしまい、そのあと、なかなか眠れません。

早朝覚醒

眠っても朝早く目が覚めてしまい、その後眠れません。

熟睡障害

しっかり睡眠時間をとったつもりでも眠った気がせず、疲れがとれません。

過眠症

過眠

過眠症は不眠症とは逆に長い睡眠時間を必要としたり、日中に突然睡魔み襲われてしまう症状です。

ナルコレプシー

昼間、強い眠気や居眠りを繰り返します。居眠りは短く30分前後、目覚めたときの気分はスッキリしています。睡魔が突然訪れ、失神するように眠りにおちてしまう場合も多くあります。

特発性過眠症

昼間、眠気や居眠りを繰り返す、または夜間の睡眠時間が異常に長い症状です。居眠りは60分前後で、目が覚めたときの気分は眠気が続きスッキリしていない事が多いとされています。また、夜間の睡眠時間が10時間以上と異常に長時間です。

反復性過眠症

強い眠気が数日の期間続き、その後症状があらわれない期間があり、不定期に強い眠気の期間が繰り返しあらわれます。まれな症状ですが、男性が女性よりも起こりやすいといわれています。

概日リズム睡眠障害

体内のリズムの異常

概日リズム睡眠障害は、環境や習慣などの変化に、体内のリズムがうまく調整されずに乱れが生じたままの状態です。昼間と夜間のサイクルが逆転した生活を送る若年層の方、朝早くに目覚める高齢者の方、夜勤の方、交代制勤務の方などに多いと言われています。体内時計やリズムがうまく調整されずに、進んでいたり、遅れていたりすることが原因で、睡眠に支障をきたしてしまいます。

周囲からわかる睡眠障害のチェック方法

睡眠障害のサイン(周囲)

周囲から見てわかるチェック方法をご紹介します。眠っている時なので自分ではわからないため、周囲の方が早めに気づいてあげる事が大切です。

いびき・無呼吸

ここ最近では、男性だけとは限らず、女性も増加していると言われています。睡眠中に呼吸に異常があらわれている症状を睡眠呼吸障害と呼び、主な症状としては、いびきがあります。

いびきが大きかったり、息が詰まっていたり、あえぐような呼吸だったりするなど、正常のときの呼吸と比較して、呼吸数や呼吸のリズムによって、明らかに異常と感じたます。また、昼間に強い眠気、だるさ、頭痛などがあります。

睡眠そのものはその日の1日中活動した脳や身体を休ませる働きをしますが、呼吸が止まっているような状態などが繰り返されているのでは、かえって身体への負担が大きくなります。身体内の酸素が減り、その酸素を補おうとするため、心拍数が上がってしまいます。その結果、昼間に眠気やだるさを感じる倦怠感、頭痛などが生じてしまいます。

いびきの原因もさまざまあり、たばこを吸うことやお酒の過度の摂取、暴飲暴食、高血圧症、糖尿病などが関連しています。いびきが影響を及ぼし、睡眠中にのどや上気道が塞がり、呼吸が停止するこや低呼吸になることがあります。

彼氏・旦那さんのいびきがうるさい場合の対処法
いびき・無呼吸

男性は女性よりもいびきをかきやすい傾向にあります。そのため、いびきに悩まされている女性は非常に多いと言われています。ご本人が睡眠障害の場合も問題なのですが、いびきがうるさくて眠れず睡眠障害となってしまう場合があります。ですがいびきの改善は簡単にできるものではなく、また、付き合い始めたばかりでは言い出しにくいという方もいらっしゃるでしょう。

いびきは故意でしているわけではないため、非常にデリケートな問題です。また、それが原因でケンカ、果ては別れなどになってしまう事もありえます。

早急な対処法として最も簡単なのは、女性がルネスタなどの睡眠薬を服用して熟睡してしまうという方法です。熟睡さえできれば、どんなにいびきがうるさくても問題はありません。現在は病院に行かなくても、通販でルネスタのジェネリックなどの睡眠薬を簡単に購入する事ができます。

いびきがストレスになってしまって眠れなくなってしまうのは非常に辛いものです。「いびきを改善してほしいけど、まずは自分がちゃんと眠りたい」という方は、ルネスタなどの睡眠薬を利用してみましょう。

