環境や習慣から睡眠障害と分かります。どんなことが睡眠障害に影響を及ぼすのかチェックできますので、詳しくご紹介します。

睡眠障害のサイン(環境・習慣)

確認できる症状がもとで睡眠の環境や習慣などが睡眠障害を起こしてるものと把握することもできます。どんなことが影響を及ぼしてるのでしょうか。専門の医療機関の医師などに相談する場合も必要となります。

睡眠障害のサインをチェック!

環境や習慣から確認できる場合

環境や習慣から確認できる場合もチェック!

睡眠の環境サイン
寝室など部屋の、①明るさ→太陽の光や照明、②静かさ→テレビやBGMなどの音の大きさ、③リラックス→ゆったりと心を落ち着かせる環境でしょうか?

睡眠の生活習慣サイン
習慣はいつも同じ時刻に就寝、同じ時刻に起床することや昼間に適度な運動で身体を動かすことで疲れやホルモンの分泌が促すことなど、決まった時間に行うこと習慣づけで規則正しい生活は送れていますか?

睡眠の環境サイン
コーヒーや紅茶を、よく飲まれる方々はとても多いことでしょう。
これらには、カフェインが多く含まれているため、夕食後の摂取したり、就寝前約4~6時間前に摂取したりすると、睡眠を妨げるといわれています。また、カフェインだけでなく、就寝前にアルコールを摂取する場合も同じことがいえます。
カフェインやアルコールを就寝前に摂取することは、寝つきを悪くさせるなど入眠の妨げる効果は、眠りを浅くし、睡眠の質を下げることにつながります。

環境や習慣から確認できるサインを該当する部分は、どうでしたか?

睡眠には大きなはたらきがあり、疲れを回復させたり、ストレスの解消させる効果があります。
睡眠障害などのそのままにしておくと、思わぬトラブルにつながる恐れがあります。快適な睡眠をつくるためには、基本的に健康的な生活を営むうえでの適切なことを工夫することで睡眠の環境づくり、習慣づけがとても大切になります。睡眠障害以外のほかの病気の症状の場合にも言えることかもしれません。

睡眠薬アモバンの通販 デパスジェネリックの通販