睡眠薬は通販を利用すれば人気の睡眠薬(睡眠導入剤)を簡単に購入できます。おすすめの睡眠薬をご紹介します。。

TOP

睡眠薬(睡眠導入剤)とは

睡眠の大切さ

睡眠薬(睡眠導入剤)とは「なかなか眠れない」「眠っても疲れがとれない」「途中で目が覚めてしまう」等の不眠症や睡眠障害の症状を改善してくれるお薬です。

最近は睡眠薬も薬局やドラッグストアで市販されていますが、ほとんどは睡眠薬ではなくアレルギーを抑える抗ヒスタミン剤です。ですので睡眠薬としては効果が弱く、耐性もつきやすいため2回ほど使用すると効かなくなってしまいます。慢性的な寝不足の方におすすめなのが、病院で処方される処方薬である睡眠薬です。

現在は病院で処方されるのと同等の効果の睡眠薬を通販で病院に行かずに簡単に購入できます。睡眠不足、睡眠障害、不眠症は放置していると症状が悪化してしまい、疲労回復も遅くなってしまい、様々な障害をきたします。睡眠薬を利用して早めに治療するのがおすすめです。睡眠薬でしっかり眠って、疲れをためない毎日にしましょう。

おすすめの激安睡眠薬(睡眠導入剤)

睡眠薬には非常に多くの種類があります。初めて利用する方はどれがいいかお悩みになるかもしれませんが、おすすめの睡眠薬をご紹介します。

ルネスタ

ルネスタ

ルネスタは最近最も人気の睡眠薬です。15分程度で効果があらわれます。作用時間が長いので、中途覚醒の症状がある方にも効果があり、朝までぐっすりと眠る事ができます。アモバンの特徴であった苦みもほとんどなく、依存症や副作用もほとんどないと言われています。ルネスタは安全性が非常に高い睡眠薬ですので初めて睡眠薬を利用するという方にもおすすめです。

※リンク先はルネスタのジェネリックです。

ロゼレム

ロゼレムとは

ロゼレムは新しいタイプの睡眠薬です。従来の睡眠薬のように強制的に眠らせるわけではなく、自然な睡眠を後押しする効果があるため、睡眠の質もよくなり、副作用、依存、耐性、離脱症状の心配がほとんどありません。「体に負担をかけずに改善したい」「穏やかな効果の睡眠薬がほしい」という方におすすめです。新しい薬のためやや高額ですが、通販を利用すればジェネリックを購入する事ができます。

※リンク先はロゼレムのジェネリックです。

ソナタジェネリック

ソナタジェネリック

ソナタは日本では未承認ですが、欧米では大変人気のある睡眠薬です。 非ベンゾジアゼピン系睡眠薬で即効性があるため、入眠障害の方に特におすすめです。また抗不安作用もあるため、不眠症の原因が精神的な場合は不安も抑える効果があります。耐性、依存も形成されにくい安全性の高いお薬です。通販を利用すればソナタジェネリックを購入することができます。

バスパー

バスパーとは

バスパーは抗不安薬です。病院で処方される睡眠薬のほとんどには抗不安作用がありますが、それでも不安、緊張が収まらないという方は、抗不安薬の方が効果がある場合があります。バスパーにも催眠作用が含まれていますので、不安、緊張をやわらげ、落ち着いて眠りにつく効果があります。バスパーは日本では未承認ですが、通販を利用すればバスピンやバスポンなどのジェネリックを購入する事が可能です。睡眠障害の原因が精神的な部分が大きい方は、バスパーなどの抗不安薬もおすすめです。

※リンク先はバスパーのジェネリックです。

ベルソムラ

ベルソムラ

ベルソムラは新しいタイプの睡眠薬です。従来の睡眠薬とは異なり、覚醒を司るオレキシンをブロックすることにより、眠れる状態に導きます。副作用、依存の危険もほとんどなく、安全性の高い上に、睡眠薬としての強さもルネスタなどとほぼ同等です。忙しくストレスの多い現代社会ですので「覚醒」と「睡眠」のスイッチの切り替えがうまくできない方が増えていますが、ベルソムラを利用すればうまく睡眠スイッチに切り替える事ができます。

アモバン

アモバンは個人輸入禁止

アモバンは睡眠薬として大変有名です。特になかなか寝付けないなどの入眠障害の方に効果があり、不安や心配ごとがあって眠れないという症状にも大変効果的です。ただし、副作用として苦みが特徴です。苦みが原因で服用できないという方も多いようです。また、作用時間が短いため、途中で目覚めてしまうなど中途覚醒の症状がある方にはあまり向いていないと言われています。

※リンク先はアモバンのジェネリックです。

デパス

デパスの通販

デパスは「万能薬」とも言われていて、睡眠薬、抗うつ剤、抗不安薬など非常に多くの精神疾患に効果があります。気持ちを落ち着かせる効果があり、眠りやすくなりますが、デパスもアモバン同様作用時間が短いので中途覚醒の症状がある方にはあまり向いていません。また依存症になる確率も高く、服用期間が長くなるほど断薬するのが難しくなってしまうとされています。

※リンク先はデパスのジェネリックです。

睡眠薬(睡眠導入剤)を通販で購入

睡眠薬を通販で購入する方法

人気の睡眠薬を通販で購入するメリット

通販(通信販売)を利用すれば、病院で処方される睡眠薬を簡単に購入する事ができます。通販で購入するメリットは非常に多くあります。

病院に行く必要がない

通販を利用すれば病院に行く必要もなく、ご自宅などで簡単にいつでも購入する事ができます。睡眠薬はある程度継続して服用するものですので、処方してもらうたびに病院に行かなくてはいけないのは、時間的にはもちろん、精神的にも負担になってしまいます。通販を利用すれば、そのような負担をほぼゼロにする事が可能です。わずか数分で睡眠薬を購入できるので、場合によってはドラッグストアに行くよりも簡単に購入できます。