異常な行動・運動

異常な行動・運動
むずむず脚症候群

むずむず脚症候群とは、自分でも確認できるのですが、就寝時に、脚に不快感があらわれてむずむずして眠れない症状です。

周期性四肢運動障害

周期性四肢運動障害は睡眠中に手足が自分の意思とは関係なく、ぴくぴくして眠れない症状です。

睡眠時随伴症

睡眠時随伴症は夢遊病とも言われます。睡眠中に動き回ったり、繰り返し同じ動作をする、悪夢を見る、寝ぼけ行動などの症状、不安や恐怖など強い危機感を感じて大声で叫んだりするなどの症状などがあらわれます。

睡眠障害の治療方法

睡眠障害の治療方法は、大きくわけると睡眠薬などを利用する薬物療法と生活習慣などを改善する方法があります。

睡眠薬で睡眠障害を治療

睡眠薬というと怖いというイメージがある方も多いかもしれませんが、最近の睡眠薬は安全性も高く、正しく服用すれば危険な事はほぼありません。副作用も少なく、耐性、依存も形成されにくいとされています。薬を服用するだけで簡単に眠りにつくことができます。また、多くの睡眠薬は抗不安作用もあるため、悩み、考え事があってなかなか眠れないという方には特におすすめです。リラックスした状態で眠る事ができます。

特におすすめの睡眠薬をご紹介します。

ルネスタ

ルネスタ

ルネスタは最も人気の睡眠薬です。即効性があるため特に入眠障害のある方に効果があります。非ベンゾジアゼピン系睡眠薬ですが、比較的作用時間が長いため、早朝覚醒や中途覚醒の症状がある方にも効果が期待できます。また、抗不安作用もあります。安全性も高く、依存、副作用が形成されることはほとんどないとされています。通販を利用すればジェネリックを購入できます。

※リンク先はルネスタのジェネリックです。

ロゼレム

ロゼレム

ロゼレムは新しいタイプの睡眠薬です。薬の力で眠るのではなく、自然な形で眠りにつく事ができます。そのため従来の睡眠薬よりも深い眠りになると言われています。耐性、依存が形成されることはほぼなく、最も安全性が高い睡眠薬です。ただし効果はややゆるやかで、比較的軽い症状の方に向いています。また抗不安作用はないため、不安が不眠症の原因となっている方は抗不安作用もある睡眠薬がおすすめです。

※リンク先はロゼレムのジェネリックです。

ソナタジェネリック

ソナタジェネリック

ソナタは日本では未承認の睡眠薬ですが欧米では非常に人気になっています。通販を利用すればソナタのジェネリックを購入できます。超短時間型の睡眠薬で即効性があり、切れも良いため、翌日への持ち越しがほとんどありません。耐性、依存も形成されにくく、安全に服用できます。ただし作用時間は短いため、中途覚醒、早朝覚醒などがある方はルネスタの方がおすすめです。

バスパー

バスパーとは

バスパーは睡眠薬ではなく抗不安薬です。ですが、催眠効果もあるため、睡眠薬としても大変人気になっています。抗不安作用があり、服用するとリラックスし、落ち着く事ができます。また、不眠症や抗不安障害以外にもうつ病にも効果があると言われています。不眠症の中でも心配ごとなどがあって寝付けない方にはバスパーがおすすめです。通販を利用すれば、バスパーのジェネリックを購入する事ができます。

※リンク先はバスパーのジェネリックです。

デパス

デパス

デパスは日本で最も処方される機会の多い精神安定剤です。催眠効果だけでなく、抗不安作用、肩こりや腰痛の緩和、鎮静作用などがあるため、「万能薬」とも言われています。精神科だけでなく様々な分野で利用されているお薬です。効果が高く、即効性もありますが、長期服用すると依存、耐性が形成される危険があります。ですので服用には注意が必要になります。

※リンク先はデパスのジェネリックです。

アモバン

アモバン

アモバンは非ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。抗不安作用、催眠作用があり、副作用なども起こりにくいとされています。作用時間はやや短めなので中途覚醒や早朝覚醒の症状がある方にはやや不向きです。また、アモバンの特徴とも言えますが、かなりの苦みがあります。あまりにも強い苦みのために眠気がさめてしまうという方もいらっしゃるようなので、苦さが苦手な方は注意が必要です。

睡眠薬は病院で処方してもらわなければ購入できませんが、通販を利用すれば病院に行かずに安く簡単に購入する事が出来ます。「忙しくて病院に行く時間がない」という方は、通販でルネスタなどの睡眠薬を購入するのがおすすめです。

※リンク先はアモバンのジェネリックです。

生活習慣・睡眠環境の改善で睡眠障害を治療

良質な睡眠を得るためには、生活習慣や睡眠する環境なども大切になります。

睡眠薬を服用しない方法

カフェインを控える

コーヒーやお茶、紅茶などに含まれるカフェインは覚醒作用があります。眠る直前だけでなく、できれば夕方以降に摂取するのは控え、夜はノンカフェインの飲み物を飲むようにしましょう。

リラックスを心掛ける

軽い運動やストレッチ、音楽、読書、入浴、アロマなどの香りを楽しんで、心身ともにリラックスすることで、自然な睡眠がとれるように心掛けることが大切です。

ストレスや不安を取り除く

ストレスや不安を抱える状態では、睡眠に悪影響を及ぼしてますので、趣味などを充実させリフレッシュしましょう。また、抗不安薬などを利用するのもおすすめです。

日中に日光を浴びる

日光は、人間の体内時計を調整することを刺激します。最近では、2500~3000ルクスの光(高照度光)を利用することで、体内時計などのリズムを整える効果があります。

睡眠障害の原因

睡眠障害のサイン(環境・習慣)

睡眠障害には様々な原因があります。睡眠障害を軽減させるには、まずは原因となるものがないか考える事も大切になります。

心理的要因

仕事や家族、人間関係、経済問題、病気、また親しい方の死など生きている上では様々なストレスがあります。すべてをゼロにする事は不可能かもしれませんが、自分なりにストレス解消法を見つけておく事が大切です。

精神医学的原因

うつ病や不安障害など精神的な病気のために寝つけないケースは非常に多いです。今まで楽しかった事が楽しめなくなったり憂鬱な気分になってしまうなどの症状がある場合は注意が必要です。専門的な治療が必要になりますが、最近は通販で抗うつ剤、抗不安薬が販売されているため、治療薬を利用して早めに治療してしまう方法もおすすめです。

身体的原因

肉体的な病気や症状が原因です。リウマチ、湿疹やアトピー、喘息、頻尿、花粉症や鼻炎、外傷や怪我の痛みなどです。これらはまずはこの病気や症状を治す事が先決です。原因が肉体的なものだけである場合、完治すれば睡眠障害も改善が期待できます。

薬理学的原因

服用している薬の副作用などで睡眠障害になってしまう場合があります。特に抗がん剤、ステロイド剤などは注意が必要です。またカフェイン、アルコール、タバコも眠れなくなってしまいます。熟睡するためには、夕方以降は控えるようにしましょう。

生理学的原因

眠る環境によって睡眠が妨げられてしまう事も多くあります。寝室の温度、湿度や照明の明るさ、騒音などです。それ以外にも海外に行った場合の時差ボケや、昼夜逆転した生活、夜勤、交代制勤務なども大きく影響します。

睡眠障害を放置すると?睡眠負債の危険

睡眠障害の問題

睡眠障害を放置するとよくないという事は既にほとんどの方がご存知かと思います。疲れが取れない、日中に眠気やだるさを感じ、仕事などに集中できず効率が低下する、ミスが増えるなどの危険があります。一時的なものだと思っていたのに、放置してしまった事によって慢性的な睡眠障害になってしまうケースも多くあります。また、うつ病などに発展してしまったり、人間関係にも支障をきたす場合があります。「ただの睡眠不足」と侮ってはいけない危険な病気なのです。

さらに、それ以外にも、睡眠障害を放置するとガンなど様々な病気にかかる確率が高くなると指摘されています。がん以外にも高血圧症、免疫力低下、高血圧症、糖尿病などの危険があります。また肌荒れや髪の艶が失われてしまったり、睡眠不足によって太りやすくなるという危険もあります。質の良い睡眠は、健康面、精神面、美容面などすべてにおいて大変重要なのです。

日本人は特に頑張りすぎと言われていて、5人に1人が何らかの睡眠障害と言われています。中にはショートスリーパーという、睡眠時間が短くても問題ない方もいらっしゃいますが、多くの方はやはりしっかりした睡眠が必要です。無理をしすぎず、体からのSOSに耳を傾ける事も重要です。しっかりと休めば、より良い仕事ができ、健康で充実した人生を送れるようになるでしょう。

睡眠負債とは?

睡眠負債とは?

「負債」と言って、いいイメージがある方はいらっしゃらないでしょう。睡眠負債とは、慢性的な睡眠不足が重なっていく事が原因で、ガンや糖尿病など様々な病気になってしまうリスクが上がってしまう事です。その数値は1.5から2倍とも言われています。ただの睡眠不足が一過性のものであるのに対し、睡眠負債とは毎日の少しずつの睡眠不足が積み重なっていってしまう事です。そのため、非常に自覚にしにくいのが特徴です。

お休みの日に「寝だめ」をする方が多いと言われています。お仕事のある日はどうしても睡眠時間が短くなってしまい、その足りない分を体が無意識に挽回しようとするのです。

寝だめをする事によって睡眠負債は返済できるのでしょうか?残念ながら、それは「NO」と言わざるをえません。お休みの日にお昼まで寝続けているというのは至福のひと時かもしれませんが、起床時間が遅くなる事により、体内時計が狂ってしまい、休み明けの月曜などがよけいに辛くなってしまいます。睡眠をとる事で疲れは一時的にとれますが、体内時計が狂ってしまうと、よけい体に負担がかかってしまいます。ですのでお休みの日に寝だめをするのは、得策とは言えません。

睡眠不足を解消するために、昼寝をすることが推奨されています。実際海外の企業では昼寝休憩を設けている企業も多いようです。15分程度の昼寝をとることで睡眠不足は解消されるというので大変効率がいいのですが、日本ではほぼ普及していない制度です。昼寝をしたくても業務上眠れない、または人が周りにいると眠れない、という方も多いでしょう。

そのような方におすすめなのが、お休みの日の寝だめを工夫する事です。体内時計を狂わせないまま寝だめするにはどうするかというと、「1週間の起床時間をほぼ一定に保つ」事です。そうすれば体内時計はほぼ狂いません。起きる時間さえ一定であれば眠る時間はいくら早めてもいいのです。休みの前の日に夜遅くまで起きているのが楽しみ、という方も多いかもしれませんが、睡眠負債を増やさないためにも我慢しましょう。普段と同じ時間に起きる事ができれば、その分やりたい事ができるようになります。

そうは言っても「休みの前の日は気分が高ぶって逆に眠れない」「早い時間だと眠くならない」という方もいらっしゃるかもしれません。何もかも忘れて休みの前の日にゆっくり眠りたい場合におすすめなのが、お休みの前の日だけ睡眠薬を服用するという方法です。睡眠薬を服用すれば、眠気がほとんどなくても15分程度で熟睡する事ができ、朝までぐっすりです。多くの方は夢もみないほど熟睡できますので、すっきり目覚める事が出来ます。

睡眠薬を服用するとなると抵抗があるという方もいらっしゃるかもしれませんが、毎日服用するのではなく頓服であれば耐性、依存の形成などはほぼないでしょう。ルネスタなどの非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は頓服でも服用すれば効果を十分に得られます。万が一眠りすぎてしまっても翌日がお休みであれば特に問題はないでしょう。薬が効きすぎている場合などは錠剤を半分に割って飲むなど工夫をしましょう。ルネスタなどの睡眠薬は病院で処方が必要ですが、通販を利用すれば病院に行かずにルネスタのジェネリックを購入する事ができますので、いつでも簡単に利用する事ができます。睡眠負債をためないためにも、睡眠不足が気になる方は早めに対策をしましょう。

睡眠障害の症状があったら早めに睡眠薬で治療を

睡眠障害や睡眠負債を放置しておくと、ガンや糖尿病、高血圧症など様々なトラブルにつながる恐れがあります。たかが睡眠不足、と放置してしまうのは大変危険です。規則正しい生活を送る事が一番ですが、それが難しい場合は睡眠薬に頼るのもひとつの方法です。服用するだけで疲れがたまりにくくなり、快適な生活を送れるようになるでしょう。将来手遅れになってしまう前に、ご自分をいたわってあげましょう。

睡眠薬ルネスタの通販