自律神経失調症は生活習慣を変える事によって改善できると言われていますが、簡単にできる改善方法をご紹介します。

TOP
  1. TOP
  2. 自律神経失調症の改善方法

自律神経失調症とは

自律神経失調症とは

自律神経失調症とは、「緊張」と「リラックス」のバランスが崩れてしまったために起こる症状です。忙しい現代社会ではうまくリラックス、休憩をとる事ができず、知らず知らずのうちに常に緊張してしまっている方が多いと言われています。自覚や診断は難しく、日常生活の様々な事が原因となって起こるため、治療に入るまでに時間がかかってしまう事が特徴です。

ですが、最近は適度にリラックスさせる事で自律神経を整える自律神経調整薬が販売されています。グランダキシンなどが人気です。本来は病院の処方が必要なお薬ですが、通販を利用すれば簡単に購入する事ができます。気になる症状がある方は、早めに治療するようにしましょう。

自律神経失調症の改善方法

自律神経失調症を改善する方法はいくつかありますが、病院に行くと、ほとんどの場合はまずは投薬治療からになります。最も有名なのは、グランダキシンという自律神経調整薬です。

自律神経調整薬で改善

グランダキシン

自律神経調整薬は抗不安薬と非常によく似た働きがありますが、グランダキシンは安全性が非常に高く、耐性、依存などの危険はほとんどありません。安心して服用する事ができます。

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経という自律神経のバランスが崩れてしまう事で起こります。ストレスや不安など神経が異常に興奮してしまっているために起こる事が多いのですが、グダンダキシンなどの自律神経調整薬は、この高ぶった神経を抑え、副交感神経を優位にしてくれる作用があります。この事により自律神経を整え、心身に起こる様々な不調を緩和してくれるのです。

グランダキシンは、通販を利用すれば簡単にジェネリックを購入する事ができます。忙しい現代社会では病院に行くのも時間をとるのが難しい方が多いでしょう。ですが、通院自体がストレスとなってしまっては元も子もありません。アマゾンなど一般的な通販と同じように簡単に購入することができるため、気になる方は通販でグランダキシンなどを購入して、早めに治療しましょう。

※リンク先はグランダキシンのジェネリックです。

自律神経調整薬以外のお薬で改善

グランダキシンなどの自律神経失調症薬は安全性が高いのが最も大きな特徴です。そのため初めて服用する方でも安心して利用する事ができますが、その分効果はやや穏やかで、即効性があまりないという点がデメリットでもあります。ですので、まずは特に気になる症状を即効性のあるお薬で緩和させてしまうのもひとつの治療方法です。自律神経失調症には様々な症状がありますが、特に下記の症状が気になる方は検討してみましょう。

不眠症には睡眠薬

自律神経失調症の症状で最も多いのが不眠症や睡眠障害です。不眠症には、なかなか寝付けない、途中で起きてしまう、眠りが浅い、朝早く目がさめてしまうなど様々な症状があります。最近の睡眠薬(睡眠導入剤)は安全性が高いものの即効性があり、15分程度で眠りにつく事ができます。ほとんどの方は朝までぐっすりと熟睡できる効果があります。睡眠薬には抗不安作用が含まれているものも多いため、悩みがあってなかなか眠れないという方にもおすすめです。

ドリエルなど市販の睡眠薬は正確には睡眠導入剤と呼ばれていますので正確には睡眠薬とは異なります。効果が弱く、2回程度の利用で効き目がなくなってしまいます。慢性的な不眠症には、病院で処方される睡眠薬がおすすめです。睡眠薬も通販を利用すれば簡単に購入する事ができます。

不安障害には抗不安薬

自律神経失調症の方は、不安感や悩みが大きいケースが多くあります。生きていれば誰しも悩みはあるものですが、日常生活に支障をきたしてしまう場合は対策を考える必要があります。ストレスが大きい、人付き合いがうまくできない、緊張しすぎてしまう、ネガティブ思考に陥りがち、いつまでも悩んでしまう、などの症状がある場合は、抗不安薬を利用して不安を抑えましょう。

不安感が緩和されれば、人間関係やお仕事も今よりもはるかに円滑に進むでしょう。心配したり悩んだりしてしまうのは、危険に備えるという意味では人間としての本能とも言えます。ですが過度な不安は、日常生活にもマイナスになってしまい、実力が正しく評価されないなどの弊害も起こりえます。性格の問題と考えず、抗不安薬を利用して緩和させましょう。

うつ病・うつ症状には抗うつ剤

自律神経失調症が悪化してしまうとうつ病・うつ症状に発展してしまう事もあります。うつ病はどこからどこがうつ病という診断は難しく、真面目で責任感の強い方ほど隠したがる傾向があります。そのため発見・治療が遅れ、実は既にかなり進行してしまっていた事も少なくありません。

やる気が起きない、好きだった事に興味がなくなってしまった、持続的な不安感、過剰な罪責感、ネガティブ思考、将来への悲観・絶望、自殺願望などを感じる場合はすぐにでも治療が必要です。

