睡眠障害の治療は、薬を服用する方法と薬を服用しない方法と2つあります。自分の身体にあった方法を選ぶことが大切です。

睡眠障害の治療方法

睡眠障害治療方法は、薬を服用する方法としない方法の2つの手段があります。
まずは、薬を服用しない方法は、環境や生活習慣を見直すことが前提になります。睡眠の環境や習慣の確認できる症状と向かい合い、原因に対して、改善を図り行います。

2つ目の薬を服用することで睡眠を誘う方法です。睡眠薬には、効果の違いからいくつか種類があります。
症状や自分の身体にあった薬を医師との相談のうえで、決めることが賢明です。

2つの手段は、検査を受け、相談したうえで診断されますので、詳細は専門の医療機関などに問合わせ下さい。

では、その2つのどんな方法なのでしょうか?

薬を服用しない方法は、4つのポイント!

①環境や習慣を改める
質の良い睡眠をとるためには、睡眠時間やいつ睡眠をとるリズムなどにこだわらず、身体が求める睡眠をとる質を高めることが大切です。コーヒーなどに含まれるカフェインやアルコール類などの摂取を控えることも習慣としてお勧めします。

②リラックスを心掛ける
軽い運動やストレッチ、音楽、読書、入浴、アロマなどの香りを楽しんで、心身ともにリラックスすることで、自然な睡眠がとれるように心掛けることが大切です。

③ストレスや不安を取り除く
ストレスや不安を抱える状態では、睡眠に悪影響を及ぼしてますので、趣味などを充実させリフレッシュすることやひとりで悩むことはなく専門の医療機関などに相談して和らげることもも必要です。

④日光など光を浴びる
日光は、人間の体内時計を調整することを刺激します。最近では、2500~3000ルクスの光(高照度光)を利用することで、体内時計などのリズムの変化をさせる効果を持つ方法もあります。

薬を服用する方法

薬を服用する方法は、2つのポイント!

①心身ともに安定できる
睡眠の環境や生活習慣に改善を図ってもなかなか十分に効果が得られなときの不安やストレスや不安から感情に機変が生じて、脳神経が興奮状態にあるときの興奮を抑制することで、精神を安定させる効果が発揮されます。薬にもより異なりますが、睡眠障害などの改善だけでなく、精神疾患、うつ病のなどの情緒的な面でも、安定剤として、使用されるくらいの治療薬です。

②自然に眠れる
睡眠を促す睡眠薬は、寝付きが悪い方々が主に対象となり、薬の効果は、全身の筋肉の緊張をほぐし、リラックス効果があるため、眠りを誘いが、自然に近い状態で睡眠がとれます。

睡眠薬アモバンの通販 デパスジェネリックの通販