ジェネリックなどを安く購入できる

通販では様々な睡眠薬のジェネリックが販売されているので価格が安価です。通販ですので当然診察代・交通費、ガソリン代なども必要ありません。セットでまとめ購入すればさらに安くなる場合もあるようです。サイトによっては購入するたびにポイントが付与されて次回以降割引きになるため、同じサイトからリピート購入すればさらにお得になります。

秘密で購入できる

睡眠薬というと、未だに偏見を持っている人も多いため、精神科などに通うのは抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。通販を利用すれば、当然ながら医師に会う必要なく睡眠薬を購入できます。また、多くのサイトはプライバシーに配慮されているため、配送されてくる箱には薬名やサイト名は記載されていません。配達員の方に中身が何か知られてしまう事もないため安心です。さらに、郵便局留めにできるサイトも多いため、ご家族に知られたくない方も秘密で購入する事ができます。決済方法はクレジット決済か銀行振り込みですので、後日明細などが郵送されてくるような事も一切ありません。

睡眠薬の種類が豊富

睡眠薬に限らず、薬には相性があります。ですが病院では処方される薬はその病院によって異なり、ご自分に合っているものが処方されるとは限りません。通販ではジェネリックも含めて非常に多くの睡眠薬が販売されていますので、ご自分に合っているものを探す事ができます。実際に色々と試してみるのもいいでしょう。また、日本では未承認の睡眠薬も販売されています。本来は日本では購入できませんが、通販を利用すれば簡単に購入する事ができます。

人気の睡眠薬を通販で購入する方法(個人輸入代行業者)

通販で薬を購入する場合、「個人輸入代行業者」というものを利用します。海外医薬品の通販サイトから薬を購入する事になりますが、輸入というのは言語の問題や手続きの複雑さなど様々な問題があります。個人輸入代行業者はそのような手続きをすべて代行してくれるサイトになります。

日本人向けのサイトですので全て日本語ですし、スタッフも殆どが日本人ですので不明点があれば日本語で対応してもらえます。楽天やアマゾンなど一般的な方法で簡単に購入する事ができます。ご自宅にいながら、医師の処方が必要な睡眠薬を簡単に購入する事が可能になります。一般的なサイトのネットでの購入方法は以下の通りになります。

①最初に、サイトに検索窓がありますので、そこにほしいお薬(ルネスタなど)の名前を入力します。一般的な通販サイトに比べるとやや面倒ですが、このようにしなければ薬事法違反になってしまいます。検索すると該当するお薬が表示されますので、そのお薬を選択します。

②「購入する」などのボタンがあるので、ほしいお薬の部分をクリックします。

③購入ボタンを押すと、住所、名前などを入力することになります。こちらに配達先の住所、お名前などを入力します。特に海外から発送される場合は偽名などでは届かないため、かならずご本名を入力して下さい。

④最後に決済をします。ほとんどのサイトはクレジット決済か銀行振り込みの先払いです。クレジットの場合はその場でクレジットカードの番号などを入力すると決済完了となり、ほぼ即日発送されます。銀行振り込みの場合は、振り込みの確認ができた時点で発送されるようです。

以上で注文手続きは完了です。あとは到着するのを待つのみになります。2、3日すると、荷物の追跡番号が送られてきます。ですので、いつでも荷物がどこにあるのか確認する事ができ、安心して待つ事ができます。もしもご不在だった場合は不在票がポストに入っていますので、再配達の手続きをしましょう。

睡眠薬を通販で購入する場合の注意点

通販は大変便利なのですが、いくつか注意点があります。まず、海外から発送されますので、到着までに10日ほどかかります。余裕を持って注文するようにしましょう。

また、このようなサイトから薬を購入するのは違法でないの?とお思いの方も多いかもしれません。結論から言うと、個人で利用する睡眠薬を購入するのは違法ではありません。ただし、あくまでもご自分で使う分のみです。他の人へあげたり転売したりするのは禁止されているので気をつけて下さい。さらに、服用に関してはすべて自己責任となります。病気や他に服用しているお薬がある方、健康面で心配な点がある方は、服用前に医師に相談してみましょう。

睡眠薬を通販で購入する場合は偽物に注意

上記以外にも絶対に気をつけなくてはいけないことがあります。それは、中には偽物の睡眠薬を販売している悪質なサイトもあるという事です。

偽物の薬は、効果がないばかりでなく、有害な物質が含まれていて、重篤な健康被害があったというケースもあり、海外では死に至ってしまったとされる事故もあります。通販で購入したお薬は、すべて自己責任となっています。ただし、最近の偽物の薬は非常に精巧な作りになっていて、素人では見わけがつかない場合も多いようです。ですので、大切な事は信頼できるサイトを選ぶ事です。

信頼できるサイトを選ぶポイントは、主に以下のような点です。
・極端に安すぎるサイトは注意
・クレジット決済ができないサイトは注意
・口コミなどが悪いサイトは注意
・電話での対応を受け付けていないサイトは注意
特に、他のサイトと比較してみて極端に安いサイトは注意が必要になります。決して安いだけで選ばないようにしましょう。

睡眠薬(睡眠導入剤)について

睡眠薬

睡眠障害の症状は様々あり、寝つきの問題(入眠障害)、思った以上に早く起きてしまう・途中で目が覚めてしまう(早期覚醒・中途覚醒)、熟睡した感覚が得られない(熟睡感欠乏)といった代表的な症状があり、それぞれに合った睡眠薬が処方されます。これらの症状の多くには精神的な不安、過度の興奮状態といった精神的な影響からくるものがほとんどです。

睡眠薬、または睡眠導入剤はそれらの精神的不安を取り除くことで睡眠・熟睡を促します。作用としては比較的穏やかな作用で、安全性が高く、耐性、依存症も低いと言われおり、薬の量を増やしていくことや薬がやめられなくなってしまうといったリスクも低く抑えられます。

睡眠薬の効果

睡眠薬、または睡眠導入剤とは、文字通り寝つきが悪いなどの不眠症や睡眠障害を改善するお薬です。即効性があり、すぐに熟睡する事ができます。ストレスの多い現代人は睡眠不足で悩まされている方が多くいらっしゃり、眠ったつもりでも熟睡できておらず、疲れが抜けないというケースも非常に多くあります。

睡眠に何らかのお悩みがある方は真面目な方が多く、「たかが寝不足なだけだから」と我慢してしまう傾向があります。ですが、睡眠不足がたまってしまうと睡眠負債となってしまう危険があり、放置するとガンや糖尿病にかかる確率があがると言われています。睡眠薬を服用すればそれらの悩みから簡単に解放され、熟睡する事ができ、疲れにくい毎日をすごす事ができるようになります。

睡眠薬には多くの種類がありますが、寝つきがよくなるもの、途中で目覚める事なく朝までぐっすりできるもの、眠りを深くするものなど様々です。ご自分に合っている睡眠薬を服用する事が大切です。睡眠薬というと危険なイメージがある方が多いかもしれませんが、最近の睡眠薬は正しく服用すれば副作用などもほとんどなく、依存、耐性が形成されにくいものがほとんどです。安全性は非常に高いと言えます。

質の良い睡眠をとり続けることは、生活の習慣などの改善につなげられるため、睡眠薬の服用には大きな期待がもてます。現在は通販を利用すれば人気の睡眠薬を病院に行かずに簡単に購入する事ができます。

なお、彼氏や旦那さんのいびきがうるさいため眠れない、という女性が多いと言われています。様々な対策をとってもいびきが改善されないという場合は、ご自身が睡眠薬を飲んで熟睡してしまうというのもひとつの手段です。睡眠薬は深い眠りに導く効果がありますので、ご自身がじっくり眠れる状態になれば、どれほどいびきがうるさくても関係ありません。いびきについて言い出せず悩んだり、逆に言い過ぎてケンカになってしまうよりは、睡眠薬を利用して円満に解決しましょう。

睡眠薬の種類

睡眠薬の種類

睡眠薬とは一口に言っても、いくつか種類がわかれています。それぞれ特徴がありますので、ご自身に合っているものを選ぶ必要があります。「効果が強ければいい」というわけでもなく、効果が強い睡眠薬は、当然ながら副作用、耐性、依存、離脱症状の危険があります。睡眠薬は、大きくわけると「バルビツール酸系」「ベンゾジアゼピン系」「非ベンゾシアゼピン系」「メラトニン受容体作動薬」「オレキシン受容体拮抗薬」の5種類からなっています。

バルビツール酸系睡眠薬

バルビツール酸系睡眠薬は最も古い睡眠薬です。非常に強力な睡眠薬ですが、その分副作用も強力で、場合によっては命に関わる事もあります。また、耐性、依存も形成されやすく、すぐに効かなくなってしまうため服用量が増えてしまい、どんどんやめられなくなってしまう危険があります。バルビツール酸系睡眠薬は、

などがあります。現在は不眠症の治療に睡眠薬として利用される事はほとんどありません。病院でもできるだけ処方すべきでないお薬とされています。ベゲタミンは「飲む拘束衣」と称されるほど高い睡眠・鎮静作用がありましたが、効果が強すぎ、乱用が後をたたない事から2016年に販売終了になっています。今後は他のバルビツール酸系睡眠薬も販売終了となる事が予想されます。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬

ベンゾジアゼピン系睡眠薬はバルビツール酸系睡眠薬よりもはるかに安全性が高く、命に関わるような副作用はほぼありません。ただし勿論全くないわけではありません。長期服用、あるいは服用量によって耐性、依存が形成される可能性がありますので注意が必要です。ベンゾジアゼピン系睡眠薬は最も種類が多く、さらに持続時間によって分類されます。一般的に持続時間が短いほど即効性があり、持続時間が長いものほど即効性がなくなります。ベンゾジアゼピン系睡眠薬で最も処方される機会が多いのはハルシオンやレンドルミンになります。

■超短時間型(持続時間2~4時間)

■短時間型(持続時間6~10時間)

■中時間型(持続時間12~24時間)

■長時間型(持続時間24時間以上)

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬はベンゾジアゼピン系睡眠薬を改良した睡眠薬です。ベンゾジアゼピン系よりも副作用がさらに少なく、耐性、依存が形成されることもほとんどありません。また、ベンゾジアゼピン系よりも筋弛緩作用がないため、ふらつきや転倒などの危険が大幅に減少します。

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は作用時間が短いもののみになっています。超短時間型の分類になるため、入眠障害の方には適していますが、中途覚醒の方には不向きと言われています。ルネスタは作用時間が他の睡眠薬に比べると若干長いため、中途覚醒の方にも効果が期待できます。安全性、睡眠薬の強さなどバランスが最もよく服用したその日から効果を得られるため、現在睡眠薬としては最も一般的で処方される機会が多い睡眠薬です。

などがあります。ソナタは日本では未承認ですが、通販を利用すればソナタのジェネリックを購入する事ができます。なお、マイスリーは「向精神薬」に分類されますので、他の睡眠薬に比べると服用には注意が必要になります。

メラトニン受容体作動薬

メラトニン受容体作動薬は新しいタイプの睡眠薬です。これまでの睡眠薬とは異なり、「薬の力で強制的に眠らせる」のではなく、睡眠する時に欠かせないメラトニン受容体に作用し、「自然に近い形で眠りにつく」という作用があります。また、長期的に服用する事で睡眠リズムを整える作用もありますので、体内時計が狂ってしまっている方などにも有効です。

メラトニン受容体作動薬の最大のメリットは耐性、依存を形成する事はなく、副作用もほとんどないため安全性が非常に高いという事です。ただし効果があらわれるまでには2週間程度かかる場合もあります。また、他の睡眠薬に比べると効果もおだやかです。ですので比較的軽度の不眠症で、安全性の高い睡眠薬がいいという方におすすめです。日本で認可されているメラトニン受容体作動薬は

になります。

オレキシン受容体拮抗薬

オレキシンとは覚醒に関係している物質名です。このオレキシンが欠乏してしまうと、覚醒が維持できなくなり、眠くなってしまいます。睡眠障害のひとつのナルコレプシーはある時突然睡魔がおそってきて眠ってしまう病気ですが、このオレキシンの欠乏が原因とされています。

オレキシン受容体拮抗薬はこのオレキシンを阻害し、覚醒しないようにして眠りに導く睡眠薬です。耐性、依存もほぼなく、効果もベンゾジアゼピン系に近いほどの強さのため、非常にバランスのよい睡眠薬です。オレキシン受容体拮抗薬は、

があります。

睡眠薬の飲み方

睡眠薬は、眠りにつくためのお薬です。ですので基本的に眠る直前に飲むようにしましょう。効き目があらわれるまではそれぞれの睡眠薬によって異なりますが、最近は即効性があるものが主流になっています。ですので、お手洗いも済ませ、あとはベッドに入るだけ、という状態で飲むのがおすすめです。副作用としてふらつき、めまい、記憶障害、備忘などの副作用が起こってしまう危険があります。ベッドに入った後であればこれらの副作用は問題になりませんので、睡眠薬を飲んだ後で何か作業するのは避け、すぐに眠るようにしましょう。

用量も必ず守るようにして下さい。初めて服用する場合は、少量から試すようにして下さい。用量が多くなるほど、耐性、依存が形成されやすくなってしまいます。服用する量は、少ないに越したことはありません。

また、ルネスタなどの非ベンゾジアゼピン系睡眠薬を服用する場合、軽度の睡眠障害の方は、眠れない時にだけ服用する頓服がオススメです。逆にデパスなどベンゾジアゼピン系睡眠薬は飲んだり飲まなかったりすると、飲まなかった日に症状が悪化してしまう場合があります。デパスなどを利用する場合はできるだけ毎日服用するようにする事が推奨されています。

飲み方は、水やぬるま湯で服用して下さい。覚醒作用があるカフェインなどは避けましょう。コーヒーはもちろん、紅茶、お茶などにもカフェインは多く含まれています。どうしても飲みたい場合はノンカフェインのコーヒーや、ハーブティなどを飲むようにしましょう。

また、薬というと「食後に飲むもの」というイメージが強い方が多いかもしれませんが、睡眠薬は例外になります。胃腸に食べ物がある状態で服用してしまうと、効果が十分に発揮されない可能性があります。夕食を済ませ、ある程度消化された状態で服用しましょう。

睡眠薬とお酒(アルコール)

睡眠薬とお酒(アルコール)

「眠れないからお酒を飲む」という方は多いでしょう。ただし、睡眠薬と併用するのはやめましょう。多くの睡眠薬の添付書には「できるだけ飲酒は避けるように」と書いています。お酒も睡眠薬も似ている効果があります。ですので一緒に摂取してしまうと効果が強くなりすぎたり、記憶障害などの副作用が強く出てしまう危険があります。

睡眠薬とお酒を一緒に摂取すると寝つきはよくなりますが、後半では眠りが浅くなってしまい、覚醒時間が増えてしまいます。ですので結果的にはお酒を飲んだ事により、眠りが浅くなってしまうのです。また、お酒との併用は依存、耐性を形成しやすくなるという危険もあります。お酒を飲んだ日は、睡眠薬を服用するのはできるだけ避け、どうしてもどちらも必要な場合は、お酒が体内で分解されてから飲むようにして下さい。

睡眠薬の副作用

睡眠薬の副作用は、眠気、脱力感、ふらつき、倦怠感などがあります。一般的なお薬ではこれらは副作用にあたりますが、睡眠薬であればこれは効果になります。ですので眠る直前に服用すれば特に問題ないでしょう。睡眠薬を服用した後に何か作業をするのは危険です。眠る準備を済ませ、あとは布団に入るだけ、という状態で服用しましょう。

睡眠薬の副作用は、1週間程度で慣れてしまう場合がほとんどです。ただし、初めて服用する場合は少量から服用して様子を見ましょう。効果や副作用が強く出てしまう危険があります。作用時間が長い睡眠薬の場合、起きるのが辛かったり、翌日まで眠気が残っている場合もあります。その場合は作用時間の短い睡眠薬に変更しましょう。

現在販売されている睡眠薬は、以前販売されていたものとは違い、重篤な副作用があらわれる危険はほとんどありません。正しく服用すればほぼ問題はないでしょう。副作用が気になる場合は、量を減らす、効果が弱い睡眠薬に変更する、それでも副作用がある場合は医師に相談しましょう。

睡眠薬の副作用によるいびき

睡眠薬を服用すると、副作用でいびきをかく、というケースがあるとされています。いびきには多くの原因がありますが、筋肉がゆるんで舌が落ち込んで、気道をふさいでしまう事がひとつに挙げられます。ベンゾジアゼピン系はの睡眠薬は筋肉をほぐす作用が強いため、いびきをかきやすいと言われています。

ですが現在主流になっている非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系よりも筋肉をほぐす効果は弱いため、いびきをかく事は少ないと言われています。非ベンゾジアゼピン系ではルネスタなどの睡眠薬が人気です。「睡眠薬を飲みたいけどいびきが気になる」という方は、いびきをかきにくいルネスタなどの非ベンゾジアゼピン系睡眠薬がおすすめです。

睡眠薬の依存性

睡眠薬の依存性について

睡眠薬(睡眠導入剤)というと、向精神薬のような印象を持たれることも多いようです。「一度使用してしまうと手放せなくなってしまうのではないか?」「だんだん使用量が増えてしまって、普通に眠れなくなってしまうのでは?」「重い副作用があるのでは?」など、様々な疑問を持たれることもあり、なかなか睡眠薬を使用できない方もいらっしゃいます。

これらの疑問・不安は睡眠障害で処置を受ける病院が精神科に属するために受けてしまう誤解と考えていいでしょう。睡眠薬は広義には向精神薬の一種にあたりますが、実際のところ睡眠障害で使用される睡眠薬の依存性・副作用は、他の向精神薬と比べると軽度のものが多く、薬種として向精神薬に属さないものもありあます。さらに最近の睡眠薬は依存が形成されにくいとされています。安全性の高い睡眠薬が多いですが、特にルネスタやアモバンなど非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は依存はほぼ形成されません。依存が心配な方は、ルネスタやアモバンなどがおすすめです。

睡眠薬の耐性

耐性とは、同じ薬を飲み続る事によって、体に抵抗力のようなものがついてしまう状態です。体が薬に慣れてしまって、薬が徐々に効かなくなってしまい、やがて全く効かなくなってしまいます。薬の耐性がついてしまうと何が困るかと言うと、量を増やさなくなくてはいけなくなってしまったり、さらに強い薬に変更しなくてはいけない場合があります。効果が強い薬というのは、それだけ副作用も強くなってしまう危険があり、体への負担も大きくなってしまいます。

睡眠薬は抗うつ剤や抗不安薬と同じく、精神に作用する薬であるため、耐性がつきやすいと言われています。また、比較的長期間服用する薬である事もその原因です。

ただし、耐性がつきやすいと言われているのはバルビツール酸系の睡眠薬です。これは耐性も依存も形成しやすい事で有名でした。そのため、「睡眠薬=怖い」というイメージが定着してしまったのです。

ですが現在利用されている睡眠薬で主流となっているのはベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。ベンゾジアゼピン系はデパスが有名ですが、かつて使われていたバルビツール酸系の睡眠薬に比べると耐性がつきにくいとされています。ルネスタやアモバンなどに代表される非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、さらに耐性が形成されにくく、安全性の高い睡眠薬です。耐性が形成されてしまうことはほとんどないと言われています。

ですので、デパスやルネスタ・アモバンなどであれば耐性が形成されてしまうことはほぼないでしょう。ただし、耐性は服用する量が多く、服用している期間が長いほど形成されやすくなってしまいます。症状が改善してきたら、早めに断薬する事が大切になります。

睡眠薬の離脱症状

人気の睡眠薬

睡眠薬を服用する上で、もうひとつ気になるのは離脱症状ではないでしょうか。離脱症状とは、薬の服用をやめようとしても、急にやめた事によって、精神的、あるいは肉体的になんらかの不快な症状が発生する事です。

睡眠薬の離脱症状として多いものは、不安、焦り、頭痛、抑うつ気分、発汗、ひどい場合は幻覚、発作などもあります。これらの症状は、それまで体内に入ってきていた薬の成分が、急になくなってしまったために起こると言われています。薬によって体を調整していたのに、それがなくなってしまうので身体的、あるいは肉体的に異常をきたしてしまうのです。

離脱症状が起こってしまった場合、重症でなければ1週間程度我慢してみるという方法もあります。なぜなら、離脱症状にもいずれ体が慣れてくるからです。ですが耐えられないほどの症状だった場合、一度服用を再開します。そして、少しずつ用量を減らす、服用する間隔をあけていく、などの対処をしていきましょう。

なお、離脱症状は身体的なもの以外にも、精神的なものが原因である場合もあります。実際にはもう薬は必要ないほど回復しているのに、「睡眠薬を服用しないと不安だ」と思いこんでしまい、やめようとしてもなかなかやめる事ができないのです。精神的な原因の場合、「睡眠薬を服用しなくても大丈夫だ」と意志を強く持つ事が大切です。

また、「離脱症状になったらどうするか」ではなく、「離脱症状を起こさないためにはどうするか」を考えながら服用する事を心がけましょう。離脱症状は、強い睡眠薬、服用期間が長い、用量が多いほど起きやすくなっていきます。デパスなどベンゾジアゼピン系睡眠薬は離脱症状が起きやすいとも言われています。逆にルネスタやアモバンなどの非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は安全性も高く、離脱症状は起こり難いお薬です。

離脱症状が心配な方は、ルネスタなどの非ベンゾジアゼピン系睡眠薬を、できるだけ少ない量で頓服する、という方法がおすすめで、また、睡眠薬の服用は、基本的には6カ月以内が推奨されています。ですので服用の目安としてはそれくらいの期間を考え、ずるずると服用を続けてしまう、という状況はできれば避けましょう。

睡眠薬の作用時間(消失半減期)

睡眠薬は、作用時間は薬によって大幅に異なります。長ければいいというものでもなく、作用時間が長いものは翌日にも眠気が残ってしまう場合があります。逆に、短い場合は中途覚醒の症状がある方は途中で効果がなくなってしまうケースがあります。ですので、症状にあった睡眠薬を選ぶ事が大切になります。

睡眠薬などのお薬では半減期、もしくは消失半減期という言葉をよく使われます。これは、体内で有効成分が半分に減るまでの時間の事をあらわします。「半分も残っていればまだ効果はあるのではないか」と思われるかもしれませんが、半分になってしまうと効果はほぼなくなってしまいます。ですので「消失半減期≒作用時間」と思って問題ないでしょう。

睡眠薬の作用時間は、大きくわけて4つに分類されます。

超短時間型

作用時間は2~5時間になります。作用時間が短いため、なかなか眠りにつけない入眠障害の方に有効です。

短時間型

作用時間は6~10時間になります。入眠障害の方に有効です。作用時間が長いものは中途覚醒の方にも効果があります。

中時間型

作用時間は12~24時間になります。作用時間が長いため、中途覚醒の方や早朝覚醒の方に有効です。

長時間型

作用時間は24時間以上になります。熟眠障害の方に有効です。

以上のように、睡眠薬の作用時間は全く異なります。また、症状が複合している場合は2種類以上の睡眠薬を処方される場合もあります。ご自分にあっている睡眠薬を利用するようにしましょう。

睡眠薬の比較・違い

睡眠薬には、市販薬など様々な種類があります。有名な睡眠薬や市販されている睡眠薬との違いをご紹介します。特徴がありますので、ご自身の症状にあったものを選ぶようにしましょう。

初期の睡眠薬と現在の睡眠薬の違い

初期の睡眠薬は睡眠を促すものではなく、脳全体に直接働きかけて意識を低下するように作用することで睡眠状態に移行させるものです。あまりに強力な作用のために時には麻酔薬として使用されることもあるぐらいです。初期の睡眠薬は、このように意識を直接低下させる強力な作用がある反面、依存性が高く重篤な副作用が起こりやすい、それでいて耐性も強く、薬の効きが弱くなってしまうため、医師の適切な処置のもとで使用しなければいけないものでした。ただ、現在はそのようなタイプの睡眠薬は使用されることはまずありませんし、治療ガイドライン上にも使用の記載がありません。

現在一般的に広まり、使用されている睡眠薬は『睡眠導入剤』とも呼ばれるもので、このタイプの睡眠薬は精神を落ち着かせ、寝つきをよくするために作用するものです。ですので、安全性は非常に高く、正しく服用すれば危険はほぼないと言えるでしょう。

市販の睡眠薬(ドリエルなど)と処方される睡眠薬の違い

ドリエル

最近は睡眠薬も薬局やドラッグストアで購入できるようになりました。ドリエルなどが有名で、錠剤だけでなく液体タイプのものもありますが、市販の睡眠薬と病院で処方される睡眠薬はどのような違いがあるのでしょうか?

一般的に、市販されているお薬よりも病院で処方される薬の方が効果が強いということは多くの方が実感されているかと思います。病院で処方されるお薬は効果が強い分、服用する際に注意する点がいくつかあります。そのため基本的には購入するには医師や薬剤師の指導が必要になるのです。ただし、市販されているお薬は、一般的に副作用などが少なく、安全性が高いというメリットがあげられます。

睡眠薬に関してもそれに当てはまります。市販されているドリエルなどの睡眠薬は初期の睡眠障害であれば効果を期待できますが、慢性的な不眠症の方には向いていません。市販されている睡眠薬は「ジフェンヒドラミン」が主成分の抗ヒスタミン剤です。これは元々は花粉症の治療薬でしたが、副作用として催眠作用があるため、睡眠薬として利用されるようになったのです。ですので、市販の睡眠薬は、厳密にいうと睡眠薬ではなく、「睡眠改善薬」という扱いになっています。ヒスタミンの働きを抑える作用のみのため、脳に直接働きかけるわけではありません。

また、市販の睡眠薬の特徴として、「耐性がつきやすい」という点があげられます。耐性とは同じ薬を服用し続ける事によって効果がなくなってきてしまうことです。また、基本的に3日以上続けて服用する事は推奨されていません。薬の効果が得られなくなってしまい副作用だけが現れてしまう危険があります。なんらかの原因で一時的に不眠症になってしまったり、「明日は大事な用事があるから一日だけ利用したい」という場合などに服用するのは構いませんが、そうでない場合は薬の量が増えていってしまうというリスクも考えられます。2、3回利用しても改善されないようであれば、処方される睡眠薬を利用した方がいいでしょう。なお、時差ボケなどになってしまった場合に利用する方も多いようです。

まとめると、ドリエルなど市販の睡眠改善薬が向いている方は下記の通りになります。

一方、病院で処方される睡眠薬はベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系と呼ばれるものです。GABAを増やすことによって、不安を緩和させ、眠気を発生させます。そのため、直接的に体を眠らせるようにする働きがあります。また、処方される睡眠薬はある程度長期的に服用する事を考えて作られています。ですので全くのゼロではありませんが、耐性は形成されにくいでしょう。そのため、2、3回の服用では改善されないような睡眠障害の方の場合は、処方される睡眠薬を服用がおすすめです。

ドリエルは通販で購入するのがお得

ドリエルは高額なお薬ですが、通販ではジェネリックが販売されています。効果、成分などは同じですので安心して利用する事ができます。薬局、ドラッグストアでは1錠170円前後、アマゾンなどでも123円前後ですが、通販で販売されているドリエルのジェネリックは1錠たったの7~8円です。安く購入したい方は通販を利用しましょう。

※リンク先はドリエルのジェネリックです。

Amazon(アマゾン)や楽天で販売されている睡眠薬

Amazon(アマゾン)や楽天も睡眠薬は販売されています。これらの睡眠薬は、基本的にはドラッグストアや薬局で市販されている睡眠薬と同じものになります。処方箋が必要な処方箋薬はAmazon(アマゾン)や楽天では販売できません。ですので購入できるのは前述したドリエルなどの抗ヒスタミン剤です。

Amazon(アマゾン)や楽天は、すぐに届くのが最大のメリットです。「薬局すら行く時間がない」という方はこれらの抗ヒスタミン剤を購入するのもいいかもしれませんが、耐性がつきやすく、すぐに効果がなくなってしまうというデメリットがあります。「この日だけどうしても睡眠薬を服用したい」という場合であれば利用するのもいいかもしれませんが、抗ヒスタミン剤では慢性的な睡眠不足の場合はかえって悪化してしまう危険もあります。

個人輸入代行業者は海外から発送されるため、届くまでに10日前後かかるという点がありますが、それ以外の購入方法はAmazon(アマゾン)や楽天と変わらず、簡単な手続きです。インターネットからいつでも購入出来るため、忙しい方にとっては、病院に行く都合をつけるよりも早く入手できるかもしれません。

ある程度継続して睡眠薬を服用したいという方は、Amazonや楽天で効果の薄い抗ヒスタミン剤を服用するよりは、個人輸入代行業者で処方箋薬である効果がある睡眠薬を購入するのがおすすめです。市販の睡眠薬をダラダラ利用していつまでも症状が治らない、という状態が続くよりは、慢性的な睡眠障害、不眠症ほど、しっかりと効果のある睡眠薬を継続して利用して、数ヵ月で治療させてしまった方が結果的には費用、手間、体への負担も格段に少なく済むと言えるでしょう。

最も有名な睡眠薬マイスリーは安全?

最も有名な睡眠薬マイスリーは安全?

日本で最も有名な睡眠薬はマイスリーでしょう。病院で処方される機会も多く、睡眠薬についてほとんどご存知ない方も名前は聞いた事があるのではないでしょうか。マイスリーは、一般的には安全性が高く、比較的効果もありバランスの良い睡眠薬と言われています。

ですが、実はマイスリーは「向精神薬」に分類されます。そのため個人輸入で購入すると違法となってしまいます。マイスリーを個人輸入代行業者を利用して購入する事はできないのです。つまり、ルネスタ、ロゼレムなど現在個人輸入代行業者で販売されている睡眠薬に比べると危険性が高いお薬です。

向精神薬は中枢神経に作用し、麻薬に近い分類となります。過剰摂取は大変危険であり、用量用法を守らなくてはいけません。そのため、購入するには医師の処方が絶対に必要になるのです。医師が処方する以上、危険な事は少ないかもしれませんが、服用するには注意が必要です。マイスリーの安全性について過信するのはやめた方が賢明でしょう。

ハルシオンは市販されていない

ハルシオンも最も有名な睡眠薬のひとつです。非常に即効性があり、効果も比較的強い睡眠薬ですが、服用するには注意が必要です。ベンゾジアゼピン系睡眠薬に分類されますが、市販されていませんし、通販で購入する事もできません。マイスリー同様、麻薬の分類になるため、個人輸入をして購入してしまうと違法となってしまいます。購入するには病院で処方してもらうしかありません。

個人輸入が禁止されているという事は、依存になってしまって用量が増えてしまい、乱用の危険があるという事です。病院でも処方される量は制限されています。最近では不眠症で病院に行っても最初にハルシオンが処方される事はほとんどないとされています。服用する際には注意が必要な睡眠薬です。

ハルシオンの特徴は比較的強い効果があるということと即効性があるという事です。服用して15分程度で効果があらわれ、1時間ほどで血中濃度が最高値に達します。ただし急激に効くため、せん妄状態や備忘の危険があります。また、その分切れがいいので持続時間は短めです。入眠障害の方には有効ですが中途覚醒や早朝覚醒の方には効果がないとされています。また、切れがよく効果も強力であるため、依存、耐性の危険は非常に高いという事をしっかりと認識する必要があります。

症状が中程度までの不眠症の方にはマイスリーやハルシオンなどのようなベンゾジアゼピン系睡眠薬よりも、依存、耐性のリスクが少ない安全性の高いルネスタやロゼレムなどがおすすめです。ハルシオンやマイスリーは、ルネスタなどが効かない場合の選択肢の睡眠薬としておきましょう。

催眠薬・眠剤・入眠剤・睡眠導入剤・睡眠改善薬の違い

睡眠薬には様々な呼び方があります。最近はネット上では「眠剤」「ミンザイ」「ミン剤」と呼ばれる事も多いようですが、これらに違いはあるのでしょうか?結論から言いますと、睡眠改善薬以外は基本的には呼び方が違うだけで、同じ薬の事を指します。英語ではHypnotic、Sleeping pill、Soporificなどと言われます。これらの睡眠薬、眠剤、入眠剤、睡眠導入剤は、医師の処方がなくては購入できない医療医薬品に分類されます。

一方、睡眠改善薬はドラッグストアなどで医師の処方なしに購入する事ができます。上記の睡眠薬とは異なり、正確に言うと抗ヒスタミン剤です。花粉症の薬などアレルギーを抑制する効果のあるお薬の副作用として眠気がありますが、この副作用を転用して開発されたのが睡眠改善薬です。処方箋が必要ないため効果も高くはありませんし、2、3回の服用で耐性ができてしまい、薬が効かなくなってしまいます。そのため効かないからと用量を増やし、依存になってしまう危険があります。薬局で販売されているお薬だからと言って、危険がゼロというわけではないので注意が必要です。

睡眠改善薬は一時的な不眠症には大変有効ですが、1週間以上不眠症が続いている場合は睡眠薬を利用するのがおすすめです。睡眠薬は通販を利用すれば簡単に購入できますので、場合によっては薬局に行くよりも手軽に購入する事ができます。不眠症や睡眠障害は悪化してしまうと様々な支障をきたしてしまいますので、早めに治療するようにしましょう。

向精神薬に指定され個人輸入禁止になった睡眠薬

向精神薬に指定され個人輸入禁止になった睡眠薬

平成28年9月14日、厚生労働省の法改正により、30日後の10月14日からエチゾラム(商品名デパス等)、ゾピクロン(商品名アモバン等)が向精神薬となり、個人輸入が禁止になりました。理由としては向精神薬と同種の乱用、依存の恐れがあり、同種の有害作用を有すると認められたためです。

そのため、今まで利用可能であった個人輸入サイトでのデパス、アモバンの購入が一切禁止になってしまいました。ただし、デパスよりも副作用や依存などの危険性が少なく、アモバンの苦みが軽減された安全性の高い睡眠薬であるルネスタは引き続き通販で購入する事が可能です。通販ではルネスタ以外にも非常に多くの睡眠薬が販売されていますので、デパス、アモバンを利用していた方は通販で購入できる他の睡眠薬を検討してみましょう。

※リンク先はルネスタのジェネリックです。

向精神薬に指定されている睡眠薬一覧

2017年現在、向精神薬に指定されている内服タイプの睡眠薬をご紹介します。下記の睡眠薬は現在は個人輸入などでは購入することは禁止されています。万が一販売されている通販サイトなどがあっても、違法となりますので絶対に購入しないようにして下さい。

上記の睡眠薬は、乱用の危険などが指摘されています。ですので購入するには医師の処方が必要で、処方される錠数も厳密に決められています。服用するには依存にならないようくれぐれも注意する必要があります。

向精神薬に指定されていない睡眠薬一覧

一方、下記は向精神薬に指定されていない睡眠薬です。上記のお薬に比べると安全性が格段に高く、依存などの危険も極めて少ないと言われています。安全に利用したい方はこちらの睡眠薬がおすすめです。

上記の睡眠薬は個人輸入代行業者などから購入する事が可能ですし合法です。病院に行くのが大変な方は、通販を利用すればいつでも簡単に購入する事が可能です。通販ではジェネリックも豊富ですので、安く購入したい方はジェネリックを利用しましょう。

睡眠サプリメント

慢性的な寝不足が気になるものの、睡眠薬を服用するのはやはり心配だ、でも市販の睡眠薬では効果がない、すぐに効かなくなってしまう。そんなお悩みをお持ちの方におすすめなのが睡眠サプリメントです。

睡眠サプリメントは通販やドラッグストアなどでも星の数ほど販売されています。「試してみても効果がなかった」という方も多いのでしょうか。実はそれは当然です。日本は世界一お薬の規制が厳しい国で、サプリメントに配合される成分量も世界一厳しいのです。そのため、厚生労働省で認められている成分量は少ないため、効果はほとんど実感できない場合が多いと言われています。

ですので、市販されているサプリメント以上に効果があり、安全性が高いものをお求めの方は、比較的規制がゆるい海外製の睡眠サプリメントがおすすめです。海外では多くの方に愛用されていて効果もあると言われていますので、日本で販売されているサプリメントよりも高い効果を期待できます。

サプリメントですので副作用はほぼありませんので安全性は非常に高いと言えます。その分、処方箋薬の睡眠薬よりは効果が低く、初期の不眠症の方向けです。睡眠薬のようにすぐに効果があらわれるわけではなく、ある程度継続して服用し、体質から改善して不眠症を解消することが期待できます。睡眠サプリメントには非常に多くの種類がありますが、特におすすめのものをご紹介します。

メラトニンタイムリリース

メラトニンタイムリリース

メラトニンタイムリリースは睡眠に重要なメラトニンを配合しています。服用する事で体内時計を調整し、自然な状態で眠る事ができるようになります。体内時計が乱れてしまって夜になっても寝付けない、という方におすすめです。さらにリラックスさせる効果もあり、不安があって眠れないという方にもおすすめです。

また、メラトニンタイムリリースは作用時間が比較的長いため、中途覚醒などの症状がある方にも効果があると言われています。催眠作用以外にもアンチエイジングや免疫細胞を活性化させる作用があると言われています。服用を続ける事で、心身ともにリラックスする事ができるようになるでしょう。

タガラ

タガラ

タガラはバレリアン(和名はセイヨウカノコソウ)というハーブが配合されているサプリメントです。古くから天然の精神安定剤として利用されているハーブで、GABAの分泌を高める効果もあり、ストレスなどを緩和させてくれます。血圧上昇の緩和や鎮痛効果があるため、緊張からくる肩こり、頭痛や、生理痛の緩和にもなると言われています。

タガラはアーユルヴェーダ医学に基づいて作られている天然成分のサプリメントですので、安心して服用する事ができます。緊張、悩み、不安があってなかなか眠れない、という方におすすめです。服用するとリラックスして眠りにつく事ができるでしょう。

メラトニン(MELOSET)

メラトニン(MELOSET)

メラトニンは、体内時計を調整する働きがあります。体内時計が狂ってしまうと眠りにくくなってしまう、日中に眠くなってしまう、などの症状があらわれてしまいます。不規則な生活、ストレスの多い生活をしているとメラトニンが分泌されにくくなり、睡眠不足になってしまいます。さらに、メラトニンは年齢とともに分泌されにくくなる傾向にあります。高齢者の方が朝早く目が覚めてしまうなどもそのためです。

メラトニンはメラトニンの分泌を促してくれるサプリメントです。睡眠不足だけでなく、不安をやわらげ、緊張を緩和してくれる効果があります。さらに脈拍や体温を調整してくれ、時差ボケの改善などにも役立ちます。睡眠のリズムが狂ってしまっていて整えたい方に最適のサプリメントです。

睡眠薬は通販で購入するのがおすすめ(まとめ)

現代、多くの方が睡眠障害に悩まされていると言われていますが、面倒、または時間がなくて病院に行かないという方が多いと言われています。睡眠障害は放置していると悪化してしまう危険が高い病気です。早めに睡眠薬を利用して改善させる事が大切です。通販を利用すれば病院に行かずに簡単に睡眠薬を購入して辛い睡眠障害を治す事ができます。なかなか眠れない、寝つきが悪い、など睡眠障害の症状がある方は、通販で睡眠薬を購入するのがおすすめです。

睡眠薬の口コミ・体験談

口コミ

不眠症や睡眠障害でお悩みだった方がルネスタなどの睡眠薬を利用して不眠症を解消した体験談や、彼氏のいびきに悩んでいた女性が睡眠薬を服用した事によって熟睡できるようになったという体験談、デパスからルネスタに切り替えた方の体験談などをご紹介します。

睡眠障害を海外医薬品で改善

睡眠薬の口コミ・体験談・評判

彼といびき

彼といびき

人気トピック

睡眠薬ルネスタの通販