うつ病は、抗うつ剤の投与から治療が始まります。服用すると憂鬱な気持ちを緩和させてくれ、前向きにしてくれる効果があります。ですが精神科へ行くのは抵抗があるという方も多いでしょう。通販では様々な種類の抗うつ剤が販売されています。効果が強いものから安全性が高いものまで非常に多くの種類がありますので、うつ病かもしれないと思ったら、すぐにお薬を利用して治療するようにしましょう。

生活習慣で改善

自律神経失調症になってしまう原因はほとんどは生活習慣です。ですので、生活習慣を改善すれば、自律神経も整う事が期待できます。生活習慣で改善する場合、以下の点を改善するように気をつけましょう。

以上の事は健康全般に非常に大切な事ですが、すべてを改善するのはかたい意志が必要です。「正しい生活習慣で生活しよう」というプレッシャーがストレスになってしまう事も多いため、神経質になりすぎるのは禁物です。

自律訓練法で改善

自律訓練法とは、ドイツの精神科医シュルツによって開発された訓練方法です。心身を効果的にリラックスさせる方法で、体の部位ごとに力を抜いていき、体をリラックスさせる事で心もリラックスさせる効果が期待できます。自己暗示をかけるような形になります。ご自宅などでいつでも気軽に行う事ができ、ネットや本、ビデオなどで方法を見る事はできますが、正式に習得したい場合は専門機関で医師の指導を受ける事が推奨されています。

自律神経失調症の症状

自律神経失調症は非常に様々な症状があります。他の病気と勘違いされてしまったり、ちょっと調子が悪いだけ、と簡単に考えてしまう方が多いのですが、放置していると症状が悪化し、他の病気が発症してしまう危険もあります。自律神経失調症の症状として多いものは下記になります。

肉体的な自律神経失調症の症状

自律神経失調症になると、肉体的には様々な症状があらわれます。主な症状は下記になります。

精神的な自律神経失調症の症状

精神的な自律神経失調症の症状は下記のようなものになります。

上記以外にも、非常に様々な症状があります。これらの症状は日によってあったりなかったりするため、見過ごしてしまいがちです。人間、生きていれば全くの不調なしに生きる事は不可能です。ですので多少の不調があるのは生きる上で仕方のない事ですが、原因不明の不調が慢性的に続く場合、自律神経失調症である可能性が高いとされています。少しでも気になる症状がある方は、できるだけ早めに対策を考えるようにしましょう。

自律神経失調症とうつ病の違い

自律神経失調症とうつ病は非常によく似ている病気と思われています。それは、症状が似ているためです。ですが実際は全く異なる病気であるため、注意が必要です。

自律神経失調症は、心身ともに様々な症状があらわれます。その中にはやる気がない、落ちこむなど、うつ病に非常に似ている症状があります。ですが精神に症状がでる原因は、様々な要因で自律神経が乱れてしまい、その結果、精神にも異常をきたしてしまうのです。

一方、うつ病は脳内の神経伝達物質の分泌異常による「脳の病気」です。うつ病はストレスなどが原因で発症することが多いとされています。また、精神的な障害以外にも食欲不振、睡眠障害、倦怠感など身体的な障害があらわれる事もあります。そのため、さらに自律神経失調症との見分けが難しくなってしまいます。

また、自律神経失調症はうつ病を誘発する事があるため、注意が必要です。それぞれ発症の部位は異なるのですが、自律神経失調症になると副交感神経が働かなくなってしまい、ゆっくりと休むことができません。そのため、限界まで頑張ってしまい、そのストレスなどでうつ病になってしまうのです。性格的に真面目で頑張りすぎる傾向にある方は特に気をつけましょう。

ご自分でどちらか判断が難しい場合は、病院に行くか治療薬の服用を開始する必要があります。放置していると悪化してしまう危険があるため、早めに対処しましょう。

自律神経失調症と更年期障害の違い

女性に特に多いとされている更年期障害も自律神経失調症と似ている症状があらわれます。更年期障害か自律神経失調症かは専門家でも判断が難しい場合があるため、ご自分でどちらかを判断するのは困難かもしれません。

前述している通り、自律神経失調症は自律神経が乱れてしまった事によって起こりますが、更年期障害はホルモンバランスが崩れてしまう事によって起こります。閉経前後の女性に多いと言われています。

実は、ホルモンが減少すると自律神経も乱れやすく、そのため、更年期になると自律神経失調症を発症しやすいとされています。ですので、広い意味では自律神経失調症は、更年期障害の症状の一つであると言えます。そのため、実はどちらの治療でも効果がある可能性はあります。

病院で診察してもらえるのであればそれにこしたことはありませんが、病院になかなか行けないという方は、自律神経調整薬のグランダキシン以外にも更年期障害の治療薬プレマリンなども通販で販売されていますので、どちらかの治療薬を利用してみて、効果が得られなければもう一つの治療薬を服用してみるという方法もおすすめです。

睡眠薬ルネスタの通販