周囲が確認できる行動や運動が睡眠障害の4種類のどの症状に該当するかチェックできますので、より詳しくご紹介します。

睡眠障害のサイン(周囲)

睡眠障害は、大きく4つの種類に分けられます。ここでは、周囲から指摘されて気づく症状が確認できるもので把握することもできます。専門の医療機関の医師などに相談する場合も必要となります。

睡眠障害のサインをチェック!

周囲から確認できる症状 いびき・無呼吸

周囲から確認できる異常な行動・運動の症状もチェック!

睡眠中のいびき・無呼吸はサイン
ここ最近では、男性だけとは限らず、男性も女性双方とも、とても増加していると言われています。
睡眠中に、呼吸に異常があらわれている症状を睡眠呼吸障害と呼び、主な症状としては、いびきを示しています。
いびきが大きかったり、息が詰まっていたり、あえぐような呼吸だったりするなど、正常のときの呼吸と比較して、呼吸数や呼吸のリズムによって、明らかに異常と感じたり、昼間に強い眠気、だるさ、頭痛などがあります。

睡眠そのものは、その日の1日中活動した脳や身体を休ませる働きをしますが、呼吸が止まっているような状態などが繰り返されているのでは、かえって身体への負担が大変、重くなります。身体内の酸素が減り、その酸素を補おうとするため、心拍数が上がってしまいます。その結果、昼間に眠気やだるさを感じる倦怠感、熟睡できていない、頭痛などが生じてしまいます。

理由としてもさまざまあり、たばこを吸うことやお酒の過度の摂取、暴飲暴食、高血圧症、糖尿病などが関連しています。
そのことが影響を及ぼして、睡眠中にのどや上気道が塞がり、呼吸が停止するこや低呼吸になることがあります。他の病気との関連をあげましたが気になるようでしたら、専門の医療機関の医師などに相談をして、検査や治療を行う場合も必要となります。

自分でも周囲から確認できる症状 異常な行動・運動

自分でも周囲から確認できる異常な行動・運動の症状もチェック!

むずむず脚症候群はサイン
むずむず脚症候群とは、自分でも確認できるのですが、就寝時に、脚に不快感があらわれてむずむずして眠れない症状です。

周期性四肢運動障害はサイン
睡眠中に手足が自分の意思とは関係なく、ぴくぴくして眠れない症状です。

睡眠時随伴症はサイン
夢遊病といわれる睡眠中に動き回ったり、繰り返し同じ動作をする寝ぼけ行動などの症状や不安や恐怖などの悪夢で強い危機感を感じて大声で叫んだりするなどの症状などがあらわれる現象をいいます。

イメージしやすいサインといわれていますが、上記のような症状が続く場合には、専門の医療機関の医師などに相談することをお勧めします。

睡眠薬アモバンの通販 デパスジェネリックの通販