自分で確認できる(自覚症状)睡眠障害の4種類のどの症状に該当するかチェックできますので、詳しくご紹介します。

睡眠障害のサイン(自覚症状)

睡眠障害は、眠れなくなる不眠、昼間に強く眠気を感じる、睡眠中いびきや無呼吸などの行動や運動の異常が起こる、体内のリズムに異常が起こることの大きく4つに分けられます。ここでは、4つの中から自分でその症状が確認できるものをご紹介します。専門の医療機関の医師などに相談する場合も必要となります。

睡眠障害のサインをチェック!

自分で確認できる症状 不眠

日本では、不眠の症状に悩む方々は男性よりは女性が多く、全体のおよそ20%の一般成人が抱えています。
年齢とともに増える傾向があり、中高年期、老年期の方々では、さらに急増する傾向にあります。

自分で確認できる不眠の症状として、いくつかの状態に分けてチェック!

眠りに入るとき(入眠障害)のサイン
寝つきが悪い・就寝時から30分以上眠れません。

途中で目が覚めるとき(途中覚醒)のサイン
睡眠中に途中で起きてしまい、そのあと、なかなか眠れません。

目覚めるときが早いとき(早期覚醒)のサイン
眠っても早く目が覚めてしまい眠れません。

寝た気がしないとき(熟睡感欠如)のサイン
どんなけ睡眠時間をとっても眠った気がありません。

イメージしやすい不眠のサインです。
この4つサインが重なってあらわれる可能性もあります。

自分で確認できる症状 過眠

自分で確認できる過眠の症状として、3つのポイントをチェック!

昼間、強い眠気や居眠りを繰り返す(ナルコレプシー)サイン
居眠りは短く30分前後、目覚めたときの気分はスッキリしています。
感情を表したとき、全身の力が出せないこともあります。

昼間、眠気や居眠りを繰り返すまたは夜間の睡眠時間が異常に長い(特発性過眠症)のサイン
居眠りは60分前後、目が覚めたときの気分は、眠気が続きスッキリしていないです。
夜間の睡眠時間が10時間以上と異常に長時間です。

強い眠気が数日の期間続き、その後症状があらわれない期間があり、不定期に強い眠気の期間が繰り返しあらわれる(反復性過眠症)のサイン
まれに症状ですが、男性が女性よりも起こりやすいといわれています。

イメージしやすい過眠のサインです。
この3つサインは、目覚めることや意識をはっきりさせるな脳内の覚醒維持の機能に何らかの問題が生じている可能性もあります。

自分で確認できる症状 体内のリズムの異常

自分で確認できる体内のリズムの障害の症状をチェック!

環境や習慣などの変化に、体内のリズムがうまく調整されずに乱れが生じたままの状態(概日リズム睡眠障害)のサイン
概日リズム睡眠障害は、昼間と夜間のサイクルが逆転した生活を送る若年層の方々、夕方近くに眠くなり、明け方朝早くに目覚める高齢者の方々、夜間を主に仕事の勤務とする方々などの体内時計やリズムがうまく調整されずに、進んでいたり、遅れていたりすることが原因で、睡眠に差し支えをきたす障害を示します。

睡眠薬アモバンの通販 デパスジェネリックの